高ドッキョウォーキング(前編)


大平バス停(299m)~高野マキ~高ドッキョ山頂(1,134m)

 1月23日に静岡、山梨の県境にある高ドッキョに行って来た。随分変わった山名で名前の由来を調べるとトッケ、ドッケは尖峰を意味する言葉で高いドッケが高ドッキョに変化したと言う説と、山頂でお坊さんが高々とお経を読んだと言う説があるが前者だろうと思う。

【大平バス停 8:00発】
 興津川上流に沿う県道196号線を進む。
画像

 この道路は東海自然歩道になっていることが途中にあった道標の柱に記されていた。
画像

 又、この先には東海自然歩道の説明板もあり、198号線の田代峠からやませみの湯までの区間が東海自然歩道であり、その先は昨年4月に登った竜爪山に続いている事を知った。
画像

【高野マキ・高ドッキョ登山口 8:40着】
 高野マキ・高ドッキョへの登山口を示す道標は小さくて見落としそうであった。
画像

 右折すると登山道は直ぐに興津川で切れていた。
画像

 ここは堰堤の上を流れている浅瀬を渡渉する必要がある。流れの中にある飛び石の上を落ちない様に渡った。
 茶畑横の急坂道を登り切ると鬱蒼とした林に突き当たり、見失いそうな藪の切れ目から林の中へと入る。
画像

 林の中の登山道もあまり踏まれていなくて荒れている。木に取り付けられた赤いリボンを頼りに進んで行く。
 登山道は尾根と沢を横断して付けられている。急坂道を登って尾根を越え、
画像

 少し下って涸れた沢を渡り、
画像

 これを数回繰り返すと少し平坦な道になった。
画像

【高野マキ 10:10着】
 更に登って行くと大きな樹木の前にたどり着いた。
画像

 木の横に説明板があり、静岡県指定の天然記念物の高野マキだった。
画像

 説明板には、弘法大師の杖がこの高野マキになったと由来が書かれているが、その弘法大師の石仏も根元に置かれていた。
画像

 高野マキから10m位離れた所に大きな鉄塔が立っていた。鉄塔の側面に取り付けられた箱に銘盤が取り付けられていた。
画像画像


 銘盤には避雷接地用端子函とあるので、鉄塔の天辺には避雷針が取り付けられているのだろう。そしてこの巨大な鉄塔は天然記念物の高野マキを雷の被害から守る為に建てられたものだろう。この様に狭い尾根道に良くぞ、こんな大きなものを設置したものだと感心した。
【高野マキ 10:20発】
 高野マキの先は低い潅木と笹が多い道となった。笹を漕ぐ様にして登ると稜線に出た。ここにも小さな道標があった。
画像

 この分岐は高ドッキョへと右折する。所々で、木々の枝の間から富士山を垣間見ながら、岩場の細い尾根道を進んだ。山頂が近づいた所で残雪が現れてきた。
画像

 雪は硬く凍っていなかったし、登りの道なのでアイゼンも着けずに進んだ。

【高ドッキョ山頂 11:35着】
 大平バス停をスタートして3時間半で山頂に到着した。
画像

 山頂標識が2種類あり山名が異なっていた。上画像の右側の標識は山梨百名山とあるので山梨県で建てたもので山名は高ドッキョウ。これとは別に静岡県の山で見る串団子の様な山頂標識で山名は高ドッキョ。
画像

 私は静岡県人なので高ドッキョとして綴った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

寅太
2011年01月28日 10:35
高ドッキョウは初めて聞く名前です。
山梨県のガイド地図を見ましたら、山梨県の最南端付近にありますね。
高ドッキョウの「ウ」が入るのが正しそうです。
冬場でないと道がなくなりそうな険しい山ですね。
高野マキも何百年も落雷の心配がありましたが、避雷針の設置でこれからは安心です。
急坂のびっしり生えた樹は、プロゴルファーでもギブアップですね。
hanatetsu
2011年01月28日 16:54
高ドッキョウ、山の名前にしては不思議な感じがします。
樹高17メートルもある大平のコウヤマキ、素晴らしいですね!
2011年01月28日 22:30
寅太さん、今晩は。
高ドッキョは山梨県と静岡県の県境に有る山で、山梨百名山に選ばれている山です。山名について、記事の最後に追記しましたが、山梨県の標識は高ドッキョウ、静岡県の標識は高ドッキョとなっています。私は静岡県人なので高ドッキョとしました。
夏場は草が鬱蒼とすると道が解り難くなりそうですね。高野マキは上の方は既に雷でかなり枯れていました。これ以上の被害を避ける為に避雷針を立てたのでしょう。植生林の手入れがされていないので、仰るとおりプロゴルファーでも完全にギブアップですね。
2011年01月28日 22:39
hanatetsuさん、今晩は。
高ドッキョとは珍しい名前ですよね。高野マキ自体が珍しいですが、その上にこの巨樹ですから、なお更珍しいですね。又、高野マキはコウヤマキ科で1属1種で日本固有種ですし、悠仁親王のお印とされました。

2011年01月29日 09:20
高ドッキョズラ、そうズラ(笑)。山梨県人と初めて会話した時に覚えたズラです。ズラと言えばカツラでしょう?静岡もズラと言いますか?富士山ズラ・・・私が言ったら奇異に感じます。
2011年01月29日 18:33
良くご存知ですね。静岡県でもズラを使います。意味は「・・・でしょう。」です。従って、そうズラ?は、そうでしょう?です。
高ドッキョは静岡県の方言とは無関係かと思いますが・・・。昔はあったかもしれませんね。