浮島ヶ原の植物(その5)             

エゾミソハギ,シロバナサクラタデ,クサレダマ

 一昨日の8月3日に、東海地方もやっと梅雨が明けた。東海地方で梅雨明けが8月にずれ込んだのは55年ぶりで、平年より14日、昨年より22日も遅かったと言う。
 梅雨明け後の富士山を見ながら、その後の浮島ヶ原の植物を観察してきた。

《エゾミソハギ (蝦夷禊萩)》
 浮島ヶ原の南側入口にピンクの鮮やかな花が咲いていた。ミソハギに似たエゾミソハギだった。
画像
画像

 エゾミソハギとミソハギの違いは、エゾミソハギの葉は茎を抱き、毛が多く、萼の付属体は上向きと資料に有った。

 浮島ヶ原の花がどちらなのか、葉の基部と萼の付属体を撮影した。次の画像の黄色丸で示すようにエゾミソハギの特徴があるので、浮島ヶ原のものはエゾミソハギだった。
画像画像


<エゾミソハギ (蝦夷禊萩)>
  ミソハギ科、ミソハギ属
  名前の由来:禊萩(みそぎはぎ)を略してミソハギ
<特徴>
  多年草、日当りの良い湿地に自生
  花は7~8月に咲く
  花弁は6枚、長い雌しべと短い6本の雄しべある
  草丈 ~1m
  ミソハギの変種で、葉の基部が茎を抱き、毛が多い
  萼の付属体は上向き(ミソハギは水平)

《シロバナサクラタデ(白花桜蓼)》
 シロバナサクラタデに付いては前回の浮島ヶ原の植物(その4)で綴った。そこでの宿題は、シロバナサクラタデの雄花を撮影する事だった。シロバナサクラタデの花の特徴は、雌花の花柱(2~3個)は雄しべより長く、雄花では雄しべの方が長い事だった。
 一昨日、まだシロバナサクラタデの花が咲いていたので雄花を探してみた。幸い、雄しべの方が長い雄花を見つけたので以下に載せる。併せて、前回の記事にも転載しておく。
画像


《クサレダマ》
  クサレダマに付いては前々回の浮島ヶ原の植物(その3)で綴った。一昨日クサレダマのその後を見てみると、丸い実が沢山付いていた。その画像を以下に載せ、併せて前々回の記事にも転載しておく。
画像


 最後に、梅雨明け直後の富士山を以下に載せる。
画像

 上空の青空に反し地上部が霞んでいた為に富士山ははっきりと見えていないが、富士山の残雪は一部を残すのみとなっていた。いよいよ、夏富士の登場だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年08月05日 23:19
今晩は! こちらはまだハッキリしない天気です。愈々青空が出て真夏の太陽が照りつけますね。水分をたっぷり吸いこんで植物は大きく伸びることでしょう。色々と解説つきの紹介は良く分かります。有り難いことです。
hanatetsu
2009年08月06日 06:55
ミソハギと聞くとお盆の季節ですね。
エゾミソハギとの違いよく分かりましたが、この花に出逢えるかどうか分からないのが残念です。
2009年08月06日 13:55
こんにちは。
梅雨明けしましたが、こちらでも晴天の日が数えるほどです。
浮島ヶ原に咲いていたエゾミソハギが綺麗ですね。ミソハギは良く見かけます
が、エゾミソハギは、初めてです。葉の付きかたが違いますね。
シロバナサクラタデ、とても綺麗な花で大好きですが、サクラタデのピンクの花は見ていましたがシロバナサクラタデは、まだ見ていません。自然の中で咲いている花は綺麗でょうね。雄花、雌花をご覧になられて良かったですね。
浮島ヶ原から眺めた富士山も少し霞んでいますが綺麗です。
2009年08月06日 16:33
色も形も綺麗なエゾミソハギが良いですね、ミソハギとエゾミソハギの区別をして良く見た事が無かったのですが、今度は見てみようと思っています。
寅太
2009年08月06日 20:26
ミソハギとエゾミソハギの違い、そしてシロバナサクラタデの雄花と雌花の違い、かなり良く見ないと区別が難しそうです。
クサレダマはこんなに丸い実が付くんですね。
2009年08月07日 16:39
信徳さん、今日は。
こちらも梅雨が明けましたが雨模様の日が続いています。今日は曇りの予想が一日晴れていて暑い一日でした。解説は自分の勉強の為です。又、直ぐに忘れますので、その時の復習にも使います。
2009年08月07日 16:43
hanatetsuさん、今日は。
ミソハギとエゾミソハギとを分ける必要があるのか、これも疑問を感じます。遠くから見たら、区別できません。近づいて葉の基部や萼の付属体を見る人がいるでしょうか?湿地帯の中にあるときは近づくことも出来ません。
2009年08月07日 16:50
杏さん、今日は。
こちらも梅雨明けしましたが、雨模様の日が続いています。今年の梅雨は異常でした。ミソハギとエゾミソハギとを分ける必要があるのか疑問を感じます。遠くから見たら、区別できません。やっと、サクラタデの雄花と雌花を揃えて画像をアップ出来ました。何とか、浮島ヶ原から梅雨明けの富士山を見るべく、朝6時ごろ現地に行ったのですが、既に霞んでいました。この日の、この後は富士山は雲の中に隠れてしまいました。
2009年08月07日 16:54
OSAMIさん、今日は。
ミソハギとエゾミソハギとを分ける必要があるのか、疑問を感じます。遠くから見たら、区別できません。湿生花園には両方ある様ですが、違いが有るとは知らなかったので区別して撮影もしてありません。
2009年08月07日 17:03
寅太さん、今日は。
ミソハギとエゾミソハギの違いもシロバナサクラタデの雄花と雌花の違いもどちらも、ルーペでポイントを絞って見ないと解りません。サクラタデの方は肉眼では無理でルーペ又はデジカメのマクロ撮影が必須でしょう。クサレダマの実の付き方は名前の由来かなとも思えましたが。