鬼ヶ岳ウォーキング                

金山(1,686m)~鬼ヶ岳(1,738m)

【金山山頂 14:15発】
 金山山頂でリュックを背負い、黄葉に彩られた林の中を次の鬼ヶ岳に向かった。
画像

 この区間はアップダウンも無く緩やかな低木帯の稜線で快適に歩いた。後を振り返ると十二ヶ岳から金山の稜線の向こうに、御坂山地の山々が見えていた。一番奥に見えている山が三ツ峠山だろう。
画像

 十二ヶ岳を拡大して見ると、露出した岩肌が切り立っている様子が良く見えた。
画像

【鬼ヶ岳山頂 14:40着】
 30分弱で鬼ヶ岳山頂(標高 1,738m)に着いた。
画像

 狭い山頂は大きな岩で占められていて、ゆっくり座る所も無い。
画像

 中に「鬼のツノ」と呼ばれる岩があった。
画像

 このツノが鬼ヶ岳の名前の由来なのか、それとも鬼ヶ岳の名前が先にあってこの岩を鬼のツノと命名したのか、どちらだろうか?
 山頂からの富士山を紅葉の木と共に撮影した。
画像

 鬼のツノとのツーショットは残念ながら撮影場所が確保できなかった。

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

イッチャン
2009年10月29日 20:35
 しばらくです、相変わらず良く山登りをしてますね。
今回の山々は私が子供の頃から鬼ガ岳の山に雲がかかると・・・。
お天気情報でした、十二ガ岳も仰ぐだけで登った事もありません
本当に健脚で動かれていますね、地元まで行ってもなかなか
登れませんのでブログで楽しませていただいてます。
2009年10月29日 20:57
3枚目の写真は切り立った岩が見えていて十二ヶ岳の厳しさが良く分かります、鬼ヶ岳山頂の鬼のツノも大砲みたいな感じもありますが面白いですね。
2009年10月30日 07:35
イッチャンさん、お早うございます。
お久し振りですね。あいも変わらず山行に励んでいます。地元の人はいつでも登れるので、意外と地元の山に登らないですね。私も、まだ富士山に登っていません。毎年、登ろうとしているのですが、未だです。そちらでは天気予報は鬼ヶ岳ですか、こちらは富士山ですね。今回の山行記録は今日で終了しますが、御坂山地にはまだまだ登りたい山が沢山ありますね。
2009年10月30日 07:39
OSAMIさん、お早うございます。
十二ヶ岳の厳しさが解って戴けましたか。実際に登ったコースはこの裏側になりますので正確では無いですが、似ていると思っています。そうですね、鬼のツノは十二ヶ岳に向かっている大砲のようにも見えました。
hanatetsu
2009年10月30日 09:14
鬼ヶ岳の「鬼のツノ」、山頂に面白い岩があるんですね。
1.738メートル、高尾山の約3倍です。気が遠くなるような高さです。
そそ、「鬼のツノ」富士山を指差しているようにも見えましたよ。
寅太
2009年10月30日 11:10
山の上からの紅葉は素晴らしい。
鬼ヶ岳の山頂は、鬼が一人(匹)座れるだけの鬼の額なんですね。
この角はどこかの方向を指しているようですが、方位かそれとも金山の方向でしょうか。
2009年10月31日 11:37
hanatetsuさん、今日は。
鬼ヶ岳の山頂は大きな岩であり、その一つが鬼のツノと呼ばれています。麓の西湖の標高が900mくらいですから、標高差は738mです。標高差以上に急斜面を登るのが大変でした。鬼のツノは富士山よりも、少し東寄りの方向を向いていた様に思います。
2009年10月31日 11:43
寅太さん、今日は。
そうですね、鬼ヶ岳の山頂は猫の額よりは広くて、鬼の額かもしれませんね(笑)。このツノの方向はhanatetsuさんへのコメントにも書きましたが、富士山よりも少し東側に寄っていたと思います。(ツノの後から見なかったので正確では有りませんが。)