香貫山の植物  オオイヌタデ (番外編 タンキリマメ)

オオイヌタデ(大犬蓼)

 今、香貫山の登山道脇は綺麗に草刈が行われてスッキリとしている。が、少し奥まった所は草茫々としていて、そこにイヌタデよりも背の高く伸びたオオイヌタデが咲いていた。
画像
画像

 イヌタデに付いては2007年10月25日に綴っている。その中でイヌタデとオオイヌタデの違いは、「イヌタデは茎の節の部分の托葉鞘に長い縁毛があるがオオイヌタデには無い。」と綴っている。
 節の托葉鞘を覗いて見ると、やはり長い縁毛は無かった。
画像

 参考にイヌタデの托葉鞘を2007年10月25日のブログより以下に転載しておくが、節の部分の托葉鞘部には長い毛が生えている。
画像


<オオイヌタデの花>
 既にイヌタデで綴ったようにイヌタデの花穂は垂れないがオオイヌタデの花穂は垂れる。
画像

 多数の小花を穂状につけ、小さな花を少しずつ順番に咲かせて行くことや、花弁のように見えるものは萼であることもイヌタデと同じだ。
 又、萼が紅色の為、蕾の時も花が咲き終わった状態でも紅色に見える。が、詳細に見て表面に皺がないのが蕾であり、皺があるのが花後の実なのもイヌタデと同じだ。
画像


<オオイヌタデ(大犬蓼)>
  タデ科、イヌタデ属
<特徴>
  1年草、道端や荒れ地に生える
  草丈は1~2m、茎はよく枝をわけ、節はふくれて赤味を帯びる
  葉は大きく披針形で、先端は長くとがる
  花穂は長さ3~10cmで、先端は垂れる
  萼は長さ2~3mmで深く4裂し、淡紅色又は白色
  花弁はない、花期は6~10月

《番外編》 タンキリマメの実
 タンキリマメは2007年10月3日に綴っている。今年のタンキリマメの赤い鞘と黒の種子が綺麗に実っていたので以下に載せておく。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

寅太
2010年10月07日 17:42
大きなものに毛がなくて、小さいほうに毛があるんですね。
イヌタデの托葉の毛は良く見ますが、今度大きなタデを見たら注意深く観察します。
タンキリマメは赤に黒い種が可愛いですね。
高尾には少ないと思います。
2010年10月07日 22:17
寅太さん、今晩は。
イヌタデとオオイヌタデの区別は株の大きさでは間違える事も有りますので、托葉鞘の毛の有無で確認する必要があります。今年の香貫山ではタンキリマメが豊作であちこちで可愛い実を見つけました。
2010年10月07日 22:57
タンキリマメは袋の縁に2個の種子が付いた様に成っていますし、赤と黒のコントラストもあってが綺麗ですね。
2010年10月08日 21:04
OSAMIさん、今晩は。
タンキリマメの実は小さいですが黒い種子が2個付いているのが普通です。赤黒の可愛い実です。
2010年10月11日 00:37
こんばんは。
イヌタデと、オオイヌタデ大きさで見分けていましたが、托葉鞘を見てみます。
タデ科の花は可愛いので大好きです(笑)
タンキリマメ、もう莢が弾けているのですね。
花の時は素通りしてしまっています。
赤い莢が日に当たると鮮やかな色で目立ちます。
赤い莢から黒い種が、落ちそうで落ちないですね(笑)
2010年10月12日 21:59
杏さん、今晩は。
イヌタデとオオイヌタデの見分けを試してみて下さい。そうですね、杏さんのブログには度々綺麗なタデ科の花が登場していますね。タンキリマメは花よりも実の方が綺麗で可愛いですね。