釈迦ヶ岳

 5月25日に山梨百名山の釈迦ヶ岳と黒岳に登ってきた。今回は釈迦ヶ岳を綴る。釈迦ヶ岳の山容は三角錐で美しく、周辺の山々の中で一際目立つ存在だ。釈迦ヶ岳の右奥に見えるのが黒岳だ。
画像
                           <2012年4月15日大栃山登山時、神座山から撮影>

-----------------<山行概要>----------------
 
登頂山名:釈迦ヶ岳(1641m)
登山日時:2014年5月25日(日)
天    候:晴れ
コ ー ス:釈迦ヶ岳入口(8:45)~釈迦ヶ岳登山口(9:15)~尾根上の分岐(9:45)~
       釈迦ヶ岳(10:15/10:25)~府駒山(10:55/11:30)~どんべい峠(11:55)~  
        黒岳(13:20)~すずらん峠(13:50)~すずらん畑(14:30)
         
--------------------------------------- 

 釈迦ヶ岳への入口は芦川沿いの車道脇にある。最近建てたのだろうか、綺麗で大きく目立ち易い標識だ。
画像

 標識から林の中へ入ると、いきなり急坂道が待ち構えていた。しかし、林は新緑に覆われていて気持ちがいい。
画像

 30分程歩くと登山者カードを入れるポストが付いた標識が現れた。ここが釈迦ヶ岳の登山口の様だ。
画像

 ここからは簡易舗装された道は終わりで狭い登山道に変わる。林の中をジグザグに進んで高度を稼ぐ。登山道脇にクサタチバナ、イカリソウ、マイズルソウ、チゴユリ、ヒトリシズカ等の草花が疲れを癒してくれる。
画像
 
 歩き始めて1時間で稜線に出る。そこは神座山と釈迦ヶ岳の分岐点で左に進めばトップ画像を2年前に撮影した神座山へ向かうが、今回は右に進む。
画像

 暫し休憩を取り稜線を釈迦ヶ岳に向かう。道は次第に岩場の急坂道に変わる。
画像

 
画像

 そんな厳しい岩場を進んで行くと目の前に可愛いイワカガミが出迎えてくれた。
画像

 登山道はミツバツツジのトンネルになっていて、苦しい歩行を慰めてくれる。
画像

 まだまだ蕾が多いミツバツツジの横を抜けると釈迦ヶ岳山頂に出る。
画像
画像

 山頂からは富士山が望めるのだが、春霞が掛かっていて明瞭に見えなかったのが残念であった。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス