箱根湿生花園の花(その54)

カエデ ウォッチング ラリー(最終回)

 「いろいろなカエデ」は今日も載せておきます。
画像
           「いろいろなカエデ」」(2回クリックでもう少し拡大します)


 次は⑧に向かいます。
画像

 これは、いろいろなカエデの分類では「丸い葉」に属する。
画像


 次は⑨に向かいます。このカエデも見事に紅葉していた。
画像
画像画像


 葉裏の脈の付け根に毛があるのか、膜があるのか調べてみた。どうも毛は無くて膜があるようだ。
画像画像



 次は⑩に向かう。
画像

画像画像






 終点に有った回答は、本ブログに続けて別のブログ(本日夜間に公開)に載せることとします。ご面倒をお掛けしますがそちらを見てください。

 リーフレットのいろいろなカエデに分類されていた、「三つ葉」の種類がウォッチング ラリーに登場しなかったので、園内で見たメグスリノキの紅葉を最後に載せる。
画像

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年11月06日 08:39
今日の問題は分かりやすいでした。⑧チドリカエデ ⑨ホソエカエデ ⑩コミナカエデ もう少し勉強すれば紅葉博士モドキになれるかな(笑)、駄目でしょうね。
hanatetsu
2009年11月06日 10:11
メグスリノキが登場して安心しました。
当方のブログではカエデ科はイロハ、ハウチワ、トウとメグスリ4種のみで、それも花や実が主体です。
10種のうち、これだと分かったのは数種で"赤点"でした。
寅太
2009年11月06日 20:36
自己採点の50点が、なんと0点とは(やはり恥の上塗りでした)。きょうはわかっていますが参加しません(???)。
最後のメグスリノキは答えたかったのに。津久井に他県の天然記念物よりも大きなメグスリノキが発見され、その紅葉を見に昨年バスで向かいました。
忘れもしません、同じ路線のバスに同じ名前のバス停「小沢」があり、途中から反対側に連れて行かれた事件です。
この時は、赤いメグスリノキでなく、相模原市田名にある水族館で、少し目が赤いようなウーパールーパーを見て帰ってきました。
今年はリベンジです。メグスリノキの巨木の紅葉、ご期待下さい。
2009年11月06日 21:10
信徳さん、今晩は。
全て正解です。これでは正解をわざわざ夜まで遅らせる必要も、公開する必要も無かったですね。しかし、準備してありますので、公開させてもらいます(笑)。
2009年11月06日 21:21
hanatetsuさん、今晩は。
一口でカエデと言っても色々の種類があるのですね。私はメグスリノキがカエデの一種類と、今回初めて知りました。これから一つ一つ覚えていかないとダメですね。
2009年11月06日 21:32
寅太さん、今晩は。
昨日の問題はあまり良くなかったですね。悲観しないで下さい。
思い出しました。路線バスの会社にクレームを付けて、バス案内を変更させた事件ですね。あの時はメグスリノキを見に行く目的だったのですか?今年は間違えずに行ってきて下さいね。大きなメグスリノキの紅葉を期待しています。
2009年11月06日 22:33
こんばんは。
答えが出ていますね(笑)
⑧チドリノキ(干潟の鳥)⑨ホソカエデ(葉脈の付け根が膜状)⑩コミネカエデ(葉が5つに分かれ中央が一番大きい)
と思いましたがタイムオーバーでした(笑)
メグスリノキが鮮やかな色に紅葉していますね。高尾山でもケーブルカーの近くにありますが、もう少しのようです。
2009年11月06日 23:46
杏さん、今晩は。
タイムオーバーは無視をして、今回も全て正解です。従って、10問全て正解ですね。おめでとうございます。カエデ博士の称号を贈りますが、何も権威が無いのが残念です(笑)。高尾山のメグスリノキの紅葉を何かの機会に見せていただければ幸いです。