横岳(八ヶ岳)

 6月16日~17日、ツクモグサを求めて八ヶ岳の硫黄岳~横岳~赤岳を縦走してきた事は一昨日述べた。今日は硫黄岳から横岳を経て赤岳天望荘までを綴る。
画像
                  <硫黄岳山頂から南八ヶ岳を望む 2010年10月11日撮影>
 上画像の左手前の尾根を上方に進みギザギザした横岳を通り、中央の三角形の赤岳を目指して進む。

-----------------<山行概要>----------------
 
登頂山名:横岳(2829m)
登山日時:2014年6月16日(月)
天    候:晴れ
コ ー ス:美濃戸(8:20)~赤岳鉱泉(10:20)~赤岩の頭(12:20)~硫黄岳(13:00/13:20)
       ~横岳(15:10)~三叉峰(15:30)~赤岳天望荘(17:00)
         
--------------------------------------

 スタートは美濃戸から硫黄岳を目指すのだが、この区間は逆ルートではあるが2010年8月28日2010年10月11日の2回歩いて、既にブログに記述しているのでこの区間を省略する。
 硫黄岳山頂をスタートする前に爆裂火口を覗く。改めて自然の怖さを認識する。
画像
画像

 硫黄岳山頂から硫黄岳山荘までは大きな岩がゴロゴロしているが比較的緩やかに下る。
画像

 硫黄岳山荘前後の登山道はお花畑だが、時期的に早くてあまりお花が咲いていない。
画像
                              <新しい葉が伸び始めたコマクサ>

画像
                              <ウルップソウの蕾はあるが咲くのはまだ先か?>

画像
                             <オヤマノエンドウはあちこちに咲いていた>

 大同心が間近に見える辺りから登山道は一変する。後ろの硫黄岳方向は砂礫の路だが、
画像

 この先からはギザギザした岩場の連続になる。
画像

 カニの横ばいでは鎖に捕まり、谷底を見ずに狭い足場を探しながら進む。
画像

 カニの縦ばいでは岩にしがみつきながら登る。
画像

 幾つもの鎖場や鉄梯子をクリヤして、やっと横岳山頂に到着。
画像

 赤岳はまだまだ先だ。
画像

 何とか三叉峰に到着。過去2回、この標識を見上げた後下山したことを思い出す。
画像

 三叉峰を過ぎてからツクモソウやチョウノスケソウに出会った。
画像
                                   <ツクモグサ>
画像
                                   <チョウノスケソウ>
 更に厳しい岩場を過ぎて、やっと赤岳直下にある赤岳天望荘が見える所まで来た。
画像

 美濃戸をスタートして9時間の登山を終えて赤岳天望荘に到着した。翌日登る赤岳が西日を受けて雄大に聳えていた
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい