天城山(万二郎岳)ウォーキング(後編)

コアジサイ、コナスビ、ヤマトウバナ、イワガラミ

 万二郎岳山行の目的はアマギツツジだけでなくアマギアマチャ、ヤマアジサイ、ツルアジサイ、イワガラミ等のアジサイの観賞も密かに狙っていた。その中でコアジサイは万二郎岳の麓から山頂直下まで随所で見ることが出来た。
画像

 コアジサイには愛鷹山や箱根の神山等で既に出合っている。 
画像

 山頂直下はさながらコアジサイロードを進む感じだった。
画像

 登山道の足元に黄色の小さな花が咲いていた。香貫山でも出合っているコナスビ(小茄子)だ。
画像
画像

 沢の湿った所に白い小さな花が咲いていた。帰宅して調べたらヤマトウバナ(山塔花)だった。
画像
画像


<ヤマトウバナ(山塔花)>
  シソ科、トウバナ属
<特徴>
  多年草、山地の木陰に生える
  花は6~7月に咲く、茎頂の短い花序に普通1個の唇形花をつける
  花冠は白色で長さ8~9mm、上唇は浅く2裂し下唇は3裂する
  萼にはまばらに短毛がある。
  草丈10~30cm
  葉は対生し、卵形~長卵形で長さ2~5cm
  葉先はやや尖り、粗い鋸歯がある

 万二郎岳から下山中、登山してきたグループと出会った。先頭のリーダーが後続者に何やら道端の草花の説明をしていた。近づいて聞いてみると、フタバラン(二葉蘭)だと教えてくれた。グループが通り過ぎた後で撮影したものが以下の画像だ。 
画像

 残念ながら、まだ花茎を伸ばしている最中で蕾も未だの様だった。2枚見える葉が名前の由来なのだろう。帰宅して調べるとフタバランにも仲間が多くて花が咲かないと同定出来なかった。八ヶ岳でイチヨウラン(一葉蘭)を初めて見たが、今回は二葉のランの存在を知った。これからの山行で注意して探す事としよう。

 コアジサイ以外のアジサイを探したが、なかなか見つからなかった。下山途中から雨が降ってきたので雨具を身に着け天城高原ゴルフ場の駐車場へ急ぎ、コアジサイ以外はお預けとした。所が、帰りの車中からツルアジサイらしき花が木に絡みついているのを発見した。下車して確認すると初めて見たイワガラミ(岩絡み)だった。残念ながら中央の両性花は未だ蕾だった。
画像

 ツルアジサイに似ているが装飾花の萼片が1枚なのでイワガラミだ。ツルアジサイの装飾花の萼片は4枚と多い。
画像


<イワガラミ(岩絡み)>
  ユキノシタ科、イワガラミ属
<特徴>
  蔓性落葉植物、岩や樹木にからみ這い上がる
  開花は6~7月 、装飾花の萼片は1枚
  (良く似た花のツルアジサイの萼片は4枚)
  幹から気根をだし岩などに取り付き、10m位伸びる

 最後の最後になって、雨の山行のご褒美を戴いた感じであった。

この記事へのコメント

2010年07月07日 21:02
コアジツイが良く咲いていて奇麗です、場所によって咲く時期が相当違うようですね。
2010年07月08日 17:23
コアジサイの開花の差ですが、万二郎岳の麓ではコアジサイの開花レベルはそろそろ終わり頃だったけれど、山頂付近では満開のレベルと差がありました。他の山との差もあるでしょうね。
2010年07月08日 20:33
こんばんは。
コアジサイ綺麗な花を咲かせていますね。
小さな白い花びらにブルーのシベが綺麗です。
高尾にも咲いているらしいのですが、まだ出会ったことがありません・・。
2枚目の写真のコアジサイの花、綺麗ですね~。
いつか出会ってみたいです(笑)
コナスビの黄色い花、ヤマトウバナの白い花、山道沿いに咲いている可愛い花に出会うと嬉しいですね(笑)
2010年07月08日 22:01
杏さん、今晩は。
高尾山にもコアジサイは有ると思います。初めて見ても、特徴のある花なので直ぐに解ると思います。叉、葉も特徴が有りますので花時以外でも存在場所を認識できると思います。高尾山で探してみて下さい。