滝戸山ウォーキング(前編)

中道民芸館(410m)~滝戸山登山口(500m)~滝戸山山頂(1,221m)

 先週末から今週初めにかけて富士山周辺の4箇所を歩いてきた。その中で見た富士山の姿を昨日までの3日間で、先行して綴った。今日からは、それぞれのウォーキングの模様を綴ることとする。
 甲府盆地の南部にある滝戸山へは12月18日に行って来た。スタート地点の中道民芸館前にあった案内図からこの日のルートを切り抜いて以下に載せる。

画像

【中道民芸館 9:20発】
 天気は良かったが冷たい空気の中で中道民芸館前をスタートした。
画像

 逆光の朝日に照らされたススキの穂を見ながら滝戸山林道を進む。
画像

 15分程歩いた所で御殿滝への案内板が立っている橋を越えた。この橋の下に滝が有る様だが、入口はもう少し先にあるのだろう。
画像

 100m程進んだ所に御殿滝入口があった。林道から緩やかに下る側道を橋の方に戻ると、東屋の向こうに滝が見えてきた。
画像

 落差は10m位だっただろうか?小振りだが3段で、なかなか形の良い滝だった。
画像

【滝戸山登山道入口 9:45着】
 林道に戻って先に進むと、直ぐに滝戸山登山道入口に着いた。
画像

 体温調整を兼ねて休憩を取った。緑色の見慣れた「やまなしの森林100選」の看板が立っていた。冒頭の案内図には3箇所に自然記念物の樹林があると記されているが、これがその内の一つだった。
画像

 自然記念物に選ばれたのは滝戸山のシラカシ林で横にはその説明板も立っていた。
画像

 看板から目を上に転じると、この冬の寒い時期でも鮮やかな緑色の葉を付けた林が広がっていた。
画像

【滝戸山登山道入口 9:50発】
 シラカシ林を抜けると杉や檜の植生林の道を進む。登山道は結構急登で、右手下を流れる滝戸川の爽やかな水音に癒されながら登る。
画像

 道は沢沿いから離れて落ち葉が分厚く積もった道に変わると、カサカサと心地良い音に気を紛らせながら急登を進んだ。
画像

【山頂まで1.5km標識 10:35着】
  山頂まで1.5kmの標識の所で少し休憩を取った。
画像

 少し先に進むと、右手に視界が広がって甲府盆地が見渡せた。市街地の向こう側にある山には雲が架かっていた。この寒さでは雪が降っているのだろう?
画像

 この周辺には早春になるとカタクリの群生が見られると資料にある。その頃訪れてみたいものだ。
 車の音がしたので見上げると大窪鶯宿(おおくぼおおしゅく)林道の白いガードレールが見えた。
画像

 この辺りにもカタクリの群落があると言う。この厚く積もった落ち葉の下で春が来るのを待っているのだろう。
【山頂まで0.9km標識 11:20着】
 枯れ沢を渡って斜面をトラバースして進むと尾根に出た。山頂まで0.9kmの標識が現われて、そこで休憩を取った。
画像

【山頂まで0.9km標識 11:25発】
 ここからは細い尾根道の急登になる。葉を落とした樹木の間から遠景を見ながら進む。
画像

 山頂まで0.14km標識の付近で日陰山からの主稜線に合流すると、なだらかな登りになった。
画像

 南無妙法蓮華経と刻まれた小さな石碑が有った。
画像

【滝戸山山頂 12:05着】
 石碑を過ぎると、直ぐに滝戸山の山頂に着いた。標高差約800mを2時間45分かかったが結構きつかった。
画像

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年12月25日 20:42
ダイヤモンド中道民芸館ですね!落ち葉を踏締めながらのウォーキング、楽しそうです。
2009年12月26日 12:15
小さくでもなかなか綺麗な御殿滝が良いですし、シラカシ林の付近の滝もなかなか良い様にみえます、山は冬枯れですね。
2009年12月26日 17:27
信徳さん、今晩は。
逆光になっているのは意識していましたが、建物の天辺に太陽が来ているとは知りませんでした。将にダイヤモンド中道民芸館ですね。これを意識して撮影していたら凄いですが、全くの偶然です。
未だ落ち葉が1枚1枚完全な葉の形をしているし、良く乾燥しているので踏みつけるとカサカサ心地良い音がします。しかし、注意しなければいけなのは、石ころや木の根っこが隠れているので、足を取られない事です。調子に乗って歩いて、時々足を取られてしまいました(笑)。
2009年12月26日 17:31
OSAMIさん、今晩は。
そうですね、この御殿滝は小さかったですがなかなか形の良い滝でした。もっと水が多いと更に良かったと推定しました。山は完全に冬枯れで草花観察の楽しみは全く無いです。
寅太
2009年12月26日 17:47
シモバシラと思っていましたが、もう滝戸山です。この山は1,221mもあるんですね。山梨にはあまり聞かない山でもかなり高い山があります。
この季節はまったく何もありません。春の花が咲くころに訪れたいですね。
案内図から一言。「右左口の里」は「うばぐちのさと」です。
ここはもと甲府住民というところです。
hanatetsu
2009年12月27日 15:59
この時期のシラカシの緑はとても綺麗ですね。
また、10メートルの落差だそうですが、御殿滝もなかなかのものです!
2009年12月27日 17:25
私の富士山百景を先に載せてから、時間を1週間戻して富士山の周りをウロウロした順に綴り直していますので高尾山のシモバシラはもう少し先になります。滝戸山は山梨百名山の一つですがあまり人気が無いようですね。カタクリの咲く時期は賑わうかもしれません。この頃にもう一度訪れようと考えています。流石、元甲府住人ですね。普通、「左右口」を「うばぐち」とは読めませんよね。
2009年12月27日 17:29
hanatetsuさん、今晩は。
落葉した林を見慣れた目には常緑樹の緑は目に優しいですね。その中でもシラカシの緑は新緑のようで綺麗でした。そうですね、御殿滝はもう少し水量が多かったらもっと凄かったと思います。私の滝百景に入れようかと思っています。