硫黄岳ウォーキング(その3)

本沢温泉

 ビールで喉を潤しチェックインの後、本沢温泉名物の野天風呂に出かけることとした。山小屋前の花壇に咲いていたヤツタカネアザミに綺麗な蝶(クジャクチョウ)が密を吸っていた。あまり綺麗な花ではないが、クジャクチョウが美しさを増してくれた。
画像
画像

<ヤツタカネアザミ(八高嶺薊)>
  キク科、アザミ属
<特徴>
  多年草、八ヶ岳の高山帯~山地帯の草原に生える
  花期は8~9月、花色は淡紫色
  茎葉は狭卵形または楕円形で中裂または深裂し
  裂片は4~7対で、基部は茎を抱く
  頭花は直径3~4cm、長い花柄の先に付く

 本沢温泉に到着した時点では雲が掛かっていた硫黄岳が茶色の肌をむき出しにして爆裂火口の荒々しい姿を見せていた。
画像

 木に括り付けられた野天風呂への案内板に、「雲上の湯 日本最高所・野天風呂 2150m」、「この先5分」と記されている。
画像

 野天風呂に行くには、翌日硫黄岳に登って行く道を進む。暫く進むとオオカメノキ(ムシカリ)の赤い実が綺麗に実っていた。
画像

 野天風呂への分岐を左に進むと、湯川の左岸に出る。
画像

 崖下の河原に野天風呂が見えていた。
画像
画像

 湯船に入って上流側に立っている標識を撮影した。山小屋の案内板に記されていたのと同じ文句が記されていた。
画像

 周囲を遮るものは何も無く、壮大な自然の中の雲上の湯に入れるとは、何と素晴らしい事か。ここでしか出来ない体験に感謝、感謝だった。 

 夕食は6時から。メニューは以下の画像+ご飯+汁+ビールだった。同宿の20数人と賑やかに戴いた。
画像

 食後に内風呂の温泉(苔桃の湯)にも入った。
画像
画像

 廊下に八ヶ岳の山野草の開花時期が記されていたので、今後の参考に以下に載せる。因みに、クリンソウの開花時期は5月中旬~6月中旬とある。
画像
画像

《補足》
 野天風呂には翌朝も入った。湯川上流に聳えている硫黄岳が朝焼けに染まって綺麗に見えていた。大自然の中の雲上の湯で朝風呂に浸かり、最高の贅沢を味わった。
画像


 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年09月06日 19:37
日本一高いところの野天風呂、最高だったでしょう。この辺は硫黄泉でしょうか?綺麗な蝶はクジャクチョウでしょう。花の咲く時期の説明表5月~8月までしか書いてないのは面白いですね。
2010年09月06日 22:29
順番に読ませていただきました、硫黄岳は縦走の時と数年前に桜平の方からオーレン小屋泊まりで登ったことがあるのですが、この方向は未知のところで楽しく拝見しました、硫黄岳の崩壊箇所を見ながらの露天風呂は最高ですね。
2010年09月07日 17:51
信徳さん、今日は。
日本最高所の野天風呂は最高でした。自然の懐に抱かれた様な場所で誰に気を使わずに湯に浸かりました。クジャクチョウの情報を有難うございました。早速、追記しておきました。八ヶ岳の花の時期は5月~8月で、それ以外は花の時期ではないのでしょうね。
2010年09月07日 17:56
OSAMIさん、今日は。
流石に八ヶ岳は人気の山で、色々なルートがありますね。私は未だ縦走の経験が無いのですが、今回の経験でいつかは縦走してみたくなりました。野天風呂は自然の懐に抱かれた様な場所で最高の経験をさせて貰いました。
寅太
2010年09月08日 16:49
羽根の丸い模様が目に見え、これは動物の顔ですね。
雲上の湯は入りたいです。
でも盗撮されそうです。
2010年09月09日 17:59
寅太さん、今晩は。
信徳さんからクジャクチョウと教わりました。綺麗な蝶です。雲上の湯は気持ちも気分も良かったですよ。日本一と付く秘湯ですから一度は経験した方が良いですね。盗撮は360度、何処からでも可能でしょうが、大自然の中では気にしていませんでした。