天城山(万二郎岳)ウォーキング(前編)

アマギツツジ(天城躑躅)

 7月3日に伊豆の天城山・万二郎岳に行ってきた。天城高原ゴルフ場から万二郎岳までのコースは過去にも何度か登っているが、今回はこの区間に咲くアマギツツジ(天城躑躅)を見る目的で行ってきた。従って、今回はアマギツツジとその他の草花だけを2回に分けて綴ることとする。
 アマギツツジはツツジの中でも一番遅く7月上旬に開花するというので若干早いかと思ったが、丁度見頃であった。
画像
画像

 アマギツツジの花はオレンジがかった鮮やかな赤色で、大きさは5~8cmと大型で枝先に三輪ずつ咲く。
画像
画像

 蕾の方が枝先に三輪ずつ咲くのが解り易い。
画像

 葉は4月頃に開き、菱形状の卵型で長さは5~10cmとトウゴクミツバツツジ等よりも大きくて、大型のミツバツツジといった感じだ。
画像

 樹高は5~6mになり、あまり日の当たらない所を好むので他の高木の中に生えている。従って、緑の中で隠れる様に咲いているのでトップ画像の様に樹形全体があらわに見えるものには中々出合えない。しかし、大きな花で鮮やかな色なので遠くからでも良く目立つ。
画像

画像

 上の画像中の様に大きな木の下には大量の花が落ちていて赤い絨毯を敷いた様だ。
画像

 花弁は厚くてシッカリしているので、落下後も暫くは花弁が繋がっていて原形を残している。
画像

 アマギツツジは伊豆と箱根の境にある日金山と天城山だけでしか見れないと言う。珍しい大型の花の姿を、最後にもう一度クローズアップで見てみる。
画像
画像
画像

 今年は4月に坪山でヒカゲツツジを、5月に岩岳山でミツバツツジとアカヤシオを、同じく5月に弓張山地でモチツツジを、6月には塔ヶ岳でトウゴクミツバツツジシロヤシオを、そして7月に天城山でアマギツツジと色々のツツジを見た一年であった。

この記事へのコメント

寅太
2010年07月07日 14:47
綺麗なツツジですね。
前日の夕焼け、そしてタマゴタケと赤が多いですが、梅雨の頃には赤が少ないので、目立ちます。
2010年07月07日 19:00
寅太さん、今晩は。
そうですね、たまたま赤い写真が並びましたね。梅雨時の暗い中なので明るくて良かったと思います。すみません、これからアップするブログのトップ画像は白で赤が途切れてしまいます(笑)。
2010年07月07日 20:57
アマギツツジの景色が素晴らしいですね、このところの異常な気候と蒸し暑きを癒してくれます。
2010年07月08日 17:27
OSAMIさん、今日は。
天城山は天城と付く植物には、有名なアマギシャクナゲがありますね。これは済んでいるので、今回はこのほかのアマギツツジとアマギアマチャを狙って行ってきました。アマギアマチャは天城峠の方らしいので別の機会にチャレンジしようと思っています。
2010年07月08日 21:05
綺麗ですね。アマギツツジはヤマツツジ系でしょうか。
固有種なんですね。
葉を見ると普通のツツジと違うようです。
2010年07月08日 22:05
ミニミニ放送局さん、今晩は。
アマギツツジは色の系統で行くと、ヤマツツジ系と思います。しかし、葉の系統で行くとミツバツツジ系とも考えられます。いずれにしても天城山系の固有種でここでしか見れない様です。