箱根湿生花園の花(その39)           

シキンカラマツ、ワスレナグサ、ミヤマアケボノソウ

 今日は箱根湿生花園に咲いている花を綴る。 
《シキンカラマツ》
 通路を歩いて行くと紅紫色の綺麗な花が目に付いた。横の説明板にキンポウゲ科のシキンカラマツ(紫錦唐松)と記されていた。
画像画像




 キンポウゲ科の花なので花弁は無く、綺麗な紅紫色のものは萼片だ。名前の由来は、この萼片の紫とシベの黄色でシキン、シベが唐松の葉に似ているのでカラマツと資料にある。名前通りの美しい花だ。
<シキンカラマツ(紫錦唐松)>
  キンポウゲ科、カラマツソウ属
  名前の由来:オシベの形がカラマツの葉に似ている
<特徴>
  多年草、広葉樹林帯に生える  
  7~8月咲
  萼片は4枚でピンク色、花弁はない
  花径1cm程度の小さい花を集団で咲かせる
  葉は2回3出複葉で互生、小葉は楕円で先端が狭い
  草丈は花を入れて120cm以下

《ワスレナグサ》
 池の縁に青色の小さな花が咲いていた。ムラサキ科のワスレナグサ(忘れな草)だ。
画像画像


 このワスレナグサに似たムラサキ科のキュウリグサハナイバナには既に出会っているがワスレナグサの実物には初めて出合った。キュウリグサやハナイバナに比べて花も大きく、色も青色が鮮やかだった。
<ワスレナグサ(忘れな草)>
  ムラサキ科、ワスレナグサ属
<特徴>
  1年草
  葉は細長く多毛で光沢がなく柔らかい
  花は4~7月に咲く、花径は5mm
  草丈30cmまで

《ミヤマアケボノソウ(深山曙草)》
 黒っぽい花で目立たなかったが、名前の説明板にミヤマアケボノソウ(深山曙草)とあり、近づけて見るとアケボノソウと言うよりも同じ仲間のセンブリに似た花だった。
画像画像

<ミヤマアケボノソウ(深山曙草)>
  リンドウ科、センブリ属
<特徴>
  多年草、高山帯の砂礫地や草地に生える
  花は7~9月に咲く、花冠は5深裂する
  草丈は15~30cm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年07月07日 07:06
派手さは無いですがミヤマアケボノソウは面白い珍しい花だと思います、白馬で一度出合っただけの花です、その点シキンカラマツは綺麗な花ですね。
2009年07月07日 14:54
シキンカラマツの紅紫色が綺麗ですね。ワスレナグサの空色が美しいです。ミヤマアケボノソウは初めて見ますが渋い感じがして好きです。
2009年07月07日 20:29
こんばんは。
シキンカラマツの花、淡い赤紫色の花びら(萼片)に黄色いシベが綺麗ですね。少し下を向いた丸い蕾も可愛いです♪
ワスレナグサのブルーの花も可憐ですね。ブルーと黄色がとても綺麗です。
ミヤマアケボノソウ、初めてです。珍しい色をして咲いていますし、花びらなどは同科のセンブリの花に似ているように思います。アケボノソウも出会った事がないので、どちらの花にも出会ってみたいです。
2009年07月07日 20:31
OSAMIさん、今晩は。
ミヤマアケボノソウは地味な花ですね。高山で見たら渋みのある花でしょうね。シキンカラマツは小さい花ですが鮮やかな花でした。
2009年07月07日 20:39
eijiさん、今晩は。
シキンカラマツの紫の顎と金のシベの組合せがなかなか綺麗でした。私はワスレナグサの実物は初めて見ましたが、空色が澄んだ良い色でした。ミヤマアケボノソウは渋みのある花ですね。
2009年07月07日 20:42
シキンカラマツは枝ぶり、咲き方、すこしレンゲショウマに似ています。少しピンク色をして素敵です。
2009年07月07日 20:45
杏さん、今晩は。
私は初めてシキンカラマツの花を見ましたが、淡い赤紫色の萼片に黄色いシベが綺麗でした。丸い蕾も可愛いですね。ワスレナグサの淡いブルーと黄色が何とも綺麗ですね。ミヤマアケボノソウは同科のセンブリと似て、渋みのある花ですね。

2009年07月07日 20:49
信徳さん、今晩は。
そうですね、シキンカラマツの花の咲き方、蕾の様子はレンゲショウマに似ていますね。花の大きさはレンゲショウマの方が大きいですね。色はシキンカラマツの方が派手です。
寅太
2009年07月07日 21:08
シキンカラマツはよく聞く名前ですが、見たことはありません。雄蕊がたくさんあって競争率の高そうな花です。
もう少しで夏だというのに、ワスレナグサは忘れてほしくないのか、随分遅くまで咲いています。
ミヤマアケボノソウは、アケボノソウとかなり違うようですが、ともにリンドウ科センブリ属なんですね。
hanatetsu
2009年07月08日 11:11
高尾でアケボノソウが生える場所は、昨年の大雨で土砂崩れとなり埋まってしまったとの事で、今年は見られそうもありません。
ミヤマアケボノソウの存在にびっくりしています。
シキンカラマツと同様、是非見てみたい花が増えました。
2009年07月08日 18:21
寅太さん、今晩は。
私はシキンカラマツは初めてでした。キンポウゲ科のカラマツソウの仲間はどれも雄しべが沢山あって、それがこの仲間の美しさのポイントになっています。ワスレナグサは小さな池の浅瀬(手が届かない所)にまだまだ群生していました。写真は少し離れた所(手が届く所)にポツンと咲いていたものを撮影しました。ミヤマアケボノソウは、アケボノソウと付きますがアケボノソウにはあまり似ていませんね。むしろセンブリに似ています。
2009年07月08日 18:26
hanatetsuさん、今晩は。
ミヤマアケボノソウは高山に生えている様なので見れる所が限定されるかも知れません。しかし、箱根湿生花園は高山とは言えませんから、何処かの植物園にも有るかもしれませんね。シキンカラマツも同様だと思います。