大栃山

 2012年4月19日・カタクリ(大栃山のカタクリ)を最後にブログを休止していた。その際、大栃山の記事が編集中のまま残されていて公開されていなかった。暦の上では約2年経つが、ブログ記事の上では11記事しか経っていないので、遅ればせながら今日公開する。

 
画像
                                  <檜峯神社>

 コース:檜峯神社(1100m)~トビス峠(1202m)~大栃山(1415m)~トビス峠~神座山(1474m)~釈迦ヶ岳分岐~檜峯神社                                                               

【檜峯神社登山口 9:40発】
 登山口は御坂みちから神座川に沿った林道の終端にある檜峯神社脇だ。標高1100mの山奥にこんな立派な神社があるとは思えなかった。


 トビス峠に向かう登山道脇の落葉の中にカタクリが咲き始めていた。その模様は大栃山のカタクリとして既に綴った。 
画像

【トビス峠 10:05着】

画像

  カタクリの撮影に時間を要した為、少し休憩を取った後、大栃山山頂を目指して尾根道を進む。トビス峠までの道より急坂だった。すっかり葉を落とした雑木林の中で、一番早く咲くアブラチャンが目立つ。
画像
                              <アブラチャン>
【大栃山山頂 10:55着】
画像

 振り返ると富士山が見えていた。しかし、富士山の積雪と周囲の白い雲が区別がつかず迫力のない富士山だった。やはり、富士山には青空が似合う。
画像

 西方には樹木の間に南アルプスが見えていた。
画像

 北方向には甲府盆地越えに八ヶ岳も見えていた。
画像

 甲府盆地を目を凝らして見ると、ピンクの絨毯が薄らと見えていた。
画像

 春霞のせいもあるが、1400mの山頂からでは高度が高すぎてピンクの絨毯が不鮮明になってしまった。下山してから花鳥山の一本杉で桃源郷の様子を見る計画だった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい