硫黄岳ウォーキングⅡ(その1)

稲子湯(1,500m)~みどり池(2,040m)

 10月10,11日に八ヶ岳の硫黄岳に行って来た。ここには8月27,28日にも訪れているが、紅葉を求めて同じコースを歩いてきた。従って、今回は紅葉の模様と前回得られなかった展望等を中心に綴る事とする。
 初日の早朝、沼津を出る時は大雨だった。宿泊の本沢温泉までは雨具を着ての登山かなと覚悟を決めてスたートした。しかし、車が八ヶ岳に近づくと雨は上がり青空が覗いてきて富士山が見えて来た。
画像

【稲子湯 10:00発】
 お陰で、稲子湯登山口をスタートする時は雨具を着ずにスタート出来た。更に、登山口の樹木が紅葉して迎えてくれた。
画像

 常緑針葉樹林帯に入ると樹木に巻き付いているツタウルシが綺麗に紅葉していた。
画像

 トロッコ軌道跡付近では未だ紅葉はそれ程進んではいなかった。
画像

 登山道脇に、真っ赤に熟したマイズルソウの実が生っていた。葉は茶色に融けた様になっていてその形は残っていなかった。
画像

 高度が上がって来てミドリ池に近づくとダケカンバの黄葉が青空をバックに綺麗だった。
画像

 ナナカマドも綺麗に紅葉していた。
画像

【ミドリ池 12:15着】
 流石にこの時期になると草花が咲いているのを見なかったが、樹間に紅葉した木々を見ながらミドリ池に到着した。
 前回、ミドリ池の上には霧が掛かっていて天狗岳が見えなかったが今回は見る事が出来た。
画像

 天狗岳は二つのピークで構成されていて、右のピークが東天狗岳で左のピークが西天狗岳だ。
画像

 ミドリ池の左手に回り込むと池越しに屏風の様な絶壁をした稲子岳も見えていた。
画像

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2010年10月13日 21:09
雲海の向こうに富士山が見える素敵な光景です。雨上がりのあと霧が出て良かったのですね。心掛けが大分良くなって来ましたね(笑)。
寅太
2010年10月14日 09:07
富士百系にもいれたいように見事な景色ですが、デコさんは余裕で落選ですね。
紅葉はやはりナナカマドで、色が鮮やかです。
マイズルソウは学習効果で、間違うことはありませんね。
2010年10月14日 21:24
信徳さん、今晩は。
雨上がりで山肌から霧が立ち上がって綺麗な富士山の景色に出会えました。そうですね、心がけが良くなってきたかもしれません。これからは毎度の山行でも、富士山に出会えそうですね(笑)。
2010年10月14日 21:30
寅太さん、今晩は。
ご指摘、有難う御座います。今回のシリーズが終わった時にこの雨上がりの富士山を私の富士山百景に登録しましょう。そうですね、黄葉はナナカマドが一番綺麗でしょうか。近くの別の所に、マイズルソウの赤い実と茶色になった見覚えのある葉がありましたのでマイズルソウの実と断定しました。