美ヶ原ウォーキング(その5) (番外編 沼津夏祭り)

王ヶ鼻(2,008m)

 王ヶ頭から西に張り出した尾根の突端が王ヶ鼻だ。前に遮る物が無く、眼下には松本市街地が、その背後には北アルプスの山並みが雄大に聳えている。
画像

 松本市街地を中心に見る。手前の岩場は王ヶ鼻の崖縁だ。
画像

 北アルプスの山々を再度、取り上げる。雲が出てきたが、雲の左側に穂高連峰、右側に槍ヶ岳が未だ見えていた。
画像

 南方向も再度パノラマで見る。
画像

 山頂に有った山名の説明図を参考に三峰山を中心に撮影した。左奥に八ヶ岳と富士山が、右奥には南アルプスの山々が見えると有ったが、霞んだ雲の中で判別できなかった。
画像

 鉄平石の上で展望を楽しみながら遅い昼食を取った。
 岩場を良く見ると石の隙間に草花が綺麗に咲いていた。たまたま近くにパトロールに来ていた管理者に植物の名前を教えて戴いた。以下にそれらを列挙する。

《イワキンバイ(岩金梅)》
 キジムシロに似た黄色い花が鉄平石の間に貼りつく様に咲いていた。
画像
画像

<イワキンバイ(岩金梅)>
  バラ科、キジムシロ属
<特徴>
  多年草、岩の上に生える
  花は6~7月に咲く
  花は径1cmほどの黄色の5弁花
  葉は3枚の小葉からなり裏面は粉白を帯びている

《チョウジコメツツジ (丁字米躑躅)》
 先日、箱根駒ケ岳で見たハコネコメツツジに良く似た花が咲いていた。チョウジコメツツジと教えて戴いた。帰宅して調べると、ハコネコメツツジの雄しべは5本有ったが、チョウジコメツツジは4本だった。
画像画像


<チョウジコメツツジ (丁字米躑躅)>
  ツツジ科、ツツジ属
  名前の由来:香料にする丁字の花に似た小さなツツジ
<特徴>
  落葉小低木、亜高山帯から高山帯の岩礫地に生育する
  7~8月に淡い紅色を帯びた白い花を咲かせ、花冠は4裂する
  コメツツジの変種で、コメツツジの雄しべは5本に対して、これは4本
  葉は卵形で互生し枝先に集まる
  樹高は10~50cm
  本州・中部地方にだけ分布

《ミヤマオトコヨモギ》
 決して綺麗とは言えないが、蓬に似た花が咲いていた。岩場の隅に咲いている姿は男らしく逞しく感じた。
画像画像


<ミヤマオトコヨモギ(深山男蓬)>
  キク科、ヨモギ属
  名前の由来:果実が小さく、果実が無いものと考えた
<特徴>
  多年草、亜高山~高山帯の砂礫地に生える
  頭花は10数個が総状又は複総状に下向きに咲く
  茎葉は倒披針形へら形で先は浅く3~5裂する
  草丈は10~35cmくらい

《ヤマブキショウマ》
 草丈は短かったが、一昨日の(その3)で綴ったヤマブキショウマに間違いが無かった。
画像画像


 この花も厚手の葉と白色でなく茶色が混じっは花は、何となく逞しそうに感じた。

《ヒメシャジン》
 青紫の綺麗な蕾を付けた草を見つけた。ヒメシャジンだと教えて戴いた。花が咲いていれば綺麗だっただろうに残念であった。
画像

 明日に続く。

《番外編》 沼津夏祭り

 昨日と一昨日は沼津夏祭りで、狩野川河川敷に於いて恒例の花火大会が開催された。昨日は桟敷席の券を入手できたので間近で花火の打上を堪能してきた。
 プログラムの一番最後に行なわれる沼津花火大会の名物・ナイヤガラ大瀑布の模様を以下に載せる。狩野川に架かる御成橋を中心に、こちら側(上流側)と向こう側(下流側)に花火によるナイヤガラの滝が実現された。

画像

この記事へのコメント

2009年07月27日 21:02
360度のパノラマ、天候も良くて最高でしたね。色々な山野草が見られました。時期的にはニッコウキスゲの群生が見られたはずですがそれは目的ではなかったので良いとしても勿体ないです。私が後半変わって上げたかったです(笑)
plysima
2009年07月27日 21:36
こんばんは。鉄平石は建築材料としても使われているので、馴染みがありますが、実際に山にあるのを見るのは不思議な感じがしてしまいました。本当は山にある方が自然なんですよね。沼津の花火は近くで見られたんですね。私は遠くから眺めていました。ナイヤガラは最近では御成橋から打ち上げられるようになっているんですね。知りませんでした。この時、御成橋は通行止めですよね?
寅太
2009年07月27日 22:44
これは絶景です。遮るものがないと、一番高く見えます。
イワキンバイもその他の植物も、岩のわずかな隙間から顔を出しています。
これで夏場を乗り切るのですから、植物の生命力は凄い。
いよいよ夏祭りの季節になりました。
hanatetsu
2009年07月28日 09:05
イワキンバイ、チョウジコメツツジ、ミヤマオトコヨモギと私の知らない花を拝見させて頂き嬉しいです。
特に、チュウジコメツツジには逢ってみたくなるほど可憐ですね!
2009年07月28日 09:53
お早う御座います
頂からのパノラマ写真素晴らしいです。
行かずしてこうして楽しませて頂き有り難う御座います。
高山の花たちも登った人たちの楽しみでもありますね。
綺麗な花たちを見せて頂き有り難う御座います。
2009年07月28日 15:11
風景の眺望が素晴らしいです、水も無いだろうと思える鉄平石の間に咲いている花がなんとも可憐で良いですね、植物の強さを再認識しています。
2009年07月28日 21:28
信徳さん、今晩は。
梅雨の最中で天気に恵まれてラッキーでした。前の日も後の日も天気が良くなかった様でツイていました。ニッコウキスゲの群落を見落とした様で悔やまれますが、それ以上の草花にも会えて良かったです。
2009年07月28日 21:37
plysimaさん、今晩は。
そうでしたね、plysimaさんのお仕事は建築関係で、鉄平石も専門分野なんですね。石の採れる現場も知らないとプロとしては良くないと思いますよ(笑)。
昨日の花火見物は頭の上で見ましたよ。お蔭で首が痛くなりました。御成橋は花火が打ち上げられている間は通行禁止です。久し振りにナイアガラ瀑布を見て感激しました。時々見るのも良いですね。
2009年07月28日 21:43
寅太さん、今晩は。
岩場の絶壁から見る景色は迫力が有ります。成るべく、真下は見ない事にしています(笑)。王ヶ鼻の岩場は、この日は暑いくらいで植物には天国でしたが、雨風の強い日もあり植物にとっては厳しい環境だと思います。改めて植物の生命力には驚くばかりです。梅雨が明ければアチコチで花火大会が始まります。
2009年07月28日 21:46
hanatetsuさん、今晩は。
高山の岩場ですから日頃見た事も無い植物に出合えました。チョウジコメツツジはこれから、今日も登場します。色鮮やかなチョウジコメツツジもありました。
2009年07月28日 21:50
chiharuさん、今晩は。
天気の良い山行は眺望と山野草に出会えて楽しくなりますね。毎回、この様にはなりませんが、今回は最高の山行となり満足しました。chiharuさんにも楽しんで戴き嬉しいです。
2009年07月28日 21:54
OSAMIさん、今晩は。
やはり前に遮るものが無い所での眺望は素晴らしいですね。鉄平石の僅かな隙間に生えている植物には感心しました。我々人間も厳しい環境でも強かに生きていく必要が有りますね。