蛾ヶ岳ウォーキング(最終回)           

蛾ヶ岳山頂(1,279m)~大畠山(1,117m)~四尾連峠(995m)~四尾連湖(850m)

【蛾ヶ岳山頂 11:00発】
 山頂からの眺望を楽しんだ後は大畠山の肩までは同じ道を戻った。

【大畠山分岐 11:54着】
 大畠山の肩を過ぎると、間もなく大畠山分岐に着いた。大畠山へは、行き止まりで又戻ると記されていた。
画像

 100mも登ると、大きなアンテナが2基建っていた。近くの木の根元に標識が括り付けられていて、「大畠山 1117.6m」と必要最小限の内容しか書かれていなかった。
画像画像





 残念ながら展望は無かった。しかし、アンテナの建っている敷地と通路には日当たりも良くて、秋の草花が咲いていた。
画像画像





           (ヤクシソウ)                   (アズマヤマアザミ)

画像画像





           (リュウノウギク)                    (マムシグサ)

画像
                          (ノコンギク)

 大畠山から分岐まで戻って尾根道を四尾連峠に向かって進んだ。道は鉄塔の建設や保守の為に車が通れる様で車の轍があった。
画像
 
【四尾連峠 12:33着】
 ほぼ平坦な道で柔らかい枯葉の上を軽快に歩いてゆくと四尾連峠に着いた。右に折れて下って行くと麓の市川本町駅まで通じている。
画像

 この峠は文学碑公園になっていて、野沢一の文学碑が建っていた。野沢一は昭和4年にこの湖畔に小屋を建て、6年間詩作に励み「木葉童子詩経」1巻を残して昭和20年に41歳で亡くなったと言う。
画像画像


 富士山の頂が樹間から見えていた。
画像

【四尾連湖 13:00着】
 峠から林の中をジグザグに降りて行くと、やがて樹間に青い湖面が見え隠れし、更に降りて行くと四尾連湖畔にたどり着いた。 
画像

 駐車場には車が数十台あったがあまり人影を見なかった。池の向こう側がキャンプ場になっているので、そこで遊んでいたのだろうか。

 帰りがけに駐車場の管理人に蛾ヶ岳はどの山か聞いたら、山頂に隙間が見えている山だと教えてもらった。下右のズーム拡大した画像の真ん中に、丸く青空が透けて見えている山が蛾ヶ岳だった。そこから甲府盆地や八ヶ岳等の山々、それにこの四尾連湖を眺望したのだった。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

hanatetsu
2009年10月23日 09:37
この時期、高尾でも同じような秋の花が咲いています。
四尾連湖では、ブラックバスは釣れるとの事ですが、ヘラブナはいるのかな?

2009年10月23日 11:05
大畠山の標識は予算がなかったのか、簡単ですね。文学碑公園の町名表示も市川大門町から市川三郷町に手書き修正しています。マムシグサの実は一部青いので、かなり遅れ気味だと思います。
2009年10月23日 18:47
紅葉前でまだまだ青いですね。山野草も来年の為の準備が始まっているのでしょうか?雪の降った富士山が見られたのですね。
2009年10月23日 19:00
マムシグサの実が色づく過程なのか赤と緑に分かれているのは珍しいですね、富士山の頭だけの画像も面白いです。
2009年10月23日 22:43
hanatetsuさん、今晩は。
高尾山でも同じ花を見ていましたか。距離的にも近いですから、同じ植生で同じ花期でしょうね。スミマセン、釣りはやっていないので、四尾連湖の魚情報は全く解りません。
2009年10月23日 22:55
寅太さん、今晩は。
恐れ入りました、文学碑公園の町名表示は市川大門町から市川三郷町に手書きで修正された様ですね。ここまでは私は解りませんでした。大畠山の標識を作った人も文学碑公園の町名表示を手書き修正した人も同じかも知れません。そうだとすると、ありがたいですね。
2009年10月23日 22:59
信徳さん、今晩は。
紅葉が始まっているかと思っていたのですが、未だ早かったです。狭いところでしたが、日当たりが良い所だったので山野草が来年の為に子孫作りに励んでいました。多分、この日は今年の富士山で2回目の積雪の後を見たと思います。やはり、富士山には雪が似合います。
2009年10月23日 23:05
OSAMIさん、今晩は。
マムシグサの実が赤と緑に分かれていたのを3本見ましたね。四尾連湖付近は花期や実期が意外と遅いかもしれませんね。そうですね、富士山の頭だけの画像はなかなか見ないですね。小さく見えているので、見落としているのでしょうね。