毛無山ウォーキング(前編)

 11月21日に静岡県と山梨県の境にある毛無山(けなしやま)に行って来た。毛無山には一昨年の5月に静岡県側の朝霧高原から登っている。今回は山梨県側の下部温泉から登って来た。
 登山口付近から下部川沿いを眺めると、左岸の切り立った山斜面の紅葉が朝日を受けて綺麗だった。
画像

 
【毛無山登山口 8:40発】
 登山口は林道の路肩に有った。
画像

 下部温泉側の登山口の標高は890m、毛無山の標高は1,964mあるので標高差は1,074m。前回の朝霧高原側の登山口の標高は868mなのでほぼ同じ標高差で前回同様に厳しい登山が予想された。
 登山口横に有った中山金山の説明板を以下に載せる。甲斐の国の武田信玄公が金の採掘をした跡地だと記されている。
画像

 鬱蒼と茂ったヒノキの植生林の急な登山道をジグザグに登って行く。

【山の神 9:40着】
 スタートして1時間で山の神の看板が立っている所に着いた。
画像

 祠も石仏も見つからなかったが良く探して見たら、大きな木の根元に小さな石仏が置かれていた。
画像

 武田信玄公の中山金山と関係が有ったと思われるが、それにしてはみすぼらしいと思わざるを得なかった。

【山の神 9:45発】
 暫しの休憩の後、林の中を進んで行くと、女郎屋敷跡地が、続いて大名屋敷跡地が現れてきた。
画像
画像

 涸れ沢には水のみ場の標識が立っていた。往時もここが水場だったのだろう。
画像

 精錬所跡や居住域跡等もある様だが気付かなかった。採掘が全盛だった頃、この静かな山の中はどんなにか賑やかだったことだろうと、想像しながら先へ進んだ。
 
【地蔵峠 10:25着】
 カラマツ林に変わると間もなく地蔵峠の道標が立っている尾根道に出た。
画像

 前回は山頂からこの地蔵峠を通過して更に尾根道を下った所にある、もう一つの地蔵峠から朝霧高原へと下ったのだった。
 尾根の向こう側は樹木が切り開かれていて、裾を薄い雲に覆われた美しい富士山が朝霧高原の上に見えていた。
画像

 時刻は午前10時25分で太陽の光が右横から富士山に当たる為岩肌が鮮明でないが、ズーム拡大した画像を以下に載せる。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年11月26日 08:45
美しい富士山の画像、それに朝霧高原です。朝霧高原を見るたびに40年前ゴルフを始めて最初に連れて行かれたのが朝霧高原ゴルフ場、溶岩の洗礼に会い64,61,125回を良く覚えています。
2010年11月26日 22:10
お天気も良かった様で富士山が素晴らしくよく見えるコースですね。
2010年11月27日 22:16
信徳さん、今晩は。
信徳さんのゴルフ筆おろしは朝霧高原ゴルフ場でしたか。しかもしっかりとスコアまで覚えているとは立派ですね。富士山を見ながら朝霧でリベンジのゴルフを楽しんでみてらどうでしょうか。
2010年11月27日 22:18
OSAMIさん、今晩は。
2年前に登ったときは富士山は雲に隠れて見ていませんでしたが、今回はしっかりと素晴らしい富士山を見ることが出来嬉しかったです。もう少し積雪が有ればもっと良かったのですが。
寅太
2010年11月28日 09:31
毛無山からの富士山は裾野が綺麗ですばらしいと思います。
武田信玄が見た富士山は、こんなに綺麗でなかったんでしょうね。
2010年11月30日 23:17
寅太さん、今晩は。コメントが遅れて申訳ありません。
そうですね、毛無山から見た富士山は麓から山頂まで、遮るものが無く雄大に聳えていました。信玄公が金鉱見学していればこの富士山は見ていたでしょう。又、駿河に抜けるとき朝霧を通っていれば裾からの姿を見ていたことでしょう。
hanatetsu
2010年12月02日 14:03
朝霧高原の上に見える裾を薄い雲に覆われた富士が素晴らしい。
構図に嫌みがなく最高でーす。
2010年12月06日 15:28
hanatetsuさん、今日は。返事が遅くなり申訳ありません。
この日は良い天気に恵まれて最高の富士山の展望が得られました。冬季に入り空気が澄んできて富士山が綺麗にみえる日が多くなりました。