鳳凰三山のタカネビランジ

 今回の鳳凰三山縦走の一つの目的は南アルプスの特産種で、白砂のガレ地に咲くタカネビランジの観察であった。
画像

画像

 色は白から濃紅紫色と変化に富む。鳳凰三山縦走では紅紫色が多かった。
画像

 岩の割れ目や岩陰に健気に咲く様子は高山の砂礫に咲くコマクサを思い出させる。
画像

 鳳凰三山は花崗岩で出来ていてそれが砕けて出来た砂は白色で綺麗だ。その岩陰にピンク色のタカネビランジは良く目立つ。
画像

 地蔵岳山頂の奇岩オベリスクの基部の岩の隙間にも咲いている。
画像

 鳳凰三山は前月に登った北岳と隣り合わせにある。この日は残念ながら北岳の上部は雲の中で見えなかった。その北岳をバックにした岩の隙間にもピンクの花が咲いていた。
画像

 シロバナのタカネビランジも何か所かで見つけた。
画像

画像


<タカネビランジ(高嶺ビランジ)>
  ナデシコ科 マンテマ属
<特徴>
  多年草、南アルプスの特産種
  砂礫地や花崗岩帯に分布
  花は8~10月に咲く、
  花色は白から濃紅紫色と変化に富む
  



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

寅太
2014年08月06日 19:50
がれ地に咲くとはたくましい花ですね。
水分の補給もままならない所なので、よく枯れません。
2014年08月06日 22:45
ガレ地に咲くコマクサの根は深くしっかりと伸びていると聞ていますので、タカネビランジも同様ではないかと思います。