大平山ウォーキングⅡ               

平尾山山頂~大平山山頂~飯盛山山頂~花の都公園

【平尾山山頂 11:15発】
 休憩の後、次の大平山を目指してスタートした。急勾配の階段の両側には鮮やかなピンク色のシモツケと白色のウツギが続いていた。
画像

 急階段を快調に降り切ると、今度は急階段の登りになった。しかも平尾山からの下り道は低い潅木の中で明るかったが、大平山を目指して登る道は雑木林の中で暗かった。しかし、登山道脇にはヤマオダマキやバライチゴの花が綺麗に咲いていた。汗を拭く為に立ち止まると、低木の下に黄色の実が見えた。キイチゴの実だった。
画像

 その先にはニワトコの赤い実も生っていた。
画像

 見慣れない植物が目立たない花を付けていた。名前を調べているが未だ解っていない。(寅太さん、hanatetsuさんからイガホオズキと教えて戴き、名前等を以下に記した)
画像画像

<イガホオズキ(毬酸漿)>
  ナス科、イガホオズキ属
  名前の由来:果実を包む刺状の突起を毬に見立てた
<特徴>
  多年草、山地の林下に生える
  草丈は50~70cmで茎は叉状に枝分かれする
  葉は膜質で長さ6~12cm、幅約3~5cm、縁は全縁
  茎と葉には疎らに軟毛がある
  花冠は直径約10mmの広鐘形で淡黄白色
  萼は花時には長軟毛がある
  果実時には軟毛は刺状の突起となり萼は果実を包み込む

 大平山山頂が見える広場でパラグライダーを飛ばしている一団がいた。教師が生徒と一緒に駆け下りながら離陸させ、その先は無線で操縦を指示していた。空に高く浮き上がらず、斜面に沿って走り下っている感じだった。ここで操縦の基礎を覚えて、他の場所で空中に飛び出すのだろう。
画像

【大平山山頂 11:50着】
 大平山山頂に着き、富士山を見ると雲の状況はあまり変化が無かった。ガマズミの白い花と富士山を撮影した。
画像

 ここで昼食を取った。
【大平山山頂 12:30発】
 昼食後、次の飯盛山を目指してスタートする頃になったら雨がポツポツ落ちてきた。雨具を着けたが、飯盛山では殆ど雨も上がったので雨具を脱いで先を急いだ。
 しかし、長池山を過ぎて舗装道路に出た頃から雨が再び降り始めたので傘をさして花の都公園を目指した。車が多く通る舗装道路であったが道路脇にはヤマオダマキの一団が花を咲かせていた。
画像

 蛇イチゴの一団も綺麗な赤い実を並べていた。
画像

 その先には黄色の花を咲かせた一団が現れた。サワギク(沢菊)だった。
画像画像


<サワギク(沢菊)>
  キク科、キオン属
<特徴>
  多年草、少し高地の半日陰の沢ぞいに生える
  6~8月に黄色の小花を咲かせる、花径2cm大
  葉がシノブのように切れ込みがある
  草丈70cm位で背が高い

 舗装道路を降り切ると花の都公園に着いた。公園の外にあるお花畑には黄色の菜の花に似たキカラシの花が見事だった。
画像
画像


 ここから富士山が見えるはずだが、降りしきる雨の中では叶わぬ願いだった。梅雨間の山行では山を歩いている間に雨が降らなかっただけで良しとしよう。

この記事へのコメント

2009年07月05日 08:17
シモツケと富士山の綺麗な風景では尾根の付近まで別荘でしょうか、右下には多くのハイカーが写っていますね、最後のキカラシの花畑は見事な眺めで素晴らしいです。
寅太
2009年07月05日 14:18
梅雨時の富士山は、なかなかはっきり姿を見せてくれません。
富士百景は季節が限定されますね。
最後のキカラシは見事です。これでは季節遅れのナノハナですね。
2009年07月05日 18:48
今晩は
急勾配の階段があたりお疲れ様でした。私は階段は大嫌いです。疲れ方が早いような気がしています。ばさ句富士山頂には傘雲のような雲が懸かって綺麗です。パラグライダーの訓練中の姿も見せて頂きました。素晴らしい景色や花たちも見せて頂き有り難う御座います。
2009年07月05日 20:04
こんばんは。
富士山の素晴らしい姿は、この時期には珍しいのではないでしょうか。
登山道脇のキイチゴの実、赤い実はニワトコだそうですが、小さな実を沢山付けていますね。サワギクの黄色い花も沢山咲いていますが、可愛い花ですね。
キカラシの黄色い花が一面に咲いて素晴らしい景色です。
2009年07月06日 08:10
この時期は雨さえ降らなければ気温は高くないので楽しいハイキングでしょうね。一枚目の右下に多くのハイカーが見られます。山野草も春から夏への移り変わりでしょうか?
hanatetsu
2009年07月06日 11:09
ニワトコの花は3月末に撮りましたが、もう赤い実がなっているんですね。
キカラシのお花畑、背後に富士があったら最高でしたでしょうね。
2009年07月06日 22:45
OSAMIさん、今晩は。
大平山の手前には大窪山が有り、そこの斜面に沢山の別荘が有ります。その別荘地の横に登山道があります。下りの急坂が解るようにハイカーの行列を入れてみましたが、やはりそれ程急には見えませんね。キカラシのお花畑は早春に見る菜の花畑の様でした。
2009年07月06日 22:49
寅太さん、今晩は。
梅雨期には富士山はなかなか姿を見せてくれません。雲の中の美しい姿を求めているのですが、なかなか難しいです。最初見た時はナノハナ畑かと思いましたが、花の都公園のHPを調べたらキカラシと有りました。
2009年07月06日 22:54
chiharuさん、今晩は。
階段になっている登山道はやはり、歩き難いです。しかし、急傾斜の所では階段がないと滑りやすい時に困りますので、階段は必要です。この日の富士山の雲が笠雲かリング状の雲に成長するかと楽しみにしていたのですが、残念ながら富士山を隠してしまいました。
2009年07月06日 22:58
杏さん、今晩は。
梅雨時ですから、これくらいはっきりと富士山が見えていましたので、贅沢は言えません。春に早く咲いた植物ではそろそろ実が出来てきました。私はサワギク、キカラシは初めて見る花でした。
2009年07月06日 23:03
信徳さん、今晩は。
仰る通り、梅雨時のウォーキングは雨が降らなければ曇り空であまり汗をかきません。下りの急坂が解るようにハイカーの行列を入れてみましたが、やはりそれ程急には見えませんね。そうですね、山野草も春から夏へと変化して来ました。
2009年07月06日 23:06
hanatetsuさん、今晩は。
ニワトコの花は木本の中では早春に咲くので実が稔るのも早いですね。そうなんですよ、キカラシのお花畑の向うに富士山が出ていれば私の富士山百景に入れたと思います。