私の滝百景  五竜の滝

五竜の滝(静岡県裾野市)

 裾野市での滝巡りの次は五竜(ごりゅう)の滝。昨日の不動の滝は大場川支流の泉川の滝だが、五竜の滝はJR御殿場線を挟んで反対側を流れる黄瀬川の滝だ。大場川の水源は箱根外輪山だが、黄瀬川の水源は愛鷹山や富士山で、両滝は直線で1km強しか離れていないが水源は異なる。

画像


 滝壺の前に有った説明板を以下に載せる。上の画像は3条の滝なので雄滝だ。
画像

 2条の雌滝は雄滝の東側(雄滝に向かって右側)にあり、樹木に囲まれていて見え難くい。
画像

 両者を1枚の画像に収める為にパノラマで撮影した。雌滝が暗くて見えないので黄色の楕円で括ってある。雄滝と雌滝は大分離れている。
画像

 上の説明板には皇族方も来訪されたとあるが、別の資料には昭和天皇も行幸されたとある。
 この滝も不動の滝と同様、平地を流れる川の滝なので、現在では滝の回りには民家が多くあり景色を台無しにしてしまう。滝の下流から見ると、滝の上の民家が邪魔だ。
画像
画像

 皇族方や新田次郎、若山牧水が訪れた頃は、この民家は見えなかったのだろう。滝の前には吊橋「五竜のかけ橋」が架けられている。吊橋から見た雄滝の姿を極力民家を避けて撮影した。
画像

 滝壺の水が濁っているのは、前日の雨の為だろうか、それとも生活排水の為だろうか?しかし、明るい陽を受けて滝壺の回りには薄っすらと虹が架かっていて彩を添えてくれていた。
画像

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年12月16日 21:39
見る位置によって上流の民家が見えるのは残念ですが、最初の写真のカットでは岩や滝壺の迫力があって素晴らしい滝ですね。
寅太
2009年12月16日 23:52
最初と最後の画像は最高です。滝の向こうに海でもありそうです。
しかし海ではなく、民家があるのですか。
皇族や有名人の景勝地で、しかも県の天然記念物なら、市の条例で建物を建てられないようにしましょう。このまま放置すると、滝のすぐ上に民家ができてしまいます。
2009年12月17日 09:03
兎に角水量の多いのに驚かされます。一つの滝はそんなに大きくはないのですが数が多いのと水量が多いですね。
2009年12月17日 19:16
OSAMIさん、今晩は。
一番上の画像は、滝の上に民家が見えない角度を探して撮影しました。何処から見ても民家が見えなければ良いのですが・・・。
2009年12月17日 19:24
寅太さん、今晩は。
平地を流れる川に架かっている滝ですから滝の向こうは空が綺麗に写りました。この空の下に海が有ると見えたのですね。言われて見ると、その様にも感じますね。
仰る通り、何らかの制限がないと名勝地の景観が失われてしまいますね。この先で綴る滝でも邪魔な建物が多くあり、ガッカリしています。
2009年12月17日 19:30
信徳さん、今晩は。
この滝は富士山の水系ですから、地下からの湧水も含まれているので水量は多いのでしょう。富士山が大量に溶岩流を吐き出したので、あちこちに滝を残してくれたのですね。この黄瀬川自体が溶岩流の跡に出来ている川ですので川底はゴツゴツした岩で出来ています。
hanatetsu
2009年12月20日 15:29
五竜の滝、1枚目は3匹しかいませんがこれだけでも十分な迫力と美しさです。素晴らしいですね!
2009年12月21日 19:44
hanatetsuさん、今晩は。
そうですね、五竜の滝は雄滝の3匹が中心で、雌滝の2匹は樹の中で控え目にしています。民家が迫る中で堂々とした滝ですね。