箱根湿生花園の花(その30)           

ヒマラヤの青いケシ、コマクサ、四季咲きコマクサ

《ヒマラヤの青いケシ》
 箱根湿生花園のヒマラヤの青いケシを見る為に、2回計画を立てたが雨で行けなかった。3度目の正直で6月1日にやっと行って来た。しかし、箱根に着くと今にも雨が降りそうな雲行きになって来た。
 そんな曇り空の下でも、青いケシの花達は凛として立ち並んでいた。
画像


 横にあった説明板の内容を以下に載せる。
画像


 青色ばかりと思っていたら、後ろの方に白やピンクの花も見えていた。
画像画像



 日本でも栽培出来る様になり、ヒマラヤへ行かなくても良くなったことは有り難い。ネットで調べていたら、「耐暑性に問題があり、25度以上の暑い日が続くとあっという間にだめになります。」とあったので、以下の説明板中の北海道と長野で栽培されている理由が解る。
画像画像


 手の届く位置にケシの実が生っている。この青いケシからは麻薬は採れないと有るので防御柵越しでなく、身近に見る事ができて有り難い。
画像画像

<ヒマラヤの青いケシ>
  ケシ科、メコノプシス属
  別名:ブルーポピー
<特徴>
  多年草、
  6月~7月に咲く、分布 ヒマラヤ、チベット、中国西南部の高地
  (日本では北海道の一部で種からの栽培に成功)
  花径は10cm位
  花色は淡青色、青色、濃青色、紫紅色、白色、
  草丈は70cm位

《コマクサ》
 高山岩場区域にケシ科のコマクサが咲いていた。
画像

 この花には2年前、秋田駒ケ岳で群生している姿を見ている。あの時の感動が蘇った。
<コマクサ(駒草)>
  ケシ科、コマクサ属
  名前の由来:花が馬の顔に似ている
<特徴>
  多年草、日当たりの良い高山の砂礫地に生える
  7~8月咲き、花茎を立ち上げてピンクの花を数個咲かせる
  花の長さ2cm程度、花の外弁2枚が反り返る
  葉はケシの仲間そのもの  
  草丈は15cm以下

《四季咲きコマクサ(四季咲き駒草)》
 コマクサとは別の場所にピンクと白のコマクサが見えた。横の説明板を見ると四季咲きコマクサとあった。
画像画像

 もう少し説明板を読むと「日本のコマクサと北アメリカなどの外国産との交配種。秋にも咲き、栽培は比較的容易。」とあった。
 日本のコマクサは高山の砂礫地でしか生えないと聞いていたので、新しい品種改良で高山以外でもこの可愛い花が見える事は良い事だと思う。しかし、高山植物の女王と言われているコマクサの地位が危ういかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年06月07日 20:28
今晩は
箱根湿生花園の花「ヒマラヤの青いケシ」は初めて見せて頂きました。
四季咲きコマクサは私も白を育てていますが今年も元氣に咲いてくれています。ピンクの四季咲きコマクサは去年まで咲いていましたが今年は姿を見せてくれません。
2009年06月07日 21:36
念願が叶って良かったですね。それにしても随分多くの株が有りますね。ここで増えたものなのでしょうか?それとも北海道、長野から取り寄せたものでしょうか?我が家のものは今日花を切って鉢に飾りました。株を休めて株が残るのを期待しています。
2009年06月07日 21:42
沢山の青いケシが素晴らしいです、このケシは青いものと思っていましたが白っぽいものや薄紫色などいろいろ有る事が分かり勉強になりました。
初めての四季咲きコマクサです、この種類が野生化することがありますかね。
hanatetsu
2009年06月08日 17:24
駒ヶ岳の急斜面に帯状に広がるピンクのコマクサの群生地、遡って見せて頂きました。凄いですね!!
当方、湯沢高原「アルプの里」でコマクサを、植物園で園芸種のコマクサ(四季咲き、洋種)を見ることができました。
2009年06月08日 18:46
chiharuさん、今晩は。
念願のヒマラヤの青いケシを見る事が出来ました。2回、雨で行けなかったので若干、花の最盛期を過ぎていた様でした。四季咲きコマクサは高山で見るコマクサと同じですね。高山に行かなくても見れるので便利になりました。
2009年06月08日 18:47
こんばんは。
箱根湿生花園で、ヒマラヤの青いケシが咲いているのですね。
青いケシが沢山の花を咲かせて、お出迎えをしてくれましたね。薄い花びらのブルーの色とオレンジ色のシベが綺麗です。青い花の中にピンクや白い花も咲いているのですね。初めて青いケシの花を見せていただきました。
コマクサもピンクと白い花が可愛いですね。四季咲きコマクサの花も初めてです。
2009年06月08日 18:51
信徳さん、今晩は。
やっと、念願のヒマラヤの青いケシを見る事が出来、感激でした。株をこの場所で育成しているのか、持ち込んでいるのかは不明です。ヒマラヤの青いケシを来年も咲かせるようにチャレンジして下さい。成功を祈ります。
2009年06月08日 18:58
OSAMIさん、今晩は。
ヒマラヤの青いケシには色々の色の花が咲きます。時間経過で色が変わるのかと思いましたが、最初から最後まで別の色になるのですね。四季咲きコマクサは年に2回も咲くそうですから、丈夫そうですね。野生化するかも知れませんね。そうすると、本物は高山植物の女王とは言えなくなりますね。
2009年06月08日 19:14
hanatetsuさん、今晩は。
秋田駒ケ岳で見たコマクサの群生は今でも良く覚えています。地面に顔をくっつけて横から見たりもしました。砂礫の急斜面ですから、大雪や大雨や強風等により砂礫が移動すれば消滅してしまう厳しい環境の中で生きているコマクサは健気にも見えました。また何処かの山で出会いたいと思っています。
2009年06月08日 19:22
杏さん、今晩は。
念願のヒマラヤの青いケシを初めて見る事が出来、感激しています。薄いブルーの色が何とも言えませんね。四季咲きコマクサは私も初めて見ました。草丈が本物よりも少し高い事と、株自体が大きくなる様ですね。それ以外の花の形や色はソックリです。
寅太
2009年06月08日 20:20
ヒマラヤの青いケシも、これだけ群生すると神秘的でなくなります。
1箇所で10花までとか、「ヒマラヤの青いケシ」条約が必要になります。
白いコマクサ思い出しました。
2009年06月09日 19:13
寅太さん、今晩は。
そうですか、私は大勢のケシ達に迎えられて大喜びでした。若干時期的に遅かったのですが、まだまだ元気に咲いてくれた晩生のものがいました。10花だったら見る事は出来なかったと思います。「ヒマラヤの青いケシ」条約には反対ですね。でも、もう見たので条約制定も神秘性を持たせる為には良いかも知れませんね(笑)。
2009年06月09日 20:36
箱根湿生花園の青いケシ沢山咲き見事ですね。これだけ沢山咲いている画像は初めてです。コマクサの白色は初めて見ます。不思議な感じがします。
2009年06月09日 23:29
eijiさん、今晩は。
そうですか、私は他を見ていないので知らなかったですが、湿生花園の青いケシの株は多いでしたか。すると、私はラッキーだったのですね。白色のコマクサは新しく品種改良されたものですね。自生している物では無いです。