霧ケ峰ウォーキング(その3)

車山山頂(1,925m)

 山頂には大勢の観光客が訪れていた。登山してくる人以外にロープウエイで登ってくる人達が大勢いるので賑やかだった。
画像

 気象レーダードームの説明板を以下に載せておく。
画像

 丸山は樹木の無い山で、山頂は台地状になっている。この為、遠くからでもこの気象レーダードームは良く見えるので車山の確認はし易い。

【車山山頂 10:40着】
 山頂標識を撮影したが、周囲はガスっていて眺望に恵まれなかった。
画像

 山の地図では車山肩から車山山頂までの歩行時間は40分であるが、実績は約80分と2倍も掛かってしまった。途中の山野草の花が多くて、その撮影に時間が掛かってしまった。今回はウォーキングではなく花の散策になってしまったがお花畑の中では仕方が無い。
 少し時間が早いが、ここで昼食を取った。

 今日も山頂及び山頂付近で見た山野草の花を以下に載せる。

アカバナ
 花の色は赤というよりはピンク色なのにアカバナと名前が付いているのは、秋になると葉が赤くなるからと言う。
画像

 アカバナの花は小さくて、また花弁があまり開かないので撮影し難いが、今回の花は大きく開いていて見応えがあった。蕾、開き始めの花、満開の花、実(細長い棒状の実)と揃っている株を撮影した。
画像


<ハクサンオミナエシ>
 オミナエシに似た黄色の花を付けた植物が有った。帰宅して調べたらハクサンオミナエシ(白山女郎花)だった。
画像

<ハクサンオミナエシ(白山女郎花)>
  オミナエシ科、オミナエシ属
  別名:コキンレイカ
<特徴>
  多年草、山地帯や亜高山帯の乾いた岩場等に生える
  花は茎の頂に集散状に沢山付ける
  葉は広卵形で掌状に3~5中裂し、ふちに欠刻がある
  キンレイカに似ているが花冠の距はごく短く花冠の基部を越えない

イブキジャコウソウ
 イブキジャコウソウには昨年、白山で出会って以来だった。
画像


ウツボグサ
 ウツボグサも山頂の草叢に生えていた。
画像


<クルマバナ>
画像
画像

<クルマバナ(車花)>
  シソ科、トウバナ属
<特徴>
  多年草、日当たりの良い山地の草原や道沿いに生える
  8~9月に開花
  花長1cm未満の紫がかったピンクの花
  花は茎を囲んでぐるりと円形に咲く
  草丈80cm以下

ノコギリソウ
画像


ナンテンハギ
画像


<アカバナシモツケ>
 山頂から山裾を見下ろす所に濃いピンクの花が咲いていた。シモツケソウの色が濃いもののアカバナシモツケだった。
画像
画像

<アカバナシモツケ(赤花下野)>
  バラ科、シモツケソウ属
<特徴>
  シモツケソウよりも濃いピンク色
  

<ヤナギラン>
 近くには蕾を付けたヤナギランも山裾を見下ろしていた。
画像

 明日に続く。

この記事へのコメント

2010年08月09日 21:33
デコウォーカさん、こんばんは
霧ヶ峰ウォーキング、その1から拝見させていただきました。
この時期、いろんな山野草が咲いているのですね。
見たことのないお花が沢山あり、楽しませていただきました。
ツリガネニンジンの雌しべの先に付いた水滴、とてもステキでした。(タイミングよく撮れましたね。)
また、高原の素晴らしい景色、じっくり堪能させていただきました。(高原の涼が、画像から伝わってくるようです。)
2010年08月10日 05:11
白樺湖側から上がって来る人も多くいるので夏休みになると家族連れが多いようですね。ヤナギラン、ハクサンフウロなど高峰と同じ植生が多いですね。車山は霧が多いので植物には良いのでしょうが晴れたには富士山も見えて素晴らしいところですよね。
2010年08月10日 16:21
可愛い綺麗なアカバナが素晴らしいですし、イブキジャコウソウも良く咲いていますが、この植物は触ると手に良い香りがつきますが試しましたか。
2010年08月10日 20:18
kirariさん、今晩は。
霧ケ峰の夏はお花畑の中を歩く感じです。登山道がロープで仕切られているのが残念ですが、植物の保護の為には致し方がないですね。そうですね、ツリガネニンジンの露は良いタイミングで撮影できました。霧ケ峰の続きを楽しんで戴けると良いですが。
2010年08月10日 20:24
信徳さん、今晩は。
殆どの人が白樺湖側からだと思います。特にリフトが大半だと思います。家族連れで歩いて登っているのは数組でしたが、山頂には多くの家族連れがいましたよ。そうですね、信徳さんの高峰のブログでも同じ花がとうじょうしていましたね。今回の霧ケ峰では富士山を見るのが楽しみでしたが、叶わぬ夢で終わってしまいました。又何時の日にか叶うでしょう。
2010年08月10日 20:27
OSAMIさん、今晩は。
アカバナは手元で見れたのでマクロで可愛く撮影出来ましたが、イブキジャコウソウは手の届かないロープの中でしたのでズームで撮影しました。従って良い香りも嗅げず、手に触ることも出来ませんでした。今度、何処かでチャレンジしてみます。
寅太
2010年08月11日 22:45
高山帯ではどこか少しづつ違う品種になるのですね。
ハクサンオミナエシやアカバナシモツケはじっくり見ないと、低地の品種と間違います。
まだまだ何かでそうで、楽しみです。
2010年08月12日 20:27
寅太さん、今晩は。
そうですね、高山帯の植物は平地、低地のものよりも少し違っていますね。今回は現地で霧ケ峰の花を綴った本を購入してきましたので、高山特有の花の同定は楽でした。この先に寅太さんがビックリする、何かが出るかな(笑)?