小楢山

 昨年、2013年11月17日にカラマツの黄葉を求めて山梨百名山の小楢山に行ってきた。焼山峠登山口に向かう林道で見たカラマツの黄葉はとても綺麗だった。
画像


-----------------<山行概要>----------------
 
登頂山名:小楢山(1713m)
登山日時:2013年11月17日(日)
天    候:晴れ
コ ー ス:焼山峠登山口(10:00)~新道・旧道分岐(10:30)~的石(10:40)~小楢峠分岐(10:55)
        ~一杯水(10:58) ~小楢山山頂(11:10/12:00)~小楢峠(12:15)~幕岩(12:30/13:15)
        ~ 小楢峠(13:30)~焼山峠登山口(14:30)
                        
--------------------------------------

 焼山峠は綺麗なトイレや広い駐車場が設けられていて小楢山や乙女高原や乙女湖の起点になっている。
画像
 
 焼山峠の標高は1526mなので小楢山の標高1713mとの標高差は200m弱でこの日の登山は登山と言うよりはハイキング気分だ。防火帯の広い尾根道を数回アップダウンを繰り返して進むと、新道・旧道の分岐に到着する。
画像

 帰路も同じルートを辿るので、往路は旧道を進む。ほぼ水平な登山道を進むと的石の標識に出会う。
画像

 的石はすっかり葉を落としたカラマツ林の中にポツンと立っている。弓矢の的に見立てた名前の由来だろう。
画像

 スタートして1時間ほどで小楢峠と小楢山山頂の分岐に到着。
画像

 山頂への道を進むと、数分で一杯水の標識が立っている。水は枯れて落葉が積もっている。
画像

 山頂に近づくとカラマツからシラカバの林に変わる。シラカバの木もすっかり葉を落とし青空バックに白い幹や枝が綺麗だ。
画像

 スタートして1時間10分で小楢山の山頂に立つ。
画像

 南には甲府盆地越しに富士山を仰ぎ、
画像

 北には方丈岩が天に突き出ている金峰山を仰ぐ。
画像

 眼下を見下ろすとカラマツの黄葉が下の方へと移っている様子が良く解る。
画像

画像

 カラマツの黄葉を求めた登山であったが少し遅かった様だ。
 下山は小楢峠から幕岩に寄ることにした。山頂から30分で幕岩に到着。
画像

 大きな岩の間を鎖に掴まってよじ登ると、
画像

平坦な巨岩の上に立つ。
 
画像

 岩の上からの眺望は小楢山山頂と同様なので割愛する。
 幕岩から往路を辿って焼山峠に戻る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス