箱根湿生花園の花(その48)           

シラヒゲソウ、モミジガサ

《シラヒゲソウ(白鬚草)》
 湿生花園の湿った岩場に珍しい白い花が咲いていた。
画像

白色のカワラナデシコの様に花弁が細かく割れている。近くにあった標識を見ると、シラヒゲソウ(白鬚草)とあった。仙人の白い鬚の感じもあり、良いネーミングだと感じた。
画像

 花の中に黄色の小さな丸い物が見える。別の花を横から撮影してみた。両方の画像を見て初めて花の構造が解かった。
画像

 中央に徳利状の大きな雌しべ、黒い葯を付けた雄しべが5個(花弁に隠れているものも有るので推測になる)、そして黄色のものは先が三つに分かれた仮雄しべだと言う。整然と並んだ黄色の仮雄しべは3×5=15個もある。

 花だけでなく、葉も珍しい形をしている。丸い葉の真中を茎が通っている。
画像

<シラヒゲソウ(白鬚草)>
  ユキノシタ科、ウメバチソウ属
<特徴>
  多年草、少し高地の、沢ぞいの岩や湿地などに生える
  8~9月に咲く、12mm位の小さな花
  葉は波打った円形で茎を取り巻く
  草丈は30cmまで

《モミジガサ(紅葉傘)》
 モミジガサには最近、天城山山伏と連続して出合っている。天城山の一株を除いて全て蕾の段階であった。今回、湿生花園で出合ったモミジガサは綺麗に花を咲かせていた。
画像
                (モミジガサの全体画像を8月26日追加)
画像

 上画像の花序の中には開花レベルの異なるものが揃っていたので、それを開花順に並べてみる。
 先ず、筒状花の蕾から白い花弁が開き、雄しべが顔を出す。この段階の雄しべはまだ白い。
画像

 更に雄しべが伸びて茶色に変色すると同時に、中から雌しべが伸び更に花柱が伸びて柱頭が2分割する。同時に白かった花弁が茶色に変色し始める。
画像

 そして、花弁が完全に茶色になると、白色のクルリと丸い柱頭と白の総苞に対して、茶色の花弁と雄しべのツートーンカラーになる。
画像

 マクロで見ると綺麗だが、花全体を一見した時は茶色に萎び始めた花に見えて決して綺麗だとは思えなかった。

 明日から3日間、都合によりブログを休みます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

hanatetsu
2009年08月23日 07:38
モミジガサ、花全体を見ますと綺麗とは言い難いですね。でも全体像を撮らないと名前の由来が分からないし…。
開花順のアップ画像はお見事です。ところで最初の画像は横?縦?
シラヒゲソウ、こんな綺麗な花があることを初めて知りました。
2009年08月23日 11:33
初見のシラヒゲソウですがカラスウリをコンパクトにした感じの繊細で綺麗な花ですね、茎を巻くように付いた葉も珍しいです。
モミジガサもこんな感じになっているとは知りませんでした、珍しい画像を楽しませて頂きました。
2009年08月23日 12:15
シラヒゲソウはカラスウリの花に似ています。初めて見ました。湿性地に特有な花なのでしょうか?
2009年08月23日 22:15
こんばんは。
シラヒゲソウは、初めてですが綺麗な花ですね。
白い花びらが繊細で驚きました。シラヒゲソウの花の画像を拡大して見せていただきました。
モミジガザの花は目立たないですが、マクロで見せていただくと、小さな花が集まって咲いていますね。一つ、一つの花が綺麗です。
寅太
2009年08月24日 06:08
シラヒゲソウは名前はよく聞きますが、見たことはありません。
花は白色のカワラナデシコに似ていますね。
モミジガサは雄しべは先端が5つにわかれ、その先端から2つにわかれた雌しべがでるのですね。雄しべ、雌しべの観察はさすがはデコさんです。
こんど、じっくり見て見ます。
2009年08月24日 07:02
シラヒゲソウは、初めて見る花ですが変わった綺麗な花ですね。カラスウリの花にも似て花びらの切れ込みがきれいです。 モミジガサもマクロで見るとしべのカールが可愛いです。
2009年08月26日 23:06
hanatetsuさん、今晩は。
モミジガサの草全体の画像を本日追加しました。その下の画像は斜めになっている花序を花茎に平行にカメラを向けて撮影した部分画像です。
シラヒゲソウは遠くから一見した所では目立たない花でしたが、近づいて良く見ると綺麗な花で思わず、ビックリしました。是非、探して観察して下さい。
2009年08月26日 23:12
OSAMIさん、今晩は。
シラヒゲシウはカラスウリの花をコンパクトにした様にも見えますね。遠くから一見した所では目立たない花でしたが、近づいて良く見ると綺麗な花で思わずビックリしました。モミジガサはコウヤボウキの花に良く似ていますね。
2009年08月26日 23:16
信徳さん、今晩は。
そうですね、シラヒゲソウはカラスウリの花をコンパクトにした様にも見えますね。本文にも書きましたが、シラヒゲソウは少し高地の、沢ぞいの岩や湿地などに生えます。湿生花園でも川の流れに沿った所に生えていました。
2009年08月26日 23:23
杏さん、今晩は。
シラヒゲシウは白い花びらが繊細でカラスウリの花をコンパクトにした様にも見えますね。近づいて良く見ると綺麗な花で思わずビックリしました。モミジガサはコウヤボウキの花に良く似ていて、花弁がクルリと丸まって綺麗です。
2009年08月26日 23:43
寅太さん、今晩は。
シラヒゲソウは綺麗な花でビックリしました。是非、探して見て下さい。満足できると思います。
モミジガサの花はノハラアザミやタムラソウやコウヤボウキ等と同じで、5枚の反り返った物は花弁で、茶色の物が雄しべで、その先端の薄茶色の所に花粉が付いていると思っています。雌しべはその花粉の中から花柱が伸びて来て、その先(柱等)が2分割すると思っています。今回は花粉までは観察できていません。私のノハラアザミの記事も参考にして下さい。
http://dekowalker.at.webry.info/200710/article_15.html
2009年08月26日 23:48
eijiさん、今晩は。
シラヒゲソウはカラスウリや白色のカワラナデシコに良く似ています。花弁の繊細な切れ込みが綺麗ですね。モミジガサの反り返った花弁や丸くカールした柱頭が綺麗で、可愛いですね。