御在所岳(その2)

 5合目の地蔵岩を過ぎ、黄葉の林の中に入る。明るい日差しを受けて黄葉が一際鮮やかだ。
画像

 林を抜けると6合目の露岩に出る。赤や黄色に染まった急斜面の上に山頂が望まれる。
画像

 この先はキレットで急峻な岩場の下りとなる。上から撮影する余裕も無かったので、下り終わってから振り返って撮影した。
ほぼ垂直の岩場を降りたのだ。
画像

 この日の最大の難所を過ぎても急峻な鎖の岩場や階段が続き7合目に到着。ここからは東の方向が広く展望できる。
画像

 再び岩場を四つん這いになって登ると、
画像

8合目の標識を見る。
画像

 平らな岩に登って麓をのぞく。
画像

 振り返ると、良くぞこんな絶壁を通過してきたものだと感心する。
画像

 中道登山口から3時間で山上公園への平坦な道に出てホッとする。中道登山口にあった、「鈴鹿の山を甘くみるな!」の忠告通り、御在所岳は標高1212mと低いが急峻な山で甘くは無かった。
画像

 山上公園に向かう前に、左手の富士見岩に向かう。
画像

 富士山は見えなかったが絶景が望まれた。
画像

画像

画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス