ダルマ夕日

夕焼けショーのクライマックス

 今日は少し日にちが経過してしまったが、昨年の12月29日に沼津市の千本浜海岸で見る事が出来たダルマ夕日を綴る。ダルマ夕日とは11月から2月ごろ、夕日が海に没する時に見られる蜃気楼現象だ。先ずは、そのダルマ夕日の姿を見てもらおう。

画像


 ダルマ夕日は、気温が低く大気と海水の温度差が大きい日に現れる。太陽が水平線上に沈みかけた時、海面から上がる水蒸気の層を通る光が屈折してもう一つの太陽が海面に映し出され、二つの太陽が接すると、まるで海から「だるま」が顔をのぞかせているように見えることから「だるま夕日」と呼ばれている。
 だるまはやがてお椀を伏せたような形となり、あっという間に水平線に隠れてしまう。わずか数十秒間のドラマだ。

 この日は晴天で、風もなく夕暮れ時に千本浜海岸の防潮堤から見た駿河湾は、水平線には雲が無く上空には適度の雲が配置されていてダルマ夕日には絶好の舞台だった。その中でこの日の夕焼けショーは既に始まっていた。
画像
                     (16:31 撮影)

 ズームで夕日を覗いてみると、今にも海中に沈む所だった。黒く写っている海の上に見えるものは夕日の前を通過して行く漁船で、これから始まる夕焼けショーのクライマックスドラマの幕を引いている様だった。
画像
                     (16:36 撮影)

 上画像から20秒後に、海面に蜃気楼の太陽が映り始めてクライマックスドラマが始まった。
画像
                     (16:37 撮影)

 空の太陽が下がるに連れて、海面からも蜃気楼の太陽が立ち上がって来た。
画像
                     (16:37 撮影)

 そして蜃気楼の太陽が出始めてから25秒後に上下の太陽が接触してダルマ夕日がスタートした。
画像
                     (16:37 撮影)

 ダルマ夕日がスタートして10秒後、ダルマの首が太くなってきた。この段階がダルマ夕日として一番形の良いものと考えて、下の画像を今日のTOP画像に飾った。
画像
                     (16:37 撮影)

 ダルマ夕日がスタートして30秒後には、空の太陽は海中へ没し始めたと思われる。首のくびれが減って、蜃気楼の太陽はドーナツ状になり、全体として引っくり返した瓶の様になり、ダルマ夕日とは言い難くなってきた。
画像
                     (16:38 撮影)

 ダルマ夕日がスタートして60秒後には、首のくびれは更に無くなった。
画像
                     (16:38 撮影)

 ダルマ夕日がスタートして90秒後に首のくびれが無くなってお椀を伏せた様な形に変わった。この段階ではダルマ夕日とは言えない。ダルマ夕日の終わりを告げるかの様に、漁船が通り過ぎた。
 この後もクライマックスドラマの後半が進んで行った。
画像
                     (16:38 撮影)

 この後、太陽は鏡餅の様な半円になり、
画像
                     (16:39 撮影)

 海に浮かぶ大きなラクビーボールの様になり、
画像
                     (16:40 撮影)

 更に小さなラクビーボールに変わり、
画像
                     (16:40 撮影)

 最後は完全に海中へ没してこの日のクライマックスを飾るドラマが終了した。そして、海上を大きな船が終わりを告げる幕を引いているかの様に進んできた。
画像
                     (16:40 撮影)

 ダルマ夕日の観察と撮影は初めてであった。クライマックスドラマが終わって、防潮堤の上に座って、暫しその後も続いていた夕焼けショウーを満足感に浸って眺めていた。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年01月06日 21:35
素晴らしい夕日です。だるま夕日など言葉も知りませんでした。海が益々好きになりそうです。千本浜海岸一坪幾ら?一坪じゃ住めないか!
plysima
2010年01月07日 00:19
この日のだるま夕日は見事でしたね!まだもうしばらく千本浜からだるま夕日が見れますが、一昨年の記録だと1月17日の時点で、だるま夕日になりましたが、日没の場所が一部陸地にかかってきてしまっていました。それで2月は土肥の方まで行って写真を撮ったりしましたが…。今週末あたり、また見れるといいです。
寅太
2010年01月07日 18:30
これは素晴らしい。ダイヤモンド富士よりもだるま夕日ですね。
この時間帯に空が真っ赤に変わるのが不思議です。
「だるま夕日」という言葉があるのかと、ネットで調べたら、高知の宿毛が凄いようですね。
私の持っている古い広辞苑には載っていませんでした。
この15日には部分日食とだるま夕日が重なるので、左半分位のだるま夕日が見られるのだそうです。
高知の画像を上回る秀作で、良いものを見させていただきました。
hanatetsu
2010年01月08日 17:07
ダルマ夕日の終わりを告げた16:38の船影が見えず残念、もっと残念なのは18:40のしっかりと見える船影が夕日が幕を引いた時でしたね。
でも、しっかり“だるま夕日”をものにしました。
拍手です!!
2010年01月08日 17:50
信徳さん、今晩は。
ダルマ夕日は素晴らしかったです。その後、何度か千本浜に出かけているのですが、海面近くにある雲に邪魔されてダルマ夕日を見れません。一坪住宅に住み込んで(笑)毎日見ていないと難しそうです。一坪を確保しなくても、千本浜の松林には青いテントや配車に住み込んでいる人達もいますが・・・?
2010年01月08日 18:03
plysimaさん、今晩は。
その後、何度か千本浜に行っているのですが、最後の海面に落ち込む段階で今まで見えていなかった雲が現われてダルマ夕日を見れていません。たまたま訪れた、この日は今から考えると超ラッキーだったですね。
焼津の陸地に掛からないのは、あと1週間ですか。天気が良い日は毎日行きましょうかね。↑の寅太さんのコメントに「15日には部分日食とだるま夕日が重なるので、左半分位のだるま夕日が見られるのだそうです」が沼津で見れるかどうか解りませんけれど、チャレンジする価値は大いにありですね。plysimaさん情報では15日は焼津の島影に近づいているでしょうから、島影と左半分のダルマ夕日が見れるかも知れません。絶対に撮りたいですね!
2010年01月08日 18:11
寅太さん、今晩は。
15日に部分日食とだるま夕日が重なる情報を有難うございました。この日は是非とも千本浜に行ってきます。ダルマ夕日が見れると良いですが。↑でも述べていますが、その後ダルマ夕日に出会えていないのです。今からテルテル坊主に倣って達磨さんを吊るして置きましょうかね(笑)。
ズームで夕日を中心に撮影すると、この様に真っ赤になります。私のデジカメの特性かもしれません。
2010年01月08日 18:22
hanatetsuさん、今晩は。
私のデジカメではオート撮影でダルマ夕日を撮影したら海面が真っ黒になってしまったのです。しかも連写で撮影していたので露出が同じ状態で進んでいました。途中で連写を一時停止してみれば良かったかな、とも思っています。ダルマを撮るのに精一杯で、海面の方までは目が行き届いていませんでした。次回に再挑戦してみたいと思いますが、その後なかなかダルマが出てくれません。
2010年01月08日 23:01
ダルマ夕日は珍しいですね、ダルマ夕日が出来るまでの過程もよく分かりますし、素晴らしい形のダルマ夕日を楽しませて頂きました。
2010年01月09日 14:50
OSAMIさん、今日は。
ダルマ夕日にはその後なかなか出会えていません。なかなかの気難しがりやの様です。↑の寅太さん情報の15日には再度、見に行きますが、ダルマが出ることを期待しています。