岩手山ウォーキング(最終回)          

9合目・不動平(1,820m)~山頂・薬師岳(2,038m)~馬返し登山口(650m)

 不動平から山頂への道は、途中から植生限界を越えて火山砂礫の道となった。砂礫がズルズルと滑って歩き難かった。
画像

 山頂に着いたと思ったら、その先がまだ続いていた。
画像

 山頂と思っていた所はお鉢と呼ばれる外輪山で、その稜線を時計回りに登っていくと本当の山頂に着く。上の画像の中で奥に見える一番高いピークが山頂の薬師岳で、手前の大きな穴が火口で、その右に火口丘の妙高岳へと続いている。岩手山は8合目で見た外輪山の内側に、更に外輪山に囲まれた火口丘があるのだった。
 内側の外輪山から後(南方向)を振り返ると、外側の外輪山の麓に、不動平から8合目の避難小屋までが綺麗に見えていた。この緑に覆われた所がお花畑で、外側の外輪山の向こうが盛岡市街地の方向になる。
画像
画像

 山頂を目指して稜線を歩き始めると、左から強い風が吹き抜けていた。風を遮る物もない道を、吹き飛ばされないようにバランスを保ちながら慎重に進んだ。道脇の観音像が見守ってくれていた。
画像

 左手(西方向)の麓には御苗代湖が綺麗に見えていた。
画像

 右手は火口原で斜面の草が赤く紅葉を始めていた。
画像

 その先には中央火口丘の妙高岳が厳しい姿を見せていた。岩手山は1998年以来の火山活動で西側からの登山は規制されていたが、2004年から全面的に開放されたと言う。その火山活動の名残が妙高岳に現れていた。
画像

【山頂・薬師岳 10:47着】
 強い風の中を何とか山頂の薬師岳(標高 2,038m)に到着した。 
画像

 9合目から山頂までは42分もかかった。又、馬返し登山口からは4時間40分で到着した。登山案内地図では4時間35分であったから、ほぼそのタイム通りだった。
 生憎、山頂周りにはガスが吹き抜けていて100%の眺望には恵まれなかった。東方向には前日登った姫神山が何とか見えていた。
画像

画像

 その左手の北東方向は八幡平市街地だった。
画像

 南方向と西方向はガスの為、眺望が得られなかったので、外輪山で撮影した景色で我慢しておく。

 山頂は相変わらず風も強く、寒かったので昼食は8合目の避難小屋まで降りてから取る事にした。山頂のお地蔵さんにお賽銭をあげて安全に下山出来ることをお願いして降り始めた。
画像

【8合目避難小屋 11:40着】
 小屋を出るときに、「登って感動」と書かれていた看板の裏には「下って感謝」と記されていた。
画像

 今回の岩木山・山行は標高差が約1,400mもあり、私としては初めての経験で、無事山頂まで登れるか心配だった。しかし、何とか登りきれたので嬉しかった。
 しかも岩手山は日本百名山の一つで、その中でも東北地方で一番人気のある山だと言う。その様な名山に天気にも恵まれ、無事登れた事は、まさに「登って感動」だった。

【馬返し登山口 15:00着】
 避難小屋広場での昼食を終え、下りの急坂を慎重に歩いて、午後3時に馬返し登山口に到着し、早朝6時から午後3時までの9時間に及ぶ山行が無事終了した。
画像

 後を振り返ると岩手山が見えていた。ここから見た頂きは岩手山の頂上ではなく、この広場を見下ろした6合目から7合目辺りが見えているのだろう。冷たい鬼又清水で喉を潤しながら岩手山に向って、この日の無事な山行を改めて、「下って感謝」した。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年09月25日 17:25
岩手山は登った事の無い山ですし、山頂付近の荒涼とした別世界の様な風景が素晴らしいです、山頂付近に赤茶けた砂もあるところが最近までの火山だという所でしょうか。
赤く紅葉しているのはイタドリの仲間のようにもみえますが?、山歩きのブログを見ていると「大自然の小さなやまめ小屋」というブログがあって、其の中に岩手山の山肌を赤く染めて紅葉しているオヤマソバが載っていたのですが、これがオヤマソバなのでしょうかね?、この人は地域の山岳会関係のようで21日に登られたようでした。
2009年09月25日 18:54
今晩は
岩手山の雄大な景色を楽しませて頂きました。
九時間にの及ぶ山行きお疲れ様でした。
山ではもう紅葉が始まったようですね。
ピーターラッビット
2009年09月26日 15:07
岩手山、若い人でもなかなか天候と体調とか、山頂を目指せないのに、すごいですね、山頂の景色は想像を超えて神秘的ですね。近くの八幡平で、急な天候変化にあい、強風、雨、気温の低下で、何も見ないで宿泊の温泉に帰った記憶がありますが,お陰様で、紅葉、景色楽しませていただきました。
寅太
2009年09月26日 16:48
岩手山の山頂近くは、お花がないのは火山がまで活動中だったんですね。
まだほとんど草木が生えていません。
「登って感動」と「下って感謝」は上手く見えないように書いてありそうですね。
鬼又清水は人気があります。かなり大きなペットボトルを持ち運んでいるようですね。
2009年09月26日 17:15
OSAMIさん、今日は。
岩手山は最近まで火山活動していたので、山頂付近は火山砂礫で赤色をしていました。大自然の小さなやまめ小屋のブログを見ました。私が載せた赤く紅葉した草花は間違いなく、オヤマソバですね。一日前に綴った8合目で見た紅葉した草花もオヤマソバですね。この花は白馬岳でも見ていましたが、今回ジックリ見ていなかった(歩くのに精一杯だった?)ので不明のままでブログアップしてしまいました。大自然の小さなやまめ小屋のブログでは、お鉢の中にはイワギキョウとタカネニガナが咲いていたとありますね。ここには時間的余裕が無くて行けませんでした。岩手山は1泊する計画でないとお花畑の観察は無理ですね。
2009年09月26日 17:24
chiharuさん、今日は。
今回の9時間の山行は少し疲れましたが、無事予定コースを歩けたので満足して帰ることが出来ました。OSAMIさんからの情報で、大自然の小さなやまめ小屋のブログを見ると、私が訪れた頃から紅葉がスタートして、現在では大分紅葉が進んでいる様です。
2009年09月26日 17:31
ピーターラビットさん、今日は。お久し振りです。
ダメだったら途中で引き返せばよいと考えてスタートしましたが、天候にも恵まれて何とか山頂まで登れましたので大満足して帰って来ました。一昨年、私も八幡平でガスが掛かってしまい、十分にお花畑や景色を堪能できなかったことがあります。高山は、天候次第で楽しくもあり、つまらなくもなりますね。
2009年09月26日 17:45
寅太さん、今日は。
岩手山は最近まで火山活動していたので、山頂付近は赤茶色の火山砂礫で覆われていました。風も吹き付けるのでなかなか植物は育たないのでしょうね。OSAMIさん情報で、大自然の小さなやまめ小屋のブログを見ると、お鉢の中には高山植物の花が未だ咲いていました。千島列島ゆかりの花が咲いていたかも知れません(ザンネン)。
「登って感動」、「下って感謝」の看板は紐で縛られていて反対側は見えないようになっていますね。下ってきて初めて表と裏で違う事に気付きました。
鬼又清水の水汲みのペットボトルが大きい事を良く見つけられました。この方は地元の登山者だと思いますが、2リットル入りのペットボトルを6本ダンボールに入れて持ち帰っていました。従って、水汲み完了を待てずに撮影してしまいました(笑)。
2009年09月26日 17:53
こんにちは。
2千メートルもの山に登られたのですね。
岩手山は地域の信仰の山ですね。要所要所に石像や祠が祭られています。
山頂付近は風も強く火山のざら石のようで歩き難いようですね。
岩手山は活火山で登山規制されていたようですね、妙高岳の画像はすり鉢状になった所が噴火口でしょうか。山頂からの眺めは赤い火山砂と対照的に青々した山々などが綺麗です。昨日の「登って感動」今日の「下って感謝」が実感ですね。無事下山が出来て良かったです。
2009年09月27日 16:37
標高差1,400mは凄いです。草花は余りなかったようですが東北の名山に登れて良かったですね。
2009年09月27日 19:35
杏さん、今晩は。
岩手山は南部富士とも呼ばれて、地元では信仰の山だったようです。最近までの火山活動の為でしょうか、山頂付近はざらざらの火山砂礫で歩き難かったです。赤茶けた砂礫と青空は、なかなか美しい景色ですね。登って感動を見た時はさほど新鮮さを感じませんでしたが、下って感謝は将に私の実感と合致したので、忘れられない言葉になりました。毎回の山行は、山頂での感動と下山した後の感謝の繰り返しの様に感じますね。
2009年09月27日 19:39
信徳さん、今晩は。
私の今までの山行の中で標高差1,400mは初めてでした。時期的に遅かったので草花には恵まれませんでしたが、この1,400mをクリア出来た事が最大の収穫でした。百名山に後、幾つ登れるか解りませんが、少しはチャレンジしてみようと思っています。
hanatetsu
2009年09月28日 07:45
岩手山は信仰の山なんですね。
頂上付近には、石碑や石仏がいっぱいあるんですね。
それにしても、頂上は既に秋です。オオヤマソバ?が綺麗です!
2009年09月28日 17:38
hanatetsuさん、今晩は。
南部富士とも呼ばれる岩手山は地元の人達の信仰の山だったんですね。山頂に祠やお地蔵様、外輪山には観音様、火口には神社の奥ノ院(これは見てきませんでした)等がありますね。斜面で赤く紅葉していたのはOSAMIさん情報で判明しましたが、オヤマソバでした。今頃は、全ての株で、もっと赤く紅葉していると思います。