箱根湿生花園の花(その46)           

イヌゴマ、ニガグサ、ホツツジ

《イヌゴマ(犬胡麻)》
 植生復元区の草叢の中には色々の花が咲いている。
画像

 その草叢の中を良く見ると、薄紫色の唇形の可愛い花が見えた。
画像画像

 シソ科のイヌゴマだった。マクロで花を撮影した。上唇は兜状で、下唇は3裂し紅紫色の斑紋がある綺麗な花だった。
画像

 分果がゴマに似ているが、役にたたないのでイヌゴマと名付けられたと言う。可愛い花なのに可哀想な名前が付けられたものだ。

<イヌゴマ(犬胡麻)>
  シソ科、イヌゴマ属
  名前の由来:分果がゴマに似ているが、役にたたないのでイヌゴマ
<特徴>
  多年草、湿気の多い土地に生える
  7~8月の盛夏に咲く  
  花冠は上唇と下唇からなる唇形
  上唇は兜状で、下唇は3裂し紅紫色の斑紋がある
  葉は対生し、披針形で縁は波状、表面は皺がある
  茎が四角形をしており、毛が生えている
  草丈70cmまで

《ニガクサ(苦草)》
 植生復元区ではなく園内の池周辺だっただろうか、別のシソ科の唇形の花を見つけた。アオジソに似ているニガクサだった。
画像画像


 長いのは雌しべだろうか? クルリと半円を描いている様はカリガネソウにも似ている。

<ニガクサ(苦草)>
  シソ科、ニガクサ属
<特徴>
  多年草、山地渓流沿いの湿気の多い半影地に生える
  7~9月咲  
  青ジソに似ている
  草丈は60cm以下

《ホツツジ(穂躑躅)》
 何とも面白い花があった。一見、花が咲いているとは思えなかった。
画像

 標識のカタカナ名のホツツジとは何だろうか?漢字名を見て花の名前は躑躅の1種だと理解出来たが、およそ躑躅の花とは思えないし花の形が理解出来なかった。どれが花弁で雄しべや雌しべは何処だろうか?長く突き出ているのが雌しべの花柱だろうと思いながら撮影した。
画像
 
 小さい花なのでマクロで撮影した。
画像

 帰宅して資料を見て、やっと花の構造が理解出来た。
 長く突き出ているのは雌しべの花柱で合っていた。花冠は3裂して反り返ると資料には有るが、上の画像ではバネの様にクルクルと巻きついている。雄しべは6個で長い花柱の根元の緑色部(子房?)の回りに並んでいる。
 有毒植物で、蜜にも毒が含まれていると言う。蜂蜜に混入して中毒を起こすと言うから恐ろしい。

<ホツツジ(穂躑躅)>
  ツツジ科、ホツツジ属
  別名:ヤマボウキ(山箒)
  名前の由来:花が穂状に付く
  別名の由来:枝を束ねて箒にする
<特徴>
  落葉小低木、日当たりの良い山地に生える
  7~10月頃開花する
  離弁花で花はそれぞれに3個づつ付く
  花冠は3裂し,先が反り返える
  雌しべが長く突き出ている  
  有毒植物で、花の蜜にも毒があるので要注意
  樹高は2mまで

この記事へのコメント

2009年08月11日 18:17
このイヌゴマは花が段々状に輪生していますが、この間隔が詰まるとウツボグサに似た感じになり、間違ったことがあります。
ニガクサは字の通り苦いのでしょうね。アオジソの葉と間違うとたいへんですが、似ていないので少し安心です。
ホツツジは見たことがありません。トンボの羽根を取れば・・・で、これも花弁を取ったような花ですね。
2009年08月12日 08:29
イヌゴマは初見ですが綺麗な花ですね、花の形はメドセージなどと似ている様に思いますが淡い色が良いと思います、初見のホツツジも雌しべの花柱が面白い花ですね。
hanatetsu
2009年08月12日 17:25
ホツツジ、初めて拝見しユニークな花の形にびっくりしています。
マクロの画像が素晴らしく良く撮れており、説明文を拝見して納得しました。
やはり、綺麗な花には…ですね。
2009年08月12日 18:56
シソ科には色んな花が見られますね。寅太さんのブログでイヌゴマを見せてもらった時にも綺麗なんで「ゴマラン」に改名をお願いした花ですよね。
2009年08月13日 20:41
寅太さん、今晩は。
イヌゴマを初めて寅太さんのブログで見た時は綺麗なので、イヌゴマでは可哀想なのでゴマチドリに改名したらどうかとコメントしました。その数日後に実物に出合えてビックリしました。ゴマチドリが引き合わせてくれたのかも知れません。ニガクサは何処が苦いのか、調べ不足でした。ホツツジの花は奇妙で忘れ難いですね。
2009年08月13日 20:46
OSAMIさん、今晩は。
イヌゴマはシソ科でセージ系の花に似ていますね。白い花弁に薄い紅紫色の斑紋が綺麗です。ホツツジは何とも奇妙な形の花で、忘れ難い花だと思います。
2009年08月13日 20:49
hanatetsuさん、今晩は。
ホツツジは何とも奇妙は花の形で躑躅の仲間とは思えません。花の構造を理解すると愛らしく感じるから不思議です。何か魔力が秘められている様です。
2009年08月13日 20:54
信徳さん、今晩は。
そうですね、寅太さんのブログでイヌゴマでは可哀想なので、信徳さんはゴマラン、私がゴマチドリと改名した方が良いと提案しましたね。その数日後に実物に出合えたのでビックリしました。ゴマチドリが嬉しさのあまり私の前に出てきてくれたと思ってしまいました。