駒ケ岳ウォーキング(その1)           

大涌谷(1,042m)~大涌谷分岐(1,210m)

 一昨日の7月14日に箱根の駒ケ岳(こまがたけ)と神山(かみやま)に行って来た。前半を駒ケ岳ウォーキング、後半を神山ウォーキングとして今日から綴る。
 スタート地点の大涌谷(おおわくだに)に着くと、富士山が綺麗に見えていた。梅雨明け直前で天気が安定してきたのだろう。
画像
 富士山の左は愛鷹山山系、その手前は箱根外輪山。

 今回のコースは大涌谷から神山を一周し、その途中で防ヶ沢分岐から駒ケ岳までを往復し、神山を過ぎた地点では冠ヶ岳までを往復した。
 コース途中に有ったコース案内を以下に載せる。最初は芦ノ湖を含む箱根全体図。
画像

 上の案内図から、今回のコース部分だけを拡大し、歩いたコースを赤い点線で以下に示す。
画像

 コースは、神山の東側にあるお中道と呼ばれる登山道を進み、防ヶ沢分岐で駒ケ岳までを往復し、神山、冠ヶ岳を通って大涌谷に戻った。

【大涌谷駐車場 8:10発】
画像

 神山登山口方向に進むと、地蔵尊が有った。
画像画像


 上左画像は大涌谷延命地蔵尊、右画像は浄め湯かけ地蔵尊でこの日の山行の安全を祈った。
 その先に扉付きの登山口が有った。神山への登山道専用で、噴煙地には行けませんと記されていた。以前は噴煙地にも行けたが、途中が土石流の為に通行止めになってしまった様だ。
画像

 登山口に入ると舗装された道で両側は潅木に囲まれていた。道の先には噴煙も見えていた。
画像

 潅木には白い、アジサイの様な花が咲いていた。ノリウツギ(糊空木)だった。
画像画像


 このノリウツギの白い花はこの先の噴煙地横を進む登山道には多く咲いていた。

<ノリウツギ(糊空木)>
  ユキノシタ科、アジサイ属
  別名:ノリノキ(糊の木)
  名前の由来:樹皮から,和紙をすくときの糊を取る
<特徴>
  落葉低木、日当たりの良い野山に生える
  7月から8月の終わりにかけ、枝先に円錐状の花序を形成する
  葉は対生で、葉柄は長さ1~4cm

 潅木に囲まれた道が終わると、そこは噴煙地のすぐ横だった。硫黄の匂いが鼻をつく。神山への進行方向を下右に、谷下方向を下左に載せる。
画像画像


 硫黄を含んだ噴煙で枯れた木だろうか?枯木群の向うにこれから登る冠ヶ岳が見えていた。
画像

 振り返れば、噴煙の向うに富士山が見えていた。
画像

 コース横に噴煙が出ていた。注意書きも有った。
画像画像


 噴煙地横を過ぎると登山道は竹藪の道から潅木の中へ進んだ。
画像画像


【大涌谷分岐 8:30着】
 雑木林の中を暫し登ると大涌谷分岐に到着し、暫しの休憩を取った。
画像

 
 明日に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年07月16日 19:53
富士山の見える素晴らしい登山になりましたね。噴煙は硫黄臭もありガスの濃度が濃いと危険だと思います。割と平気なのですね。群馬の白根など冬場は雪の中で絶対に噴煙の出る所に近付かないようになっています。過去に数回事故が起こって人が無くなっています。
hanatetsu
2009年07月16日 20:09
大涌谷は、ケーブルで降りて真っ黒の卵を食べた記憶があるだけです。
この付近をウォーキングするとは流石です。
ノリウツギ、植物園のそれと違い生き生きとしていますね。
2009年07月16日 23:13
こんばんは。
富士山の眺めが素晴らしいです。
パノラマで綺麗に撮られていますね。以前に見せていただいた時より残雪が少なくなっています。大涌谷周辺は硫黄の匂いが凄いですが、噴煙地のすぐ横を歩かれたようですね。白い噴煙が凄いですね。
以前に富士スバルラインでノリウツギの白い花に沢山出会った事を思い出します。
2009年07月17日 08:18
ここの大涌谷の噴煙はケープルカーでしか見たことが無いのですが、近くからの画像は迫力がありますね、富士山もあまり雪が見えなくなったように見えます。
2009年07月17日 08:42
お早う御座います
一枚目の雄大なパノラマ写真見事です。
他に実風景や花たちを楽しませて頂きました。
有り難う御座います。
2009年07月17日 10:57
大涌谷からの富士山が綺麗ですね。白い噴煙が舞い上がり硫黄の匂いが凄いのでしょうね。ノリウツギの白い花に出会いほっとしたことでしょう。
2009年07月17日 18:51
信徳さん、今晩は。
やっと満足できる富士山の画像を載せられる様になりました。大涌谷の有害ガスの件はこれから綴る予定ですので暫くお待ち下さい。
2009年07月17日 18:58
hanatetsuさん、今晩は。
大涌谷の名物は黒玉子ですね。今回、お土産に買い忘れてしまいました。有害ガスの件はこれから綴る予定ですので暫くお待ち下さい。硫黄ガスのある中でもノリウツギには問題ないのでしょう。一番沢山生えていたと思います。
2009年07月17日 19:39
杏さん、今晩は。
やっと満足できる富士山の画像を載せられる様になりました。残雪は大分減りました。やっと、富士宮登山コースは7月14日に山頂まで登山規制がなくなりました。コース以外にはまだまだ雪が残っています。大涌谷の噴煙が凄く見えますが、硫黄濃度は低いのでしょう。湯気が多いと思います。箱根、富士にはノリウツギが多いかも知れませんね。
2009年07月17日 19:43
OSAMIさん、今晩は。
大涌谷の噴煙を間近に見ると迫力が有りますね。しかし、湯気が多くて硫黄の濃度は低いと思います。富士山も大分雪が減ってきました。14日に富士宮登山道が全面開通しました。いよいよ富士山登山のシーズンですね。
2009年07月17日 19:52
chiharuさん、今晩は。
富士山と愛鷹山の雄大な景色は私も好きです。夏になると山野草も減ってきますが、まだまだ初めて見る花があり、楽しんでいます。
2009年07月17日 20:03
eijiさん、今晩は。
大涌谷からの富士山は愛鷹山とのツーショットが広々として見えるので私は好きです。大涌谷の噴煙を間近に見ると迫力が有りますね。しかし、湯気が多くて硫黄の濃度は低いと思います。仰る通り、ノリウツギの花は真っ白で登山中に見ると、乱れた息遣いをホッとさせてくれますね。
寅太
2009年07月17日 21:40
この近くで駒ケ岳と言えば、南アルプスの駒ケ岳ですが、箱根にもあるんですね。ノリウツギは初めてですが、噴煙が好きな植物なんでしょうか。
このガスでは近づけませんが、立札もあるし、あとは自己責任ですね。
2009年07月18日 18:47
寅太さん、今晩は。
駒ケ岳はアチコチにありますね。秋田駒ケ岳や木曾駒ケ岳もあります。この二つの駒ケ岳には以前登っていますので、これで3つ目の駒ケ岳に登った事になります。ノリウツギが噴煙が好きかどうかは解りませんが、今回のウォーキングコースの中では他で見ていないので、好きと判定せざるを得ません。たまたまかなと思いますが・・・。ガスの件は最後にもう一度、取り上げる積りです。