浅間嶺ウォーキング(最終回)

展望台~浅間嶺~フクジュソウ群生地

【展望台 12:35発】
 食事を終えても、天候は改善する傾向が無かったので下山する事とした。登って来た方向と反対側から降りて行くと上川乗バス停分岐を通って浅間嶺の広場に出た。
画像

 広場には小屋やテーブル、ベンチ、便所等があり良く整備されていた。広場の左上が先ほどまでいた展望台だ。
画像

 芝生広場の北端から御前山や大岳山が望まれたが、山の上部には相変わらず雲が掛かっていた。
画像

 ここからは3方向に下山ルートがあるが、時坂峠を経て北秋川橋バス停方向へ下山開始した。ここの道標では未だ北秋川橋バス停となっていて、払沢の滝入口バス停に修正されていなかった。
画像

 歩き始めると直ぐに雪が少しだが残っている所があった。
画像

 この所立て続けに高松山矢筈山と積雪に遭遇していたので今回も積雪を覚悟していたのだが、予想に反して雪が無かった。浅間嶺にも雪が残っていたが前日の雨で融けてしまったのだろう。
 枯葉の中の平坦な道を進み、
画像

 登山時に通過した分岐を時坂峠から払沢の滝入口バス停方向へと進んだ。
画像

 ここからは登山時と同じ道を戻ったので省略するが、フクジュソウ群生地の模様だけを以下に綴る。

【フクジュソウ群生地 14:00着】
 午後2時頃にフクジュソウ群生地に着いた。相変わらずの曇り空だったので午前中と変化はないだろうと考えて覗いて見ると、何と大きく黄色の花弁を開いていたではないか!
画像
画像

 斜面一面に星が散りばめられた様に黄色の花が咲いていた。
画像
画像

 民家の裏の急斜面にも咲き乱れていた。 
画像

 暫し、フクジュソウの群生に見惚れていた。同じ道を戻ったお陰で、今回の最大の目的を達成出来、嬉しかった。
 群生地より下った登山道脇にも株数は少なかったが綺麗に咲いていた福寿草があったので、これも以下に載せて置く。
画像
画像

 ともあれ、今回の目的のフクジュソウの群生を見ることが出来たことを感謝しながら、次の目的の払沢の滝へと向かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

寅太
2010年03月10日 20:58
凄い群生地ですね。フクジュソウだと秩父を連想しますが、東京にも素晴らしい所がありました。
高尾山の本にもフクジュソウが載っていますので、昔はこんな状態だったのでしょう。
実験結果では曇っていても10℃で開花でしたから、浅間嶺に行く時は温度計を持参ですね。
群生地に写っている民家では、みなさん100歳以上の長寿なんでしょうね。
2010年03月11日 18:28
寅太さん、今晩は。
桧原村は東京都ですから、ここで載せた福寿草は東京都に群生していたものですね。多分、高尾山も昔はこうだったでしょうね。
フクジュソウの開花実験結果では、曇っていても10℃あればOKでしたか。すると、浅間嶺の場合はこの条件で開花したのですね。
2010年03月11日 22:28
フクジュソウの群生地はよく咲いていて良いですね、風景としては咲き始めの時に見ると又感じも変わりそうですね。
2010年03月12日 15:20
OSAMIさん、今日は。
フクジュソウの咲き始めは葉が殆どない状態ですから、今回見た群生とは大分異なるでしょうね。もう一度、来年以降に見てみたいものです。
hanatetsu
2010年03月12日 15:39
福寿草の群生、見事ですね!
フクジュソウに限らず、黄色い花はなかなか難しく撮れないものですがアップ画像を含め素晴らしいです!!
2010年03月16日 17:57
hanatetsuさん、今晩は。
フクジュソウの群生を見る目的で出かけましたので、それが見れて良かったです。この日は日差しが出ていなかったので、黄色の花もハレーションせずに撮れたと思います。しかし、もう少し日差しがあったらどんな景色になったのだろうかと、欲張った気持ちにもなりました。