花沢山ウォーキング (番外編 東海自然歩道バイパスコース)

満観峰山頂(470m)~日本坂峠(302m)~花沢山山頂(450m)~JR用宗駅(<10m)

 今日は満観峰から花沢山を経由してJR用宗駅までを綴る。先ずは満観峰山頂広場の模様から綴る。
 山頂は広い芝生広場で、この日は日曜日でもあり大勢のハイカーがいたが、それぞれ好きな場所で昼食や休憩を取っていた。
画像

 山頂広場の北側には大きな杉の木を中心とした森があり、その根元には何故か小さなお地蔵さんが祭られていた。
画像画像


 山頂には小一時間程いたが、天候が改善する気配も無く富士山は見ることが出来なかった。

 実は3年前の2月11日に、この満観峰の南西隣に位置する高草山に登っている。下の画像中の山頂に鉄塔のある山がそれだ。
画像

 その時は天気も良く富士山を含めて四方の素晴らしい眺望が得られ、それを上記のブログに載せている。今回はそれを越えるものは得られなかったので山頂からの展望を割愛することとする。

【満観峰山頂 12:00発】
 花沢山を目指して南側にある登山口から下山を開始した。こちらの斜面に展開されている茶畑は綺麗に管理されていて、現在も茶の生産をしている様だ。
画像

 茶畑を過ぎると植生林中の道を進んだ。
画像

 登山道脇には赤い実を付けたミョウガに似た葉の植物が多く生えていた。伊豆・伊東市の大平山で見たハナミョウガの赤い実だった。
画像画像


【日本坂峠 13:05着】
 満観峰から約1時間下って鞍部に辿り着いた。ここが日本坂峠で、ここを左に下れば満観峰登坂途中で通過した茶店の御坂堂から小坂集落に至る。
画像

 この標識の下の方に水色で東海自然歩道バイパスコースと記されている。このバイパスについては今日の番外編で補足する。
 峠の片隅に、お地蔵さんが祭られていた。
画像
 
 花沢山へは日本坂峠を直進して急坂道を上り返す。20分ほど登った所で左方向が見通せた。左に満観峰、右に木の枝越しに丸子富士が見えていた。丸子富士は小さいが、富士山の様に左右対称の稜線を綺麗に引いていた。
画像

 登山道の両側に大きな反射板らしきものが現われた。
画像

 その脇の林の間から静岡市へ通じる東名高速道路が見えていた。
画像

【花沢山山頂 13:35着】
 花沢山の山頂は反射板のある登山道から数十m引っ込んだ場所にあった。
画像

 山頂は樹木に囲まれていて展望が得られなかったが、西方一角の樹木が切り取られて東名高速道路が見えていた。
画像

 日本坂峠から花沢山山頂の下には、東海道新幹線、JR東海道線、東名高速道路、国道150号バイパス等、日本の大動脈とも言うべき各線のトンネルが通っている交通の要所だ。
 
 花沢山頂からは急坂を下って行く。途中からは段々畑の石垣に付けられた狭い階段や荒れた沢を歩いたりとなる。舗装された林道に降り立った所で、ホッとした。
 林道を歩いて行くと、東海道新幹線の走っている音がした。木の間から新幹線が通過して行くところが見えた。
画像

【JR用宗駅 15:00着】
 この先、JR東海道線に沿った道を歩き、用宗駅に到着した。

<ハナミョウガ(花茗荷)>
  ショウガ科、ハナミョウガ属
<特徴>
  常緑の多年草、暖地の林内に生える
  草丈は40~60cm
  葉は幅5~8cmの広披針形
  茎の先に長さ10~15cmの穂状花序を出す
  唇弁は白色で、紅色の筋が入る。
  果実は長さ1.5cmほどの広楕円形で、晩秋に赤く熟す 

《番外編》 東海自然歩道バイパスコース
 東海自然歩道バイパスコースの標識は本文中の日本坂峠だけでなく、山頂やその他の所にもあった。
画像

 東海自然歩道バイパスコースに付いては昨年の1月7日薩埵峠ウォーキングの番外編で綴っている。その中で「静岡県内に、総延長141.7kmのバイパスコースは富士宮市猪之頭で本コースから枝分かれし、海側を経由して藤枝市蔵田で接続します。」と綴ったが、今回の満観峰山頂~花沢山~JR用宗駅の区間も東海自然歩道バイパスコースの一部だったと、帰宅して調べて判明した。多分、用宗駅付近にもこの標識があったと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2010年02月20日 00:12
東京などは2日に1日雪降りだとTVで報道していました。そちらもそんなに天気が良くはないのでしょう?晴れた日曜日には多くの人がハイキングを楽しんでいるのでしょうね。この時期に人が多いのに驚きました。
寅太
2010年02月22日 14:07
ハナミョウガとは驚きました。
大平山をクリックしたら、なんと名前があるではありませんか。
これにはびっくりで、今見ても名前はでてきませんね。
hanatetsu
2010年02月22日 16:40
伊東市大平山のハナミョウガの赤い実を拝見した時も思ったのですが、千葉県以西に分布しているというハナミョウガの花を見たいものだと思っています。
温室しかないかなあ~。

2010年02月23日 17:23
信徳さん、今日は。
静岡県のこの日の前後は雨でした。従って、雨には降られませんでしたが午後には雲が多くなり遠くの景色はハッキリとしなかったです。静岡県の山々は雪が降る確率が低いですから、冬場は山行の穴場です。従って首都圏からも来る人が多く、地元の人も含めると意外に多くの人に出会います。
2010年02月23日 17:26
寅太さん、今日は。
ハナミョウガの赤い実は寅太さんに教えて頂きましたよ。現地では名前を思い出しませんでしたが、大平山で見た記憶が有り、ブログを見直して名前を思い出しました。その節は有難うございました。
2010年02月23日 17:29
hanatetsuさん、今日は。
私も、まだハナミョウガの花は見ていませんが、資料で見ると綺麗なので是非見たいと思っています。満観峰や花沢山には沢山ありましたので、開花時期に合わせて登れば必ず見れるので、もう一度訪れてみようかと思っています。