清八山

 天下茶屋からの富士山を見た後、茶屋前の御坂みち(137号線)を横切って登山道に入る。すぐ右手に太宰治文学碑が立っている。表面が風化して文字が読み難いが「富士には 月見草が 良く似ふ」と読める。
画像


-----------------<山行概要>----------------
 
登頂山名:清八山(1593m)
登山日時:2014年9月28日(日)
天    候:晴れ
コ ー ス:天下茶屋(8:25)~旧御坂峠分岐(8:50)~八丁峠(9:50)~清八山(11:00/11:45)
        ~八丁峠(12:50)~旧御坂峠分岐(13:45) ~天下茶屋(14:05)
                         
--------------------------------------

 登山道は急な丸太の階段だ。左右の草花を見ながら進む。
画像
                                <シロヨメナ>


画像
                                <アキノキリンソウ>

画像
                                <シュロソウ>

画像
                                <オクモミジハグマ>

画像
                                <オヤマボクチ>


 スタートして30分程で尾根に出る。旧御坂峠分岐だ。
画像


 尾根道は小さなこぶのアップダウンを繰り返しながら進む。部分的にではあるが紅葉も進んできた。
画像
                                <オオイタヤメイゲツ>


画像
                                <ヤマウルシ>


 暫く進むと右手が開けて富士山を中心に展望が開けている。天下茶屋からの富士山と同じくまだまだ雲が掛っていない。
画像


 歩き始めて1時間半で送電線の鉄塔の有る八丁峠に到着。
画像



草陰にひっそりとハクサンフウロが一輪だけ咲いていた。
画像
                                <ハクサンフウロ>


 一息入れて歩き始める。登山道脇には次から次へと綺麗な花が現れる。
画像
                                <ヤハズヒゴタイ>


画像
                                <ママコナ>


画像
                                <トモエシオガマ>


画像
                                <ハンカイシオガマ>


画像
                                <トリカブト>

 女坂峠への分岐を過ぎて最後の急坂を登ると清八山に到着。
画像



 この日は昼近くなっても雲が出てこない。相変わらず富士山が雄大に見えていた。
画像


 今年登った北岳、鳳凰三山、昨年登った甲斐駒ケ岳を含む南アルプスの山々が綺麗に望め、今年登った八ヶ岳も見通せた。
画像
                                <南アルプス>


画像
                                <八ヶ岳>


 実は、清八山登山はは2度目で、前回lは今回とは異なる北側の笹子から登った。その記録を見返すと、山頂からの眺望には雲泥の差が有る。今回も天気が良かったが、前回は晴天に加え空気が澄んだ冬だったので雪を戴いた山々がくっきりと見えていた。
 しかし、前回はお花には恵まれなかったが、今回は草花の撮影をしながらの楽しい山登りだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい