青笹山ウォーキング(その1)

葵高原(920m)~真先峠(1,125m)

 10月24日に静岡県中部を流れる安部川の東に位置する青笹山(あおざさやま)に行って来た。青笹山は名前の通り山頂部がササに覆われている。
画像
               (稜線出合付近から見た青笹山山頂)

 山頂からは360度の展望が得られ、富士山を始めとして駿河、甲州の山々の絶好の展望台だと言われている。
 スタート地点はワサビ栽培発祥地の有東木(うとうぎ)集落の上部山中にある葵高原だ。
画像

 標識の横に有った案内図からこの日のコースを追記して以下に載せる。
画像

 この日のコースは上に載せた葵高原標識から左手に進み、標識の右手に戻ってくる周回コースだ。

【葵高原 8:20発】
 標高920mの山奥だが綺麗に舗装された林道をスタートした。
画像

 10分ほど歩いた所でススキの原に出た。
画像

 林道を外れた所に特徴ある標識が立っていた。
画像

 地元の静岡橘ライオンズクラブが立てたハイキングコースの案内図でスタートの葵高原が①、ゴールの青笹山が⑳と番号が記されていた。
 再び林道に戻り先へと進んだ。ススキ越しに紅葉したカエデが綺麗だった。紅葉はこの先でも見れるだろうか?
画像

 この先も舗装道路が続き、味気ない歩きになり易い所だったが、道路脇の草叢には次々と草花が現れて楽しい舗装道路歩きになった。以下、出合った順に列挙する。
ナギナタコウジュ
画像画像





リンドウ
画像画像





ヤマホタルブクロ>                     <ツルニンジン
画像画像





フジアザミ>                            <アケボノソウ
画像画像


 そして、林道脇の斜面にリンドウの青い花が点々と咲いていた。
画像

 その中に白いリンドウも咲いていた。白いリンドウは初めて見た。
画像

【真先峠 9:20着】
 林道のガードレールに朽ちかけた標識が括り付けられてい、良く見ると「まさき峠」と書かれていた。まさき峠は、まさに島倉千代子が歌ったりんどう峠だと思った。
画像

 少し先の林道反対側に地元ライオンズクラブが立てた例の特徴有る標識が立っていた。番号は⑥と記されていた。①から一気に⑥に飛んでしまっていた。
画像

 そこには3人のグループが休息していた。この日のスタート地点の葵高原で我々よりも後に到着して後からスタートしたはずのグループだった。不審に思っていたら、林道をショートカットしている急な登山道があり、そこを歩いて来たとの事だった。
 今、この記事を書きながら改めて上から3枚目のコース案内図を見ると、葵高原の少し先から林道を外れて、その先で林道を横断し、真先峠に通じている道が記されていた。上から6枚目のライオンズクラブの標識が立っていた所が、この登山道の入口だったと推測出来る。しかし、現地ではそれらしき道は見つからず、何故こんなに引っ込んだ所に標識があるのだろうと不審に思いながら林道に戻ったのだった。今思うに、良く調べもせず林道に戻ったのが失敗の原因だった様で、登山道をもっと探すべきだった。
 しかし、現地では遠回りをしたお陰で色々の草花に出合えて良かったと考えていた。

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

寅太
2010年10月28日 17:23
真っ先に真先峠に付いたと思ったら、真っ先ではなく正木だった。
これだけの花があれば遠回りしても行きたくなります。
アケボノソウはいいですね。
今朝も雨の中を友人と探して歩きました。
でもブログには載せませんが、高尾山で1本しかない?アケボノソウは確保してあるんです。
ブログに載せたらもう行列になってしまいます。
白いリンドウに会いたいですね。
まだまだいろいろな花が出てきそうです。
静岡で葵といえば、もう神秘的な山に聞こえます。
私などはすぐに徳川の埋蔵金探しですね。
2010年10月28日 18:31
寅太さん、今晩は。
真先峠は標識によって真先峠、正木峠、まさき峠と3種類ありました。発音は「まさき」で同じでしょうね。
「花がとっても綺麗だから、遠回りして行こう」と、誰かの歌謡曲みたいな結果になりました(笑)。ここのアケボノソウはかなり沢山ありました。そして花を終えて実になっている株のほうが多かったです。青紫色の中に白色のリンドウは素敵でしたし、感激しました。そう言えば、埋蔵金が有りそうな雰囲気の場所が多かったすね(笑)。
2010年10月30日 12:49
デコウォーカさん、こんにちは
珍しい山野草を、いろいろ拝見させていただきました。
「フジアザミ」
初めて拝見しますが、お花は見た目、ツルツルした優しい感じがしますが、どんな感触なのでしょう?
「アケボノソウ」
清楚な、お花ですね。
リンドウの紫色、綺麗ですね~。
白いリンドウ、まるでユリのようです。珍しいですね、白。
2010年10月30日 22:02
kirariさん、今晩は。
そうですね、フジアザミは富士山とその周りに生えていると聞いていますので、九州では見れないと思います。触った記憶はありませんが、ツルツルしていると言うよりはフサフサしている感じではないかと思います。今度出合ったら触って見ましょう。アケボノソウはなかなか綺麗で珍しい花だと私も思います。白いリンドウは私も初めてで感動しました。