箱根湿生花園の花(その49)

トウテイラン、コムラサキの実

 一昨日、箱根湿生花園に久し振りに行って来た。前回、同園を訪れたのは8月14日だったので2ヶ月半ぶりだった。園内はすっかり秋の景色に変わっていた。咲いている草花も少なく、木の実や紅葉を中心に見てきたのでその模様を何回かに分けて綴る。

《トウテイラン(洞庭藍)》
 草花で初めて見たものは、このトウテイランだった。
画像画像


 この花は、箱根湿生花園(その47)で綴ったルリトラノオやヒメトラノオに良く似ている。しかし、トウテイランの葉や茎には白い毛がはえていて全体的に白っぽく見えるので判別は容易だ。

<トウテイラン(洞庭藍)>
  ゴマノハグサ科、ルリトラノオ属
  名前の由来:花の色が中国の洞庭湖の水のように青く美しい
<特徴>
  多年草、京都府から鳥取県までの海岸に生える
  8~9月咲き
  15cm程度の長い花穂が出る
  青紫色の鮮明な花、花冠は4裂し花径8mm程度
  葉や茎全体に白い毛がある
  草丈50cm以内

《コムラサキ(小紫)》
 湿原区の池の縁にコムラサキの実が綺麗になっていた。
画像画像



<コムラサキ(小紫)>
  クマツヅラ科、ムラサキシキブ属
<特徴>
  落葉低木、山地の湿地に稀に生える  
  3~7月に開花、葉脇に薄紫の小集団花を咲かせる
  10~11月、紫に実が色づく、実は円形で径3~4mm程度
  葉は対生し長い楕円形で先が尖る

《園内の紅葉風景(その1)》
 落葉広葉樹林区入口にあるイロハモミジの木が見事に紅葉していた。
画像

 一番綺麗な部分をズームで撮影した。
画像

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年11月01日 19:46
箱根湿性花園には何回か訪れていますがこの時期の紅葉もいいですね。
ムラサキシキブも奇麗です。
トウテイランは始めて見ました。
2009年11月01日 20:53
トウテイランは初めて見ました。箱根湿性園も紅葉が終わると冬に入るのでしょうね。
2009年11月01日 23:22
ミニミニ放送局さん、今晩は。
箱根湿生花園は近いので時々行っています。今年は8回位行ったかと思います。今回はもう少し知らない花が咲いているかと思いましたが遅かったです。株も小さくて、紫の実が見事に付いていたので、上では良く確認もせずコムラサキと綴りましたが、もう一度圧縮前の画像を見たら、葉脇から花序が出ている様なのでムラサキシキブかもしれません。次回訪れた時に再確認してみましょう。
2009年11月01日 23:30
信徳さん、今晩は。
トウテイランは別の方のブログで見ていましたが、実物は初めて見ました。花はルリトラノオに似ていますが葉が白っぽいので区別し易いです。箱根湿生花園も秋の景色でまもなく冬景色になるのでしょうね。ここは11月末から3月20日までは閉園になります。従って、冬の景色は見ていません。
2009年11月01日 23:51
こんばんは。
箱根湿生花園も秋が深まっているのでしょうね。
トウテイランの鮮やかなブルーの花が綺麗です。
茎などに白い綿毛が生えているトウテイランは、白い茎にブルーの花が映えますね。周りが秋色になっている中で、コムラサキの実も綺麗な紫色に色づいて沢山ついていますね。
ハッとするような鮮やかな色に紅葉したイロハモミジが素晴らしいです。

寅太
2009年11月02日 08:58
到底ランには見えません(チョット苦しい)。なかなか良い色をしています。
そしてコムラサキ、こちらも素晴らしい。私のブログはきょうは偶然ムラサキですから、仲間でしょうか???
イロハモミジの紅葉の季節が始まりましたね。真っ赤なモミジ、素晴らしい。
2009年11月02日 10:05
杏さん、今日は。
箱根湿生花園はすっかり秋の景色になっていました。今回は秋の模様を綴っていく予定です。トウテイランは白の葉や茎に対して紫の花の対比が綺麗でした。上に載せた綺麗な紫の実はムラサキシキブかもしれません。次回、湿生花園を訪れた時に再確認してみようと思っています。やはり、イロハモミジの紅葉は綺麗ですね。
2009年11月02日 10:27
寅太さん、今日は。
仰るとおり、到底ランには見えませんね。ランはランでも蘭でなくて、藍の字をランと読むのですね。今、ムラサキのブログを見てきました。ムラサキは紫色でなく、白色だったんですね。漠然と紫系の色かと思っていました。コムラサキは正真正銘の綺麗な紫色です。名前だけの仲間ですね(笑)。
上に載せた綺麗な紫の実はムラサキシキブかもしれません。次回、湿生花園を訪れた時に再確認してみようと思っています。イロハモミジはやはり紅葉の女王ですね。
2009年11月02日 12:23
初見の綺麗なトウテイランですし、イロハモミジの鮮やかな紅葉が素晴らしいです。
hanatetsu
2009年11月02日 14:15
トウテイラン、当方も植物園でしか見たことはありませんが、自生地では園芸採集や土地開発によって減少し絶滅が心配されているようですね。
しかし、撮影時期が難しい花ですね。
2009年11月02日 18:58
今晩は
自然の中では見られないトウテイラン綺麗ですね。コムラサキの実も紫になって綺麗ですが日の時期はやはりイロハモミジの燃えるような赤が最高です。
2009年11月02日 19:49
OSAMIさん、今晩は。
私もトウテイランは初めてでした。ルリトラノオやヒメトラノオに似ていてなかなか綺麗でした。やはりイロハモミジは綺麗ですね。
2009年11月02日 19:52
hanatetsuさん、今晩は。
私はトウテイランは初めて見ました。植物園等でしか見れないとは残念ですね。自生地で盗掘に会わずにのびのびと咲いてもらいたいですね。
2009年11月02日 19:56
chiharuさん、今晩は。
トウテイランのような花が自生地で見られると良いのですが、絶滅危惧種とは残念ですね。コムラサキの紫の実は綺麗です。しかし、ムラサキシキブかも知れないので次回に確認してみようと考えています。やはり、この紅葉の時期にはイロハモミジが一番綺麗かなと思いますね。