富士箱根トレイルロードウォーキング・その1(前編)

東三国山登山口(1,050m)~三国山(1,328m)~大洞山(1,383m)

 11月28日に静岡県小山町が整備を進めてきた「富士箱根トレイルロード」の三国山コースを歩いて来た。このコースの一部区間は昨年の9月に三国山ウォーキングとして綴っているが、訪れた時期も異なるので重複して綴る事とする。

【東三国山登山口 8:40発】
 東三国山登山口は小山町から山中湖へ向かう道路の峠(標高1,050m)にある。
画像

 従って、三国山山頂までは標高差278mなので楽に登る事が出来ると思っていたが、登り始めから急階段の尾根道だった。しかし、ブナ混じりの雑木林はすっかり葉を落として明るい尾根道で、しかも足元は枯葉の絨毯でサクサクと快い音を立て気持ち良く歩くことが出来た。
画像

 右手(北側)の樹間に山中湖と枯れたカヤトに覆われた鉄砲木の頭が見えてきた。鉄砲木の頭には昨年の2月に訪れている。
画像

 急な尾根道を登り切ると平坦な道になり、快適に歩を進めた。
画像

 進んで行く正面の樹間に真っ白な雪を載せた富士山が見えて来た。夏場は葉に隠れて見えないが、冬場は樹間から周りの景色が見える楽しみがある。
画像

【三国山山頂 9:25着】
 45分で三国山山頂(標高 1,328m)に到着した。
画像

【三国山山頂 9:30発】
 三国山山頂は樹木に覆われて枝越しの景色しか望めなかったので、暫しの休憩後スタートした。登山道は平坦で広い雑木林の中だ。春の新緑や秋の紅葉のシーズンはさぞかし綺麗だろうな、と思いながら進んだ。
画像

【づな峠 9:40着】
 づな峠の”づな”とは何の事だろうか?
画像

 登山道脇に面白い標識が現れた。色々な事が記されているので画像を非圧縮で載せます。時間が許せる方は2回クリックで拡大して楽しんで下さい。
画像

 折れ曲がった枝に雑草が生えていた。自然界の作った植木鉢にはどんな花が咲くのだろうか?
画像
画像

【大洞山山頂 10:40着】
 スタートして2時間で大洞山山頂に到着した。
画像

 ここ以前でもそうだったが、道標に新旧のものがある。上は新しい道標だが、以下に古い道標を載せる。
画像

 大洞山山頂には逆方向から昨年の9月に訪れている事は冒頭に記した。その時の記事を見ると、古い方の道標が載っていた。新しい道標は「富士箱根トレイルロード」として小山町が整備したのだろう。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年12月08日 16:11
冬場の登山は雑木林の葉が全部落ちるので見通しが良くて富士山などが良く見えて楽しい登山になりますね。富士山も雪を被って一段と綺麗にもなりますし。
寅太
2010年12月09日 11:13
時間が許せるのでじっくり拝見しました。
面白い標識ですね。
私もきょうは高尾山の富士浅間神社を載せました。
2010年12月11日 10:19
おはようございます。
この時期、真っ白い富士山が綺麗ですね。
木々の間から富士山が見えると嬉しいです(笑)
登山道脇の標識には様々な事が書かれていますね。
シロヤシオ、山芍薬、クマガイソウ、サンショウバラ、様々な花が咲く時期は山々が緑で、また違った三国山に出会えますね。
お天気に恵まれて、青空の下で枯葉を踏みしめて素敵なウォーキングをされましたね。
2010年12月12日 18:08
デコウォーカさん、こんばんは
冬場の季節とお天気に恵まれたようで、雪を被った富士山が、望めたようですね。
個人的には、雪を被った富士山の方が、富士山らしくて好きです。(笑)
カラフルな標識、拡大して拝見しました。
何方が書かれたのでしょうね、こいう標識見ると、楽しくなりますね。(^^)
自然が作り出した植木鉢、面白いですね。
2010年12月13日 22:56
信徳さん、今晩は。
そうですね、冬場の山は木の葉が全て落ちて樹間から周りの景色が見えますので、夏場の様子とは一変します。加えて枯葉で絨毯の様な道をサクサクと歩きますので、なかなか味のある山歩きが出来ます。やはり富士山は白い雪を乗せた姿が美しいですね。
2010年12月13日 23:08
寅太さん、今晩は。
手作りの道標をじっくり見て戴けましたか。作者の岩田さんも喜んでいるでしょう。自分のブログ更新もままならず、皆様のブログへもなかなかお邪魔できず失礼していますことをお許し下さい。
2010年12月13日 23:13
杏さん、今晩は。
冬場の山道は木々の間から白い雪を戴いた富士山が見えるので夏場とは番った楽しさがあります。手作りの道標をじっくり見て戴き、作者の岩田さんも喜んでいるでしょう。後編でも別の道標を載せましたので見て下さい。
2010年12月13日 23:21
kirariさん、今晩は。
冬場の山は木の葉が全て落ちて樹間から周りの景色が見えますので、夏場の様子とは一変して別の楽しみが得られます。富士山は白い雪を乗せた姿が一番良いですね。カラフルな標識には作者の名前が記されています。小山町の岩田さん、81才と記されています。探してみて下さい(笑)。