大蔵経寺山

昨年2月、積雪が無さそうで且つ山梨百名山でもある大蔵経寺山(だいぞうきょうじやま)と言う変わった名前の山に登った。

画像
                          大蔵経寺山 展望台から見た富士山
 


-----------------<山行概要>---------------- 
登頂山名:大蔵経寺山(715m)
登山日時:2013年2月17日(日)
天    候:曇り
コ ー ス:大蔵経寺(9:20)~山神宮(10:00)~積石塚古墳(10:15)~大蔵経寺山山頂(10:50/11:30)~
       見晴台(12:00)~大蔵経寺(13:00)
---------------------------------------

 この山は中央本線 石和温泉駅のすぐ北側に見え、その麓にある大蔵経寺が名前の由来である。
 登山道途中の分岐にある案内図を以下に載せる。この日の登山コースは、分岐(案内図中の現在地)から時計回りに山頂を目指し右方向から分岐に戻る。
画像

 大蔵経寺の横から300mほど進むと鉄柵がある。イノシシ避けのゲートで扉を開けて通過する。
画像

 暫く進むと分岐(上の案内図の有る地点)となり左折する(下山時は右手から戻る)。更に分岐から5分程で山神社に着く。
画像

 暫し休憩の後、社殿の脇の登山道を登ると大きな岩がゴロゴロした道になる。
画像

 雑木に括りつけられた標識に積石塚古墳とある。
画像
 
 石を積み上げた小さな竃の様なものが古墳だろうか?
画像
画像

 大きな岩が無くなり緩やかな登りとなると山頂に着く。展望の無い林の中の寂しい広場と言う様な中に三角点と山梨百名山の標識が並んで立っている。
画像
画像

 薄日も射していず寒さを避ける為、風が当たらない斜面で昼食を取り、早々に下山した。(実は、約1年後の今年1月に兜山に登った時にこの山頂を通過している。その時と同じ道を下った。)
  山頂から30分程下った所が展望台になっていて甲府盆地とその先の山々が見えていた。
画像

 富士山をズームアップしたものがトップ画像だ。
画像

 やはり、富士山の周りには青空が欲しい。
 ここからは林道を1時間ほど下って大蔵経寺に到着しこの日の登山を終えた。積雪こそ無かったが曇り空の下での冬山は何か物寂しいし物足りなさを感ずる。林道下山中に路肩に緑色をした珍しい繭を見つけたが、この日の唯一の収穫だった。帰宅して調べると、ウスタビガの繭であった。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス