硫黄岳ウォーキング(その7)

赤岩の頭(2,656m)~赤岳鉱泉(2,215m)~堰堤広場(1,940m)

【赤岩の頭 9:30発】
 八ヶ岳の山々を見納めて赤岩の頭から樹林帯に進んだ。
画像

 暫くは見晴らしも無く、だだひたすら急坂道をジグザグに下った。
画像

 この日は土曜日の為だろうか、大勢の登山者とすれ違った。

 本シリーズの(その1)で綴ったハリブキに、ここでも出合ったが今度は綺麗な赤い実を付けていた。ハリブキは雌雄異株なのでここで出合ったものは雌株だ。
画像

<ハリブキ(針蕗)>
  ウコギ科、ハリブキ属
  名前の由来:葉がフキに似て大きく、全身に針があるため
<特徴>
  落葉低木、深山に生える、雌雄異株
  6~7月に茎の先に円錐花序を出し、緑白色の小さな花が咲く
  果実は、6~7mmの楕円形で、8~9月に赤く熟す
  樹高1m以下、全体に針状の棘が密生する
  葉は互生、葉身は大きな円形で掌状に7~9する
  葉の表面には脈上に棘針があり、裏面には棘と毛がある

 途中には踏み板が平行でなくて歩き難いアルミの梯子も有った。
画像

 登山道が平坦になってきてジョウゴ沢を渡り、
画像

 大同心沢を渡ると、
画像

 赤岳鉱泉に着き、約1時間に及ぶ長い樹林帯の歩行が終わった。
画像

【赤岳鉱泉 10:35着】
 少し早いがここで昼食とし、前日泊まった本沢温泉のお弁当を食べた。山小屋のお弁当は大抵お握りなのだが、今回は幕の内弁当だった。
画像

【赤岳鉱泉 11:20発】
 ゆっくりと休息した後、赤岳鉱泉を後にした。振り返ると山小屋の上に奇妙に尖った山が見えた。大同心、小同心だろう。
画像

 赤岳鉱泉からの登山道は柳川北沢沿いの道になる。渓流を見ながら、
画像

 何回か橋を渡り、
画像

 一部区間は木道を歩いて下って行った。
画像

 途中で強力に出会った。背の荷物は生ビールの樽と缶ビールだった。赤岳鉱泉の小屋に運んでいるのだろう。最近はヘリコプターで運んでいるとばかり思っていたが、昔ながらの強力もいたのだった。
画像

 ここの沢に流れている水には鉄分が含まれているのだろう。橋の上から川底を見ると、赤くなっている。
画像

 橋の上から後を振り返ると、赤岳鉱泉を出る時に見た大同心と小同心が見えていた。
画像

 この区間で出合った草花を以下に載せる。

サワギク
画像


<レイジンソウ>
 レイジンソウは(その2)でも綴ったが、ここには群生していたし、色も赤紫色が濃かった。
画像
画像


タチコゴメグサ
画像
画像


<トリカブト>
 トリカブトも既に(その5)で綴ったが、ここの群生は素晴らしかったので再度載せる。
画像
画像


<ダイモンジソウ>
 登山道脇の岩壁にダイモンジソウが咲いていた。箱根湿生花園で見て以来だったし、自然の山中で見たのは初めてだった。
画像

【堰堤広場 12:15着】
 約1時間に及ぶ長い沢沿いの歩行も堰堤下流側で沢を渡って終わった。
画像


 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年09月10日 23:51
今晩は!流石に下りは早いですね。アッと言う間に下りてしまう。ユックリ山野草を見ている暇もなかったでしょう。トリカブトの群生が素敵です。青紫の色は実物を見なければ本当の良さが分かりません。レイジンソウも小型トリカブトのようです。
2010年09月11日 09:25
強力は珍しいですし、高所のコゴメグサとは感じの異なるタチコゴメグサですね。
寅太
2010年09月11日 10:34
今回はかなり変化にとんだ行程ですね。
圧巻はトリカブトの群生です。
それにレイジンソウもあるので、昔の人には格好の毒草採りの場所でしょうね。
自生のダイモンジソウは少し花が小型ではありませんでしたか。
2010年09月11日 16:29
信徳さん、今日は。
下山は私の得意とするところで早いですよ(笑)。その中で草花が咲いていないか探すのですから、コケない様に要注意です。これからの山歩きではトリカブトとの出会いが多くなります。更なる美形?のものを探しましょう。レイジンソウはトリカブトと同じ仲間で良く似ていますね。
2010年09月11日 16:33
OSAMIさん、今日は。
そうですね、強力には久し振りに見ました。重い荷物を背負って苦も無く歩いていました。コゴメグサは色々の種類があり、タチコゴメグサとしましたが、間違っているかもしれません。
2010年09月11日 16:41
寅太さん、今日は。
一気に標高700mも下りましたから登山道から見る様子はかなり変化しますね。トリカブト、レイジンソウと毒草採り(?)にはこたえられないでしょうね(笑)。ダイモンジソウの花の大きさは小さいとは感じませんでしたが、他のダイモンジソウを多く見ていないので正確ではないかもしれません。