箱根湿生花園の花(その50)

イヌウメモドキの実、クロウメモドキの実

《イヌウメモドキ(犬梅擬)の実》
 ウメモドキの赤い実に似た実が生っていた。標識にイヌウメモドキとイヌが付いていた。
画像画像


 帰宅して調べるとウメモドキと良く似ていて区別点は、ウメモドキは葉裏面の脈上・葉柄・花柄・若枝に毛が有るが、イヌウメモドキは無毛とあった。
 ウメモドキに付いては2007年6月に香貫山の植物で綴ったが、今それを読み返したが毛の有無は不明であった。これから先、両者を確認してみようと思う。

<イヌウメモドキ(犬梅擬)>
  モチノキ科、モチノキ属
<特徴>
  落葉低木、低地のやや湿った林に生える
  花期は6月/下~7月/上、雌雄異株
  ウメモドキは葉裏面の脈上・葉柄・花柄・若枝に毛が有るが、イヌウメモドキは無毛
  箱根には普通

《クロウメモドキ(黒梅擬)の実》
 イヌウメモドキとは別の場所に、実の大きさはほぼ同じだが、真っ黒の実を付けた木があった。標識にクロウメモドキとあった。
 イヌウメモドキはモチノキ科だが、クロウメモドキはクロウメモドキ科で 別の科だ。
画像画像


 上のイヌウメモドキで述べた香貫山の植物を読み返すと、実が白色のシロウメモドキもあると記述してあった。
 シロウメモドキはモチノキ科でウメモドキやイヌウメモドキと同じ仲間だが、クロウメモドキは別の科とはややこしい。

<クロウメモドキ(黒梅擬)>
  クロウメモドキ科、クロウメモドキ属
  名前の由来:ウメモドキの赤い実に対比させた
<特徴>
  落葉低木、山地の湿地に多い
  5/上~5/中に淡黄緑色の花を咲かせる
  秋に最初は茶色、後から真っ黒い実となる
  雌雄異株
  箱根にも有るが少ない

《園内の紅葉風景(その2)》
 仙石原湿原植生復元区の木道から園内の方を見ると、枯れ草の湿原越しに紅葉した木が一列に並んでいた。後に見える尖った山は金時山で、金時山も綺麗に紅葉していた。
画像

 一番綺麗に紅葉している木をズーム拡大すると観光客が記念写真を撮っていた。  
画像

 明日に続く。

この記事へのコメント

2009年11月02日 12:32
ウメモドキは公園などダも良く見るのですがイヌウメモトセキは初見ですし、珍しいクロウメモドキというのもあるのですか、科が異なるややっこしい名前ですね。
hanatetsu
2009年11月02日 14:24
イヌウメモドキもクロウメモドキも初見です。
ウメモドキの果実は撮ったのですが、肝心の花は撮っていません。
遡って"香貫山の植物"を拝見し、綺麗な花にうっとりです。
来年こそ撮らなくてはと思っています。
2009年11月02日 14:33
イヌはつくと役立たずとバカの一つ覚えです。ウメモドキは観賞用(いけばな)位にしか役に立っていないと思います。それより役立たずとは?綺麗な赤い実ですからイヌとは失礼ですね。
2009年11月02日 16:48
こんにちは。
ウメモドキの実は見ていましたが、イヌウメモドキは初めてです。
枝に付いた真っ赤な実はウメモドキに良く似ていますね。
クロウメモドキも初めてですが、同様な大きさで実の付け方も似ていますが、同じウメモドキでも科が違うようですね。
秋色に染まった湿原の向こうには黄色や赤に紅葉した木々が綺麗です。
後方に連なった金時山などの山々も色づいているようですね、青空に白い雲が流れて秋の綺麗な風景ですね。
寅太
2009年11月02日 18:50
これは困りました。私はウメモドキにしているでしょう。さすがに黒い実はウメモドキにしませんが。イヌウメモドキは無毛なんですね。良く見たことがありません(宿題ができた)。
クロウメモドキもかわっていますね。見たことはないと思います。
この赤い木は見事だったんでしょう。
2009年11月02日 19:01
今晩は
イヌウメモドキもクロウメモドキも初めて見ました。
紅葉も今日のようにの寒い日が続くと間もなく枯れ葉状態となるのでしょうね。
2009年11月02日 20:01
OSAMIさん、今晩は。
私もウメモドキは良く見ていたのですが、イヌウメモドキは初めてでした。葉の裏に毛が有るか、無いかで品種を区別する必要があるのかどうか、疑問の残る所ですが、継続して観察をしてみようと思っています。
2009年11月02日 20:50
hanatetsuさん、今晩は。
そうですね、ウメモドキの赤い実は綺麗で目立ちますね。花も小さいですが意外に可愛い花です。是非とも見てやってください。過去のブログを見て、シロウメモドキもあることを思い出しましたので、私は是非とも白い実を探してみようと思っています。
2009年11月02日 20:55
信徳さん、今晩は。
そうですね、何故イヌが付くか、?です。どちらも綺麗な赤い実で鑑賞に役立ちますね。葉の裏に毛が有るか、無いかの違いだけのようなので区別する必要は無いと思っています。人間だって毛の無い人も、ある人も区別されていません(笑)。
2009年11月02日 21:00
杏さん、今晩は。
ウメモドキもイヌウメモドキも良く似ています。葉の裏に毛が有るか無いかで区別されている様です。クロウメモドキは実が真っ黒になっていますので区別は容易です。木々の紅葉だけでなく、ススキの穂も銀色に輝いていて、仙石原は秋の景色でした。
2009年11月02日 21:11
寅太さん、今晩は。
横に標識が無ければウメモドキの赤い実と綴ったでしょう。しっかりとイヌウメモドキと記されていましたので間違いは無いでしょう。私も香貫山のウメモドキの毛の有無を確認してみようと思っています。ウメモドキにはクロの他にシロもあります。是非探してみて下さい。
先を読まれました!この赤い綺麗な紅葉は明日も出てきます。
2009年11月02日 21:16
chiharuさん、今晩は。
ウメモドキにも色々の種類があり、ビックリしています。箱根も紅葉の最盛期にはいりました。そして落葉すると冬本番に突入ですね。時の経つのは早いです。