私の滝百景  河津七滝・かに滝

かに滝(静岡県河津町)

 今日は河津七滝の中で、上流から5番目の「かに滝(かにだる)」を綴る。

画像


 今日も最初に七滝めぐり案内図を載せておく。この七滝めぐり案内図は、ここ「かに滝」に近い遊歩道脇に設置されていたのだった。
画像


 初景滝から河津川下流を見渡すと川沿いの遊歩道脇から山の上まで綺麗に紅葉していた。その紅葉が川面にも映っていたのだが、写真では露出の関係で暗くなってしまった。
画像

 その紅葉を見ながら次の「かに滝」へ向かうと、川縁に大岩成就(だいがんじょうじゅ)の立て札と説明板が立っていた。
画像

 以下に説明板の内容を略記する。「この岩が、人が手の平を合わせた姿に見えたところから、この岩を拝み石、頼み石、願い石と呼ぶようになった。そして3個の小石を手に持ち、念じながらその小石を川の中ほどにある大きな岩の上の受け皿に投げる。一つでも上手く入れば、願い事が叶う。これを大願成就にかけて大岩上受と言う」と書かれている。立て札は大岩成就とあるが、説明板の記述の様に大岩上受の方が面白い。
 本当に大願成就するならば、小石3個100円は安い物だが・・・。
画像画像


 この先、遊歩道は紅葉した木々が続き、暫し紅葉狩りウォーキングとなった。
画像
画像
画像画像


 またまた踊り子と私の像があった。近くには過去6回のヒロインの名前も記してあった。6回目が昭和49年だったとある。伊豆の活性化の為にも、そろそろ7回目があっても良さそうだが・・・?
画像画像


 紅葉まだ続いた。
画像
画像

 紅葉に気を取られていて危うく、かに滝の標識を見落とす所だった。
画像

 標識の横を通って川岸へ降り、暫く歩くとかに滝が見えた。
画像

 高さ2m、幅が1mと七滝の中では一番小さい滝だ。名前の由来は、周囲の岩が蟹の甲羅に見えるからと言うが、どの岩が甲羅に見えるのだろうか?
 かに滝を離れる時、下流を見ると清流の上を真っ赤なイロハモミジが覆っていた。
画像

 これを滝の後ろ側に欲しかったのだが・・・。

 明日に続く。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年12月10日 20:15
何でも奉納してお賽銭を貰う方式なんでしょうか?カニ滝よりも紅葉滝にしておいた方が良さそうですね。落差が無くて横に広がっていればカニの横ばいか何かで説明は付けられそうですが。このところ忘年会で忙しくまともなコメントが出来ず済みません。
寅太
2009年12月10日 20:52
河津は紅葉がないと失礼なことを言いましたが、綺麗な紅葉がちゃんとあります。
大岩上受は面白い。これを考えた人は素晴らしい。石は繰り返し使えるし、管理もいらないので、完璧に黒字ですね。「入った人は1個お持ち帰り下さい」でも良いのでは。
田舎に別名合格神社というのがあって、これは「ご」や「五」を書くと合格(ごを書く)するということで、これも石で商売(失礼)している。
伊豆の踊り子はさすがにその時代の人気俳優ですね。昭和49年から次がないということは、このカップル以上の二人が現れないということでしょう。
2009年12月10日 21:30
希望する所に思うように紅葉が無かったようですが、散策道のほうには綺麗な紅葉が素晴らしい景観になっていますね。
hanatetsu
2009年12月11日 10:00
かに滝、周りの白い岩石と水の色が素敵で今までの滝の中では一番好きな画像です。
伊豆の踊子、今度は石造のようでちょっと小ぶりかな?
2009年12月11日 18:45
信徳さん、今晩は。
3個100円でも、多くの観光客が奉納していましたから、毎日結構貯まるでしょう。それをどうするか・・・?蟹の横ばいですか?そうとも見えますね(笑)。
2009年12月11日 18:57
寅太さん、今晩は。
滝の周りの木が鬱蒼としている所では、紅葉が未だでしたが、渓流や道路脇の離散した木々は綺麗に紅葉していました。そうですね、大岩上受は河津七滝の観光ヒット商品かもしれませんね。結構の日銭が集まるように感じています。ごを書く、大岩上受も駄洒落の世界ですが、儲かればヒット商品です。現在の芸能界には踊り子が似合うカップルがいないか、7回目の映画化をしても見る人が集まらないのかも知れませんね。
2009年12月11日 19:00
OSAMIさん、今晩は。
そうですね、清流の側の紅葉を、滝の側に欲しかったです。滝の見物が紅葉の見学になってしまいました。
2009年12月11日 19:11
hanatetsuさん、今晩は。
hanatetsuさん同様、パンフレットにはカニ滝は「白い流れと緑のコントラストが美しい。美しい渓流の中ひっそりと佇む小さな滝です」と有りました。そうですね、こちらの踊りこの方がスリムに見えました。顔や体つきが百恵の雰囲気に似ていました。
ラピュタの妖精
2010年10月11日 14:27
伊豆をお楽しみいただき、ありがとうございます。
その後の河津七滝、大滝と大滝温泉天城荘をお便りしてます。
またのご来館を心よりお待ちしております。

ブログ『萬葉の温泉天国・天城荘』でお福分け中。
http://plaza.rakuten.co.jp/amagisou88888888/
オフィシャルサイトはこちらです。
http://www.amagisou.jp/index.html

  伊豆 大滝温泉天城荘
大滝(おおだる)温泉天城荘
2012年07月24日 14:00
“水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!

 こんにちは。
 こちらは、映画『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』のロケ地、伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘でございます。お世話になっております。
 昨年(2011年)9月の台風被害復旧が捗らず(※主に私有地内に町が施工管理する大滝一般見学者のための遊歩道)、余儀なく約半年間の休館をいただきながら独自に再開への備えを進めてまいりました。おかげさまで、大勢の皆さまからの応援とご協力によりこのゴールデンウィークに大滝(おおだる)温泉天城荘の営業を再開できました。多くの皆さまにまたおもてなしをさせていただけるようになりましたこと、ご当地の文化・経済・観光等に社会貢献できますこと、本当に感謝でございます。
 再スタートによって明確になった新たな課題や台風被害復旧の継続作業部分等もあります。真摯に、今後もコツコツ個性に磨きをかけて、一人でも多くの皆さまの健康と幸福のお役に立ちたいと存じます。
 これからも『テルマエ・ロマエ』『ノルウェイの森』ともども伊豆の大滝(おおだる)温泉天城荘、名勝河津七滝(かわづななだる)、国指定重要文化財天城山隧道、河津桜まつり等、何卒宜しくお願いします。
 皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます。
 “水の国・日本♪湯の国ニッポン♪”ともに頑張ろう日本!
☆ 突然で驚かれましたよね。このご縁、この思いが届けられればと願っております ♪