美ヶ原ウォーキング(その2)           

美しの塔~塩くれ場~電波塔

 美ヶ原のシンボルである美しの塔は美ヶ原で採石される鉄平岩で作られている。前面には詩人・尾崎喜八が詠んだ美ヶ原の景観を讃える詩が刻まれている。後に回り込んで見ると上部に鐘が、下部は部屋になっていて鐘を鳴らす紐が垂れ下がっている。
画像

 霧の多い美ヶ原では、霧の日にはこの鐘を鳴らして道標とし、下の部屋は避難小屋になっていると言う。若者2人が鐘を鳴らそうとしたが、固定されていて鳴らなかった。

【美しの塔 10:55発】
 牧場の中の道を進む。右手の牧場にも牛達が出てきたが食後なのだろうか、のんびりと草原に座り込んでいた。
画像

 牧場内には大きな岩がゴロゴロしている。この先にも大きな岩が見られ、美ヶ原が安山岩からなる火山台地である事が解る。

【塩くれ場 11:05着】
 大きな岩と説明板が現れた。
画像

 塩くれ場の由来を以下に載せる。
画像

 岩の上面が凹んでいる岩が牛が塩を舐めた所、お皿なのだろうか? 高さや凹み具合が丁度良い感じだ。
 茶臼山、三城牧場への道を左に分け電波塔の見える方向へ進む。左右の牧場の柵沿いの草叢の草花を探しながら進んだ。以下にそれらを列挙する。

《ノコギリソウ(鋸草)》
 ノコギリソウには昨年、美ヶ原からも近い八子ヶ峰で出合っている。
画像画像





 ここ美ヶ原では、八子ヶ峰で見る事がなかったピンク色のノコギリソウにも出合えた。
画像画像


<ノコギリソウ(鋸草)>
  キク科、ノコギリソウ属
<特徴>
  多年草
  8~9月に白い集団花を咲かせる、花の径4mm程度
  茎の先端に笠状に花が付く
  葉がノコギリ状
  草丈は1m以上


《ニッコウキスゲ(日光黄菅)》
 ニッコウキスゲには一昨年、秋田駒ケ岳で出合っている。
画像画像


<ニッコウキスゲ(日光黄菅)>
  ユリ科、キスゲ属
<特徴>
  多年草、日当たりの良い山地の草原に生える  
  7~8月咲き、黄色の6弁の花で径7cm程度
  葉は2列になり細長く先端が垂れる
  草丈80cmまで

《ウマノアシガタ(馬の脚形)》
 ウマノアシガタには今年、毛無山(西湖)や甘利山、櫛形山等で何度も出合った。
画像

《シャジクソウ(車軸草)》
 シャジクソウは昨日のブログで述べた美ヶ原の在来植生を復元している4品種の中の一つだ。
画像画像


 この花には昨年、箱根湿生花園で出合っていたのだが現地ではすっかり忘れていた。
 シャジクソウの仲間にはシロツメクサ(クローバー)やアカツメクサなどあるが、日本に自生するのは本種1種のみだと言う。美ヶ原にもシロツメクサやアカツメクサが沢山生えていたが、シャジクソウの方が劣勢だったと感じた。シッカリと復元すると良いのだが。

【電波塔 12:05着】
 昨日載せたコース案内では、歩行時間は40分であるが草叢の草花探しで2倍弱も掛かってしまった。
 電波塔はこの先の王ヶ頭(0.1km)と王ヶ鼻(1.0km)との分岐になっている。
画像

 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月24日 20:17
この時期、蓼科高原、車山高原などニッコウキスゲの群生が黄色一色で見られるのですが美ヶ原にはこのような群生は無いのでしょうか?
hanatetsu
2009年07月24日 21:33
最初の美しの塔を拝見して(あったかどうか不明)、昔・むかし、美ヶ原高原美術館に行った事を思い出しました。
沢山の花を見せて頂き、やはり行きたくなりました。
2009年07月25日 09:07
美ヶ原高原は20歳の頃に行きましたがその頃は美しの塔はなかったですね。
マツムシソウの群生が綺麗だったのを思い出しました。 ノコギリソウの白とピンクが綺麗です。
寅太
2009年07月25日 15:11
牛から見たら塩なんか美味しくないと思うのですが、本能で欲しがるのでしょうか。
ノコギリソウの自生種にピンク色があるんですね。ニッコウキスゲはまだ咲いているのですね。シャジクソウは箱根と比べるとかなり赤いですね。
2009年07月25日 17:49
信徳さん、今日は。
資料を見るとニッコウキスゲの群生している場所も記されていましたので期待していましたがパラパラとしか見つけられませんでした。霧が峰のニッコウキスゲの群生を他の方のブログで見ていますので、時期的には問題ないと思っています。広い所なので見落としている可能性もありますね。
2009年07月25日 17:54
hanatetsuさん、今日は。
地図を見ると美ヶ原高原美術館がありますね。あまり美術館には興味ないので車で素通りして来たようです。美ヶ原高原美術館の少し先が今回のウォーキングスタートポイントです。
2009年07月25日 18:00
eijiさん、今日は。
美しの塔は外観的には新しく見えていましたので比較的最近出来たのかも知れません。今回はマツムシソウは未だ蕾でした。もう少し、先だと綺麗な群生が見れたと思います。ノコギリソウの白色の方が圧倒的に多かったですが、ピンクと並んでいた所では見応えが有りました。
2009年07月25日 18:11
寅太さん、今日は。
塩だけは牛だけでなく、人間にも美味しくはありません。汗をかいた後は、牛も人間同様にしょっぱい物が欲しくなるのでしょう。酒飲みが酒を飲みながらチビチビ塩を舐めるのと同じで、牛も水を飲みながら、塩をチビチビ舐めているのかも知れません(笑)。ニッコウキスゲは既に咲き終わったのか、見落としたのか、現在では?です。ご指摘の通り、シャジクソウは箱根よりも赤色が強かったと感じました。同様にウツボグサも赤紫色が濃かったと感じました。ウツボグサの色に付いては、本日記事を少し変更しました。
2009年07月25日 22:37
綺麗なノコギリソウが咲いていて素晴らしいです、ピンク色というのは見たことが無くてとても珍しいと思いますし、ピンク色も濃淡があって良いですね、シャジクソウも珍しいです。
2009年07月27日 06:20
OSAMIさん、お早うございます。
ノコギリソウの花は白色が多かったですが、一部ピンク色が混じっていました。両方が並んで咲いていた所は綺麗でした。シャジクソウを自然の中で初めて見ました。在来種としてもっと増えて貰いたい花ですね。