甲斐駒ケ岳 (その1)

昨年の7月、南アルプス北端の名峰・甲斐駒ケ岳に登ってきた。

画像
上画像は甲斐駒ケ岳登頂の翌日、仙丈ヶ岳へ向かう稜線上から撮影した甲斐駒ケ岳(右端のピラミッド形の山)と鋸岳(左側のギザギザした山)。一番奥に薄らと見えるのは八ヶ岳。

 甲斐駒ケ岳には昨年の7月21日に登った。
     -----<山行概要>------------------------
登頂山名:甲斐駒ケ岳(2,967m)
登山日時:2013年7月21日(日)
天   候:晴れ、時々曇り、後雨
コ ー ス:北沢峠(7:20)~仙水峠(9:05)~駒津峰(11:05)~摩利支天分岐(12:30)~甲斐駒ケ岳(13:15)
       ~往路を戻る~北沢峠(17:20)
     ------------------------------------

 沼津を午前2時に出発し、芦安駐車場に車を置き、タクシーで広河原へ、更にバスに乗り継いで北沢峠に到着。宿泊する長衛荘にチェックイン後、7時20分にスタート。北沢駒仙小屋からは北沢に沿って樹林帯を進む。
画像

 スタートして1時間後に仙水小屋に到着。
画像

 仙水小屋を過ぎ暫くすると植林帯から岩石帯に入る。
画像


 大きな岩がゴロゴロして歩き難いが花を愛でながら進む。
画像
                                 <ハクサンシャクナゲ>

画像
                                 <チョウジコメツツジ>

 前方に甲斐駒ケ岳らしき山が見えてくると仙水峠に着く。
画像


 進行方向に摩利支天を手前に従えた甲斐駒ケ岳が見えている。
画像


 反対方向には鳳凰三山の地蔵岳とその山頂の特徴的岩峰・オベリスクが見えている。
画像


 仙水峠からは再び植林帯に入る。見通しのきかない急坂道を黙々と登る。仙水峠から1時間ほど経過したところで甲斐駒ヶ岳が見えた。手前の摩利支天が大分右手前に移動して甲斐駒ケ岳が大きく見えてきた。
画像


 更に急坂道が続くが花を愛でながら進む。
画像
                                  <タカネバラ>

画像
                                 <コバノコゴメグサ>

 仙水峠から2時間後の11時5分、駒津峰に到着。
画像


 駒津峰で暫し休憩を取る。初めて見るタカネコウリンカが綺麗だ。
画像
                                  <タカネコウリンカ>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい