平尾山ウォーキングⅡ               

石割山山頂~平尾山山頂

【石割山山頂 10:30発】
 小休止の後、平尾山を目指してスタートした。富士山山頂に少し雲が掛かって来た。
画像

 山頂付近は急斜面で小さな砂礫が多いので滑らないように注意して下る。そんな急斜面の登山道の両脇に、先日箱根湿生花園で見たシモツケの花が綺麗に咲いていた。
画像画像


 このシモツケはこの先、アチコチに生えていてピンク色の花が登山道を綺麗に飾っていた。アヤメもポツポツではあるが咲いていた。
画像

 アヤメの花を真上から見ると、円を3分割した形が綺麗なので撮影してみた。
画像

 アヤメの花の構造を調べると、「外側の大きな3枚の花びらが外花被片(萼片)で、内側に立ち上がっている3枚が内花被片(花びら)になります。雄しべや雌しべはどこでしょう。雌しべ(花ちゅう)は外花被片のすぐ上に有り、リボン状になっています。先が反り返っていますがその中心に柱頭があります。外花被片を下げてみると雌しべの下側に葯が見えるので雄しべがあることがわかります。」とあるが、上の画像から理解できるだろうか?
 坂を下りきって平坦な道になり、富士山を見ると大分雲が掛かって来ていた。
画像

 登山道脇には潅木が多くなり、マユミウツギガマズミの花が咲いていた。
画像
                        (マユミの花)
画像
                (ウツギの花  後に有るのはシモツケの花)
画像
                        (ガマズミの花)
 登山道の左側に眺望ポイントが現れた。山中湖と富士山が見えたが、山中湖は相変わらず霞んでいたし、富士山の雲は分厚くなって来た。
画像画像

 
 登山道脇の潅木に蔓性の植物が花を咲かせていた。マタタビ科のサルナシ(猿梨)だった。サルナシは雌雄異株でこの花は雄花だった。
画像画像

<サルナシ(猿梨)>
  マタタビ科、マタタビ属
  別名:シラクチヅル、コクワ
<特徴>
  落葉つる性木本、山の林縁に生える
  花は5~7月に咲く、雌雄異株
  葉腋に淡黄緑色の花を下向きにつける
  花径は10~15mm、花弁、萼片は各5枚。
  雄しべは多数で、葯は黒紫色
  両性花の花柱は多数あり、線形で放射状に出る。
  葉は互生し、長さ5~10cmの卵状楕円形で革質で細かい鋸歯がある
  葉柄は長さ2~8cmで紅色を帯び硬い毛がある

【平尾山山頂 11:05着】
 平尾山山頂から見た富士山と山中湖をパノラマで撮影した。
画像

 山頂部の雲が少し減った様にも見えたが、この先どう変化するか?ここで小休止した。

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年07月04日 05:46
この時期、富士山を見るのは至難の業なんですね。サルナシの花が素敵です。まだまだ山野草の咲く時期が遅れているので楽しめますね。
寅太
2009年07月04日 11:02
今回は色々な花との出会いがありますが、どれも良い花ばかりです。
ソモツケもガマズミもちょうど旬で綺麗です。
アヤメは花の説明によく出てきますが、いまでも花の構造がわかりません。
サルナシは赤い葉柄と黒い雄蕊が特に目立ちます。
これだけ見れれば、富士山はなくても良い(でもやっぱり・・・)
2009年07月04日 17:12
綺麗なシモツケやアヤメをこの季節に見られるのは、やはり山の楽しみの一つだと思います、自然の状態のサルナシには未だ出会っていないのですが、ねじれたような黒いシベかすこし異様な感じのする花ですよね。
2009年07月04日 21:13
信徳さん、今晩は。
梅雨時にはなかなか富士山は見られません。雲間に見えていても直ぐに見えなくなります。そうですね、山では平地よりも花が遅いので2度目、3度目の出会いになります。今回も香貫山では既に終わっているガマズミが満開でした。
2009年07月04日 21:21
寅太さん、今晩は。
石割山は1,413mですから193mの香貫山に比べれば高山です。香貫山ではとっくに終わっているガマズミが石割山では、将に満開でした。今回アヤメの花の構造を勉強したので、雄しべと雌しべを観察しようと思っています。富士山が見えないシーズンは山野草に沢山会えますので、それで良しとしなければなりません。しかし、仰る通り、富士山が見えないと物足りなさを感じます。
2009年07月04日 21:25
OSAMIさん、今晩は。
やはり高山では平地よりも花の時期が遅いので、平地で終わっている花を改めて見れるので楽しいですね。そうですね、サルナシの特徴は赤い葉柄と黒いシベですね。今度は雌花に出会ってみたいです。
2009年07月05日 19:27
こんばんは。
登山途中で可愛い花などに出会えると嬉しいですね。
ピンクの可愛いシモツケ、青紫色のアヤメ、真白いマユミ、ウツギ、ガマズミの花、綺麗な花を咲かせていますね。サルナシは、まだ出会った事がないですが、黒いシベが珍しく同科のマタタビの花に似て綺麗です。

平尾山山頂で撮られた富士山と山中湖の画像はパノラマで綺麗に撮られています。
hanatetsu
2009年07月06日 11:03
先日、高尾を歩いているとき山道に白い花が落ちていました。
見上げてみましたらサルナシの花が咲いています。(雌花か?)
…が、望遠レンズは持参していないし、よじ登ることもできず断念しました。
マユミ、高尾のそれは昨年は全く花を見せませんでしたが、今年は大分蕾をもっていました。
2009年07月06日 22:30
杏さん、今晩は。
山行の第一の目的はウォーキングですが、その他の目的は眺望や山野草の花を楽しむ事です。しかし、この時期は眺望はなかなか難しいので山野草の花を楽しむ事となりますね。そうですね、サルナシの花はシベが黒色を除けばマタタビに似ていますね。
2009年07月06日 22:33
hanatetsuさん、今晩は。
木の花は高い所に咲いていると花の撮影はギブアップですね。(枝を引き下す事が出来れば何とかなりますが。)マユミの花も小さいので撮影に苦労しました。