羅漢寺山 (その1)

太刀の抜石~白山展望台                                                
画像

 山梨県甲斐市の羅漢寺山(らかんじやま)は主峰の弥三郎岳、展望台、パノラマ台を総称する呼び名である。花崗岩の山なので、奇岩、白岩、白砂と変化に富んだ山であり、更に眺望にも恵まれているので楽しい登山となった。

 主峰の弥三郎岳は険しい岩壁の山だ。弥三郎岳の向う側が景勝地・昇仙峡なので、切り立った岩壁に覆われているのは納得できる。

     ------------------------------------
登頂山名:羅漢寺山(1,058m)
登山日時:2014年1月19日(日)
天   候:晴天
コ ー ス:獅子平(9:30)~太刀の抜石(10:30)~白山展望台(10:45)~白砂山(11:30)~パノラマ台(12:10/13:20)~弥三郎岳(13:35)~パノラマ台(13:50)~県道・下福沢(15:00)~獅子平(15:30)
     ------------------------------------

 登山ルートは下図の赤色の点線で示されている甲斐市の「ふる里自然観察路」だ。
画像

 登山口の獅子平集落から一気に急登が続き1時間ほどで尾根に出る。向かうパノラマ台は左折だが右折して奇岩・太刀の抜石に立ち寄る。富士山に対抗して鉾先を空に突き上げている。 
画像

 身軽な仲間がスイスイと奇岩に登った。絶景の見晴らしだったと大満足顔に語っていた。
画像

 分岐点まで戻りパノラマ台に向かう。緩やかな尾根道を進むと樹間に白い斜面が見える。
画像

 そこは白山展望台で白砂を吹き付けた様な真白な岩場だった。そこから南アルプスの絶景が見渡せた。
画像

 北方向には茅ヶ岳、曲岳等の山梨百名山が立ち並んでいた。 
画像

 ここは名前の通り、綺麗な白い山の上から西方~北方の山々を展望する絶好のポイントだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス