私の滝百景  鮎返しの滝

鮎返しの滝(静岡県三島市)

 裾野市の不動の滝は大場川支流の泉川にある事を12月15日に綴った。今日は、その大場川の下流にある鮎返しの滝を綴る。落差は6m。

画像


 鮎返しの滝は、三島市内を流れる大場川沿いの上岩崎公園に隣接した地点にある。
画像画像

 
画像

 この滝も市街地を流れる大場川沿いにある為、残念ながら川岸には民家が迫っている。
画像

 滝の上流にあるすこやか橋の横から川を覗いてみると、ここでも落差は小さいが滝になっている。
画像画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

寅太
2009年12月19日 22:30
かなり良さそうな滝なのに民家があって残念です。
1枚目と5枚目が同じとは思われません。鮎返しとは鮎が登れないということでしょうか。
伊豆の地震がこちらでも日に数回は感じます。こちらにいてもかなりですから、現地では大変でしょう。
早く収まって欲しいです。
hanatetsu
2009年12月20日 15:39
鮎返しの滝、滝傍の民家はそれなりに面白いと思いましたが、親水より治水からか灰色のコンクリート護岸の方が残念ですね。
2009年12月20日 16:16
落差は小さくてもオーバーハングになっている滝のようですから、魚が登るには困難な滝のようですね、アップの画像はとても迫力があります。
2009年12月21日 12:09
落差はそんなにないのにアユが登って行けないのは水量が多いからでしょう。この量だとアユが可哀想です。地震も多いようですが心配ですね。早くおさまってくれれば良いのですが。
2009年12月21日 19:58
寅太さん、今晩は。
岸辺に民家が迫り、岸がコンクリートで護岸されているのは残念です。平地を流れる大場川の為ある程度は仕方ないですが、もう少し自然さを残してくれてあると良いと思います。鮎返しとは鮎が登れないということだと思います。
伊豆地震の震源地は伊東市なので沼津市ではそれほど強い揺れにはなりませんでした。大きな地震の前兆でないことを祈っています。
2009年12月21日 20:05
hanatetsuさん、今晩は。
仰る通りですね、もう少し自然さを残した護岸方法が無いものかと思っています。これからは、治水だけでなく親水面も考慮して欲しいですね。この上岩崎公園は川沿いの親水公園でもあると思います。
2009年12月21日 20:08
OSAMIさん、今晩は。
落差が6mですが垂直に落ちていますので魚は上流には登れないのでしょうね。鮎返しの滝の名前の由来だと思います。
2009年12月21日 20:13
信徳さん、今晩は。
そうですね、鮎が登れない理由に水量が多いこともあるかも知れませんね。伊東で地震が群発していますが、大きな地震の前兆で無いことを祈っています。