箱根湿生花園の花(その32)           

ヒオウギアヤメ、ヒメシャガ、ヤブデマリ

《ヒオウギアヤメ》
 湿地の木道脇に青紫のアヤメに似た花が咲いていた。葉がヒオウギに似ているヒオウギアヤメ(檜扇文目)だ。
画像画像

 外花被片は長くて垂れ下がり基部に黄と紫の虎斑模様がありアヤメに良く似ている。内花被片は小さくてアヤメの様には立ち上がらない。
画像

<ヒオウギアヤメ(檜扇文目)>
  アヤメ科、アヤメ属
  名前の由来:葉や茎がヒオウギに、花がアヤメに似ている
<特徴>
  多年草、亜高山帯の湿地、高層湿原に群生する
  花は7月に咲く、花径は8cm
  外花被片は長さ5cmほどで垂れ下がり基部に黄と紫の虎斑模様がある
  内花被片は長さ1cmほどでアヤメの様には立ち上がらない

《ヒメシャガ》
 乾いた花壇に、またまたアヤメに似た花が咲いていた。
画像

 外花被片の真中にとさか状の突起が有るので、シャガの仲間だ。
画像

 シャガは白色の花被片だが、この花は青紫色なのでヒメシャガ(姫射干)だ。
画像

<ヒメシャガ(姫射干)>
  アヤメ科、アヤメ属
  名前の由来:シャガに似ているが、やや小さい
<特徴>
  多年草、林縁や岩場など明るい所に生える
  花は5~6月に咲く、色は淡青紫色
  花径3cm位のかわいい花
  草丈15~30cm


《ヤブデマリ》
 最近行った山で見たムシカリに似た花が咲いていた。近くの説明板を見るとヤブデマリ(藪手毬)とあった。
画像画像

 似ているムシカリは装飾花の花びらは5枚だが、ヤブデマリは内側の1枚が小さいので4枚の様に見える。
画像

 資料を見るとカンボクの花にも似ている。しかし、カンボクの葉は丸くなくて葉先が3分割しているので、葉先の丸いヤブデマリと区別がつく。
 カンボクは未だ見た事がない。

<ヤブデマリ(藪手毬)>
  スイカズラ科、ガマズミ属
<特徴>
  落葉低木、少し高地の沢沿いに生える    
  4~5月に咲く 、飾り花の花びらは4枚は大きく、内側の1枚は小さい
  葉脈がくぼんでしわになる  
  夏には赤い実がなり熟すと黒くなる
  樹高は4mまで

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年06月09日 20:35
湿性園に相応しいヒオウギアヤメ、ヒメシャガですね。模様が美しいです。
2009年06月09日 22:06
初めてのヒメシュャガですが花色を除くと確かにシャガの様な花に見えます、ヒオウギアヤメもヒメシャガも水滴が付いたところがこの季節の花という感じですね。
hanatetsu
2009年06月10日 07:37
ヒオウギアヤメ・ヒメシャガは、この時期にふさわしい花かもしれません。
当方も、時期ものとして花菖蒲を取り上げました。
2009年06月10日 18:59
信徳さん、今晩は。
ヒオウギアヤメとヒメシャガはどちらも外花被片に模様が有りますね。色も青紫で良く似ています。模様は良く見ると異なりますね。梅雨時には雨と良く似合いますね。
2009年06月10日 19:03
OSAMIさん、今晩は。
ヒメシャガはシャガの青紫版ですね。花は少し小さいようですが両方が並んでいないと解りませんので、色が決め手ですね。そうですね、ヒメシャガもヒオウギアヤメも梅雨時に似合う花ですね。
2009年06月10日 19:06
hanatetsuさん、今晩は。
そうですね、ヒメシャガもヒオウギアヤメも梅雨時に似合う花ですね。又、ハナショウブも梅雨時に似合う花ですね。後でお伺いします。
2009年06月10日 20:13
今晩は
アヤメにはそれぞれ名前があるのですがどの花も「アヤメ」としてきました。アヤメに実色んな種類があるのですね。ムシカリとヤフプデマリの違いを教えて頂き有り難う御座います。
2009年06月10日 20:31
こんばんは、
雨に降られてしまいましたが、ヒオウギアヤメのヒメシャガも雨が似合う花のように思いました。写真を撮られる方は大変ですが・・。
ヒメシャガは今年初めて出会いましたが、やはり雨が降っていました。小さな花が可愛いかったです。淡い紫色の花も素敵です。
ヤブデマリは真白い花が並んだように咲いていますが綺麗ですね。ムシカリもヤブデマリも見た目は良く似ていますが、花びらの数や、葉の様子など近くに行くと解りますが、花の名前を捜すのは難しいですね。
いつも参考にさせていただいています。
2009年06月10日 21:49
chiharuさん、今晩は。
アヤメ科の花も色々有るので名前を同定するのがなかなか大変ですね。どれも綺麗な花ですから、一つづつ覚えていくようにしたいと思っています。ムシカリやヤブデマリ等、ガクアジサイに似た花も多く有りこれも一つづつ覚えるようにしたいと思っています。
2009年06月10日 21:57
杏さん、今晩は。
傘を差しながらの撮影でした。アヤメ科の花は雨が似合いますので傘を差しながらの撮影はしょうがないですね。水滴の付いた花は風情があります。
ムシカリやヤブデマリの似ている花は近くに行かないと名前を同定できませんが、大きな木や離れている木ですと近づけなくて困ります。山に行く時は双眼鏡も必要になりますが、重くなるので止めています。
寅太
2009年06月11日 12:51
ヒオウギアヤメはまだ見たことがないように感じます。
ヒメシャガは知っています。自宅で3年前に1度咲いたことがありますが、今年はよく注意して見ます。なくなったかもしれません。
ヤブデマリの花びらは、5枚ではないかとおもっているんですよ。そのうちの1枚は超小さい(見えないくらい)のが特徴では。あまり自信はありません。
そのうちに私のブログに載るかもしれませんが、その前に似ているカンボクを調べます。
2009年06月11日 16:43
寅太さん、今日は。
ヤブデマリの情報ありがとうございます。今、ネットで調べたら寅太さんの仰る通りでした。「装飾花は両性花と同じく5裂するが、外側の4つの裂片が大きく,内側の1つは極端に小さく、両性花を隠さないつくりになっている。」とあり、この資料に載っていた画像を見ると内側の1つも小さいながら見えていました。記事を訂正しておきます。