神山ウォーキング(後編)

1.ツクバネソウ(衝羽根草)

 ツクバネソウは既に毛無山で出合っている。良く見ると、8本の雄しべと4本の赤い紐のような雌しべの柱頭が、更に雄しべの下に有る4枚の外花被片とその下にある4枚の葉が上下に並んでいる様子は面白い。
画像画像


 この花は何回か見ているが実を未だ見ていない。名前の由来となっている羽根つきの羽に似ている実を見てみたいものだ。

<ツクバネソウ(衝羽根草)>
  ユリ科、ツクバネソウ属
<特徴>
  多年草
  5~8月にブナ林などの深山の半日陰で咲く
  葉が4枚、花も4枚、花径15mm程度
  整然とした人工的な花の形をしている
  花の先端までの草丈40cm以下

2.ツクバネウツギ(衝羽根空木)とベニバナツクバネウツギ(紅花衝羽根空木)

 名前にツクバネの付くツクバネウツギとベニバナツクバネウツギも咲いていた。両者とも既に、釈迦ケ岳甘利山で出合っている。
画像画像


 これも名前の由来となっている羽根つきの羽に似ている実を見てみたいものだ。

3.ベニバナヒメイワカガミ(紅花姫岩鏡)

 実は、今回の山行ではこの花を見るのが最大の目的であった。昨年神山を訪れた時に大涌谷分岐付近にはコイワカガミの葉が群生しているのを見ていて、次回にはこのコイワカガミの花が群生している姿を見たいと綴っていたからだ。
 しかし残念ながら花は殆ど終わっていて、岩場の間の1箇所だけに僅かに花が残っていただけだった。
画像

 斜面を這い登り、何とか可愛い姿を接写することが出来た。
画像

 イワカガミの仲間を調べると、
  a.色はピンクで、高山や日本海側に多いイワカガミの仲間(オオイワカガミ、イワカガミ、コイワカガミ)
  b.色は白色(但し、ヒメイワカガミにはピンクもある)で、太平洋側に多いヒメイワカガミの仲間(ヒメイワカガミ、ヤマイワカガミ)
に分けられる。
 そして、bのヒメイワカガミの仲間はイワカガミの葉の様に丸くなく、葉の側脈が直線的で基部に集まることがない。更に、ヒメイワカガミとヤマイワカガミの区別は、
  b1.ヤマイワカガミは葉縁の基部近くまで鋸歯がある。
  b2.ヒメイワカガミは葉縁の基部近くに鋸歯はない。
とある。
 この情報を元にして私の同定結果は、神山のイワカガミはヒメイワカガミでピンク色なのでベニバナヒメイワカガミとなる。
画像

 これまでに私のブログに記載されたイワカガミの花や葉を改めてチェックしてみる。
  *今年、岩岳山で見た白色の花を付けたイワカガミはヤマイワカガミ(山岩鏡)の様なので記述を訂正した。
  *昨年、瑞牆山で見たイワカガミは記述通りコイワカガミで間違いは無さそうだ。
  *今年、坪山で見たイワカガミの葉を再度確認すると丸く、これは現地の標識にも記載されていたがイワカガミの様だ。今後機会があれば確認したい。
  *今年、真富士山で見たイワカガミの葉は岩岳山のヤマイワカガミの葉に似ているので真富士山のものはヤマイワカガミとしておき、今後機会があれば確認したい。

<ベニバナヒメイワカガミ(紅花姫岩鏡)>
  イワウメ科、イワガガミ属
<特徴>
  多年草、山地の岩場や高山の草地に生える
  花は5月~6月、
  花色はピンク、白色のものはヒメイワカガミ  

4.その他

 前回、神山で初めて見た花のバイケイソウは蕾が出始めた段階であった。後、2週間位で咲き始めるのだろうか。
画像

 又、前回満開で出迎えてくれたコアジサイは蕾が出来始めた段階であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年06月16日 16:22
珍しいツクバネソウですし初見のベニバナヒメイワカガミが綺麗ですね、群生しているところも素晴らしいです。
2010年06月16日 16:46
イワカガミにも色々有ることが分かりました。場所によって変わったものがありそうですね。今回はタイミングが遅かったのですね。私が見た湯の丸高原は1~2週間遅れていました。
寅太
2010年06月18日 09:39
夏にいろいろなツクバネですね。
ツクバネソウはこの4枚の羽根をツクバネという説もあるようですが、黒い実がづっとツクバネらしいですね。
イワカガミは鏡のように光る葉と、独特の花は現地で見ると感動でしょうね。
hanatetsu
2010年06月18日 19:34
都立神代植物園にツクバネウツギがあり、花の美しさに心惹かれました。(既コメント)
ツクバネソウは初見ですが、ツクバネウツギに劣らずなかなかの美形です。
また、ベニバナヒメイワカガミの美しさにうっとりでーす。
2010年06月19日 15:37
OSAMIさん、今日は。
ツクバネソウは面白い形の花ですね。色も地味ですし、山道を歩いていて、ついつい見落としてしまいます。箱根大涌谷のベニバナヒメイワカガミの群生は来年は必ず訪れて素晴らしい画像をものにしたいと考えています。
2010年06月19日 15:46
慎徳さん、今日は。
イワカガミの仲間には色々あることがわかりましたが、私は、本家のイワカガミの花は未だ見たことがありません。来年は何処かで見たいと思っています。
2010年06月19日 15:51
寅太さん、今日は。
私は未だツクバネソウの実を見た事が無いので今年は何処かで見たいと思っています。イワカガミの独特の葉は花が付いていなくとも目立ちます。一昨日登った七面山にも花後の葉の群落を見つけました。花の時期ならば更に素晴らしかったと思います。
2010年06月19日 15:55
hanatetsuさん、今日は。
山に行くと、意外にツクバネウツギに出合います。色が薄い黄色なので目立たないのですが、何故か目に入ります。逆にツクバネソウは端正な花ですが、見落とし易い花ですね。来年にはベニバナヒメイワカガミの群生している画像を得たいと考えています。
2010年06月22日 17:40
こんばんは。
ツクバネソウの花に出会った事がありませんが、本当に面白い形をしていますね。赤い実は以前に見たことがありますが・・。
ツクバネウツギは高尾山の一丁平で可愛い花が枝垂れて咲いていましたが、ベニバナツクバネウツギもあるのですね、初めて見せていただきました。
ベニバナヒメイワカガミ、とても綺麗ですね。アップの花が素敵です。
2010年06月23日 17:16
杏さん、今日は。
杏さんはツクバネソウの赤い実をご覧になっていましたか。私は未だ見ていません。今年の秋には見てみたいと思っています。ベニバナツクバネウツギは私は山地でしか見ていません。やや高い山地に生えているのかも知れません。
来年こそ、ベニヒメイワカガミの群生している姿を撮影したいと思っています。