沼津アルプスウォーキング(4月 その3)

大トカゲ場(志下坂峠手前)~徳倉山(象山)~横山~八重坂峠

 昼食を終え、大トカゲ場を出発して徳倉山を目指して進む。徳倉山は象が伏せている様に見えるので象山とも呼ばれている。その象のお尻のピークに至る途中に千金岩がある事は今年の1月19日に沼津アルプスウォーキング(徳倉山)で綴っている。この岩の上から複雑に入り組んだ奥駿河湾が一望できる。千金岩とはこの値千金の景色が見えるので命名されたのだろうと改めて思った。
画像

 ここから象のお尻まではもう少しだ。
画像

 足元に黒くなった胞子葉を残しているフユノハナワラビがあった。フユノハナワラビには昨年12月に大楠山で出会っている。徳倉山にもあると言うことは、香貫山にもあるかも知れないなと思いながら先に進んだ。
画像

 象のお尻を過ぎて、象の背中部は緩やかな登りと下りの尾根道になる。尾根道は大きな木に囲まれた林の中なので眺望は無い。象の首の手前で急坂道を下り、象の頭を目指した急登を登り返すと徳倉山の山頂に着く。
画像

 手前に見える山が香貫山で、山肌は点々と桜花の白模様で染められている。富士山の笠雲が小鷲頭山で見た笠雲から広いつばの帽子に変わってきた。
画像

 暫しの休憩後、象の長い鼻の急斜面を鎖に捕まりながら下り、横山峠を過ぎて横山山頂を目指して進む。登山道脇にサルトリイバラの花が咲き始めていたし、ホウチャクソウは蕾を付けていた。
画像画像


 クロモジの枝にも花が咲き始めていた。
画像

 横山山頂を過ぎて急登をロープに捕まって降り、八重坂峠で舗装道路に出る。
画像


 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2010年04月15日 22:07
大トカゲ場、象山、千金岩とか愛称が付いているのは多くの人が登っている親しみのある場所だと言う証拠です。海と富士山が素敵に見えますし草花も多くなってきましたね。海に長閑に浮かぶヨットが昨日の画像に見られました。
2010年04月15日 23:24
こんばんは。
以前に伊豆から沼津に向かった時、右側に山々が見えて垂直に近い山があったように覚えています。沼津アルプスだったのでしょうか・・。
1月の記事を見せていただきましたが、急な坂を上るのですね。
真っ白な富士山に掛かる笠雲の変化も珍しく見せていただきました。ホウチャクソウ、サルトリイバラ、クロモジも可愛い花を咲かせていますね。高尾でも、先月の雪で倒れたクロモジ木がありました。小枝を折ると爽やかな香りがしていました。
2010年04月16日 15:08
信徳さん、今日は。
仰る通り、大トカゲ場、象山、千金岩は親しみやすい愛称ですね。我々は山の上で「(トカゲが石の上で日向ぼっこする様に)トカゲをきめました」が、この日は海上も穏やかでしたからヨットもトカゲをきめていた様です。海の上ですからトカゲはいないので、ラッコをきめていたのでしょうか(笑)。
2010年04月16日 15:18
杏さん、今日は。
確か、杏さんは伊豆から沼津へ向かって沼津御用邸に行かれたと記憶しています。御用邸に向かう道の右側に沼津アルプスの山々が見えますので正解です。沼津アルプスは低山の集まりですが急傾斜の道をアップ、ダウンしますので意外に大変です。富士山は一日の間にどんどん変化します。この日も同じで、様々に変化してくれました。私も、クロモジの木を見つけると、小枝を口にくわえて歩いていますよ(笑)。
寅太
2010年04月16日 23:55
そちらではクロモジが咲き始めまいした。
前回のフデリンドウの白い品種は変わってますね。
2010年04月17日 18:00
寅太さん、今晩は。
クロモジは香貫山でも咲き始めています。香貫山にもフデリンドウは咲いていますが白い品種は未だ見つけていません。香貫山も沼津アルプスの1山ですから有るかも知れません。探してみようと思っています。
hanatetsu
2010年04月18日 15:28
サルトリイバラの花、透明感のある淡黄緑色の花を付ける…、と聞きましたが見るのは初めてです。
カールしていて可愛い花ですね。
高尾へ行けたら探してみます。
2010年04月18日 23:28
hanatetsuさん、今晩は。
サルトリイバラは高尾山にもあると思います。目立たない花ですがマクロで見ると可愛い花です。サルトリイバラは雌雄異株ですから両方を探して見てください。