貫ヶ岳

 先日、山梨百名山の貫ヶ岳に登ってきた。今月に入ってからの積雪が心配であったが、登山口のある中沢公民館までの道には雪は残っておらず問題なく公民館前に到着できた。公民館の横からこの日に登った貫ヶ岳を含む山並みが青空の下に広がっていた。
画像

 登山口に山並みの説明があったが、上の写真との関係が今一良く解らなかったが以下に掲載しておく。
画像

-----------------<山行概要>---------------- 
登頂山名:貫ヶ岳(897m)
登山日時:2014年3月16日(日)
天    候:晴れ
コ ー ス:中沢登山口(8:30)~焼山分岐(10:05)~貫ヶ岳(10:30/10:35)~焼山分岐(10:55)
       ~晴海展望台(11:15)~平治の段(11:50/12:45)~中沢登山口(14:50)
---------------------------------------

 公民館横の林道を5分も進むと右手に貫ヶ岳登山口の標識が現れる。
画像

 植生林の中の道をひたすら登る。
画像

 暫くすると最近の雪で折れた木々が登山道を塞いでいる。
画像

 登山道から少し離れた木々に赤いテープが張り付けてあり、それを目安にして進む。倒木が無くなると再び整然と管理された植生林になるが傾度は更に増して苦しい登山が続く。
画像

 登山道脇に雪が消えずに残っている所が現れてきた。
画像

 中沢登山口から急登が連続した道を1時間半で踏破し焼山分岐に到着。
画像

 ここから稜線を25分進むと貫ヶ岳山頂に着く。
画像

 山頂からは富士山が見えるが、木の枝越しなので見栄えが良くない。
画像

 山頂には雪も残っていたので、昼食も取らずに平治の段まで進むこととした。焼山分岐を過ぎると雪が分厚く残った登山道が現れた。
画像

 凍結していないのでザクザクと心地よい音を立てて進む。晴海展望台からは素晴らしい展望が待ち構えていた。
画像

 暫し眺望を楽しんだ後に平治の段で昼食を取ることにして先に進む。雪は更に深くなり、前の人の踏み跡を外さずにザクザクと進む。
画像

 十国展望台に到着し、
画像

 更に5分程進むと平治の段に到着。
画像

 ここから見た山梨百名山の最高峰・富士山と最低峰・白鳥山のツーショットが前回の私の富士山百景で掲載したものだ。
画像

 日当たりも良く、風も無い中でゆっくりと昼食と眺望を楽しんだ後、同じ道を下山した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス