箱根湿生花園の花(その52)

カエデ ウォッチング ラリー(その1)

 今日は箱根湿生花園で行われていた「カエデ ウォッチング ラリー」をブログ上で再現することとした。
 カエデ ウォッチング ラリーとは、起点に置かれたリーフレットを持って、園内の10箇所に生えているカエデを観察しながら、リーフレットとその場所に書かれているヒントを参考にしてカエデの名前を当てるクイズだ。
 起点に立てられた案内板を以下に載せる。
画像

 各ポイントには次のポイントへの標識が立っているので、上の地図を頭に入れてなくとも間違いなく進める。
 次に、リーフレットに記載されている「カエデあれこれ」と「いろいろなカエデ」を以下に載せる。
画像
         「カエデあれこれ」(2回クリックでもう少し拡大します)
 意外にカエデに付いて知らなかったので勉強になった。

画像
            「いろいろなカエデ」」(2回クリックでもう少し拡大します)
 この様に整理されていると解り易い。

 早速、①に向かってスタートしよう。

画像
画像画像


 答えは終点に有ると言うので最終回に載せます。それまで答えをメモに残しておいて下さい。

 次は②に向かいます。

画像
画像画像



 次は③に向かいます。

画像
画像画像


 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

寅太
2009年11月04日 09:39
これは難しい。1はイロハモミジです。あとはわかりません。ヒントからは猿はエンですね。
33点で樹木は合格点が付きませんでした。
葉はなぜ紅葉するのかは、たいへん勉強になりました。離層で遮断され、糖分が茎に運ばれず、赤い色素の成分に変わるんですね。
高尾で早速この知識を披露します。私などはちょっと飲むと、離層ができないのにすぐに赤くなります。
2009年11月04日 17:59
カエデの種類は沢山あって良く分かりませんが葉の裂葉状態、裂葉数、大きさなどから判断するそうです。それによると①イロハモミジ、②イタヤカエデ、③オオモミジ・・・になります。カエデ博士になれるかな(笑)。
2009年11月04日 20:32
箱根湿性花園は楽しみながら勉強が出来ますね。
花の無い時期でも紅葉や実などが楽しめますね。
青空に紅葉が奇麗です。
hanatetsu
2009年11月04日 21:57
すっごく勉強になりました。
この項は、楓観察の際の参考にさせて頂きまーす。
2009年11月04日 22:16
こんばんは。
カエデの種類は多いですね~。
葉の切れ込み、大きさなどでも沢山の種類がありますね。
①イロハモミジ、②エンコウカエデ、③オオモミジでしょうか・・。
綺麗な紅葉を眺めながらの「カエデ ウォッチングラリー」色々と勉強になりますね。お天気に恵まれて鮮やかなイロハモミジが綺麗です。
2009年11月04日 22:17
カエデもモミジもいろいろで、この様に整理されていると分かりやすいですね、勉強になります。
2009年11月05日 06:53
寅太さん、お早うございます。
①はOKです。②のヒントからは猿はエンですので、エンの付く品種ですね。植物博士になった積もりで、紅葉の仕組みを講釈して下さい。皆さんビックリすることでしょう。
2009年11月05日 07:01
信徳さん、お早うございます。
①はOKです。②はイタヤカエデの変種とのことですのでほぼOKですが、リーフレットに記された品種の中からイタヤカエデと同じ仲間を選んでください。③はOKです。
今日は、カエデ博士の一次試験は条件付で合格ですね。明日と明後日でどうなるか(笑)?
2009年11月05日 07:04
ミニミニ放送局さん、お早うございます。
今回は花の勉強がカエデの勉強会になりました。今まで、カエデは良く解っていませんでしたから、とても勉強になり良かったと思っています。
2009年11月05日 07:09
hanatetsuさん、お早うございます。
私も、カエデの知識は無かったので勉強になりました。本記事が役に立てば幸いです。是非とも、ご活用下さい。
2009年11月05日 07:13
杏さん、お早うございます。
①、②、③全て正解です。明日、明後日も頑張って下さい。
私は、カエデの知識は殆ど無かったので今回の湿生花園行きは勉強になり、得した気分で帰ってきました(笑)。
2009年11月05日 07:17
OSAMIさん、お早うございます。
カエデの種類は多くあり、どれも似ているので名前を覚えるのは初めから投げ出していましたが、今回の分類で勉強してみようかと、考えています。