百蔵山

 扇山山頂で暫し休憩の後、同じ道を戻って百蔵山に向かう。目の位置よりも高い所に橙色の実が沢山なっていた。キイチゴだ。登って来る時は下を向いていて気付かなかったのだろう。
画像


-----------------<山行概要>----------------
 
登頂山名:扇山(1138m)、百蔵山(1003m)
登山日時:2012年7月11日(水)
天    候:晴れ
コ ー ス:梨ノ木平登山口(8:10)~ツツジ群生地分岐(10:05)~百蔵山分岐(10:30)~扇山山頂(10:40/10:50)
       ~百蔵山分岐(11:00)~宮谷分岐(11:55)~百蔵山山頂(12:45/13:20)~百蔵山登山口(14:20)
         
--------------------------------------
 梨ノ木平への分岐を左に見送って尾根道を先に進む。幹に括りつけられた標識に大久保山とある。
画像

 山頂らしくもないし、展望も得られないのでそのまま素通りする。
 大久保山を過ぎると、登山道は300mほど急降下し、扇山に登った標高差を一気に降りきった感じがする。その後多少のアップダウンを繰り返すと宮谷分岐に至る。百蔵山への登り返しを前にして休憩する。
画像

 百蔵山へもかなりの急登で、一部区間では四つ這いになって登る。百蔵浄水場への分岐になると道は緩やかになる。
画像

 分岐から5分程で百蔵山山頂に着く。
画像

 ここから見る富士山も大月市の秀麗富嶽十二景の7番目になるのだが、残念ながら雲に隠れて稜線が薄らとしか見えない。
画像

 昼食を取っている最中に富士山が見えることを願ったがますます雲が濃くなって、薄らと見えていた稜線も見えなくなってしまった。
 下山は西方向へと下る。登山道脇に現れる草花を見ながら進む。
画像

画像
                                     <キヌタソウ>

画像

画像
                                     <イチヤクソウ>

 葛野集落への道を右に見送って下和田・猿橋を目指す。
画像

 林床に初めて見るクモキリソウに出会った。
画像

画像
                                     <クモキリソウ>

 百蔵山をスタートして1時間で、西ルートを下って百蔵山登山口に到着。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス